FC2ブログ

次のリンク先の記事を読むと・・・


エイベックスでコロナ陽性 ソニー・ミュージックも


・・間違いなく東京在京の大テレビ放送局やそれに準じる放送局も同じ様なもので、潜在的「クラスター」の温床になっていると推測される。

そうではなかろうか?


不安を煽るつもりはない。しかし、テレビ放送局という企業が、リンク先記事で記されている「レコード会社?」とか「芸能事務所」に所属している、いわゆる「ミュージシャン」とか「アーティスト」「タレント」を番組制作上起用していることを考えれば、大テレビ放送局やそれに準じる放送局は「クラスターの温床」になっている、と考えるのは当然であろうし、テレビ放送局の社員、または外注のフリーランス等が、色々なところで取材?等々を行なっていることを考えれば尚更。

逆に、テレビ放送局の社員、または外注のフリーランス等が多くの人々と濃厚接触していない、と思い込むことの方が、おかしい、と思う。



なお、4月1日からロックダウン(都市封鎖)する、ということが、SNSの「LINE」を中心に、まことしやかに拡散されているのだそうだ。

そのことに対しても政府は「デマに警戒してね」と呼びかけているものの・・・既存メディアが、SNSの「LINE」で拡散されていることを取り上げ、仮に東京が都市封鎖されたら、と現行法の「緊急事態」の措置の中身も知らずに・・法律条文を読まずに・・・大変だ〜、とまたまた「人心の不安と恐怖」を煽っているのだそうだ。


あのね・・・東京という大都市を例に出すけれど、東京に繋がる「道路という道路」を完全に塞ごうと思うとさ、どれくらいの人員とか機材が必要になると思う?

そこに鉄道網や航空・船舶交通が加わるんだぜ?個人所有の小型船なんか取締りきれないだろうに・・・

全国の警察官、そして自衛隊を投入しても無理、とわたしゃ思うわ。そんなことを本当に行ったら、他の地域の治安維持や防衛が疎かになってしまうし、東京都民はマジで「飢える」ぜ。

ましてや、欧州の「古都」じゃあるまいし、日本には「城郭都市・城塞都市」なんざ、ほぼ無いんだぜ?

いわゆる「城下町」と呼ばれるところでも、その城下町を守るための「城壁」や「堀」なんか、役に立たなくなってんだから・・・

そんなことをするくらいならば、新聞テレビの記者という連中の、傍若無人と言っても良い、不特定多数の方々への接触を止めた方がなんぼか良いか・・・とわたしゃ思うよ。

連中が、報道だ、報道の自由だ、と大上段に振りかざし、ウイルスを媒介しそこかしこで撒き散らしてる可能性があるのだから・・・

ともかく、何度か記していますけれど、既存の新聞テレビが垂れ流す無責任な情報を鵜呑みにしないことです。

というか、既存の新聞テレビこそが、今一番「SNS」等で拡散されている「デマ」を積極的に拡散しようとしていることに気づくべきです。

デマ拡散のお先棒を積極的に担いでいるのが、既存の新聞テレビであることに気づくべきです。



追記



本日の東京都SARS-CoV-2陽性数が78ですが。
これがどの時点で出されたものなのかについて
わからないんです。

わたしは、東京都に何回か質問しましたが

一日の〆時間も決まっていない状態で集計してるんです。

集計取るのにありえない体制でやってるんです。ルールがない。


そもそも カウントしているのが 検体が提出された日 なのか 検査をした日 なのかも把握していないんですよ?
各保健所が勝手に判断して数字を報告しているらしいんです。係官によると。

こんなの最初からルール決めなきゃ、正確な把握は困難じゃないですか?

東京都は何をやっているの?!


この引用Tweetに記されていることが本当だとすると、感染者が増えた、という数字は「いつからなの?」ということになるし、それこそ「統計的」なことに信憑性がなくなる。

既存の新聞テレビは、ただただ大変だ〜、と人心の不安と恐怖を無闇に煽る報道に終始せず、この様なところこそ取材し報道すべき。

で、我が在所でも「感染者」が報告されている。その報告によれば、ある感染者は「常時マスク着用」だったにも関わらず、「感染した」とのこと。

口から出る飛沫を撒き散らさない、ということから言えばマスクはお勧めするが、マスクを着用していたから感染しない、という考えは捨てるべき。マスクを着用している=大丈夫、という甘えた考えになってしまい、逆に感染を広げてしまう可能性がある。

お気をつけくださいませ。


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既存の新聞テレビが、唐突に「医療崩壊が〜」と報じ始めたぞ!?

検査、検査の結果がこれなの????

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5351-1a1f8305

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)