FC2ブログ

西日本 平地でも積雪 交通影響に注意
2020年2月18日 8時28分


リンク先記事を拝見しますと、多いところ、山沿い、と言うことではありますけれど、24時間で50センチ前後の積雪ってのは、災害でっせ。

でも、この様な降雪、積雪が、他の地域との隔絶をその昔は生み出し、疫病から助かった、なんてこともあるんですわ。

そりゃ、今とは違い、公衆衛生なんて概念はなかったし、今の様な「消毒方法」なんてありませんでしたから、遮断するしか予防法はなかったんですけどね。

しかも冬、特に降雪量の多い地域は、その雪によって、好むと好まざると他の地域と隔絶されてしまいましたからね。その逆もありましたけどね。

その地域を隔絶することで、疫病の蔓延を食い止めた、なんてこともありましたし・・・その為に、隔絶された地域は、全滅なんてこともあった様ですが・・・

ところが現代は、語弊があるかもしれませんけれど、辺鄙な地域にも簡単に行けてしまう。それが冬であろうが、大量の雪が降り積もろうが・・・


別に、パヨク的なことを言うつもりはありませんよ。ただね、便利とか、合理的と言うのは、一度歯車が狂い出すと、なかなか狂った歯車を止めたり、修正することはできないのではないか?と思うのですね。

そうなった場合、どうするのか?

これをね、現行法、現憲法の改正等を含め、考えなきゃならないのだろうと思いますよ。

ところが、その職責・責務がある国会議員が、国会審議中に席を蹴り、議場を退席するってんですから・・・・しかも、目の前にある危機に耳目塞いで・・・

駄々を捏ね、退席した議員さんたちは、ワガママを貫き通したってことで、大いに自己満足されたことでしょう。しかしね、その議員たちに負託した国民有権者は堪りませんよ。


おまけ


ダイヤモンド・プリンセスに取り残されたイギリス人乗客がイギリス政府に吸湿されないので母国に愛されてないと怒っているのだが、コメント欄では「帰ってくんじゃねえ!」「金持ちふざけんな。文句言うんじゃねえ!」という罵詈雑言で溢れている。さすがイギリス。。。

---------------------------------------

これ、あるTweetを引用したもので、罵詈雑言を浴びせられているというのがわかるのは、次のリンク先記事らしい。なお、リンク先の記事は「英語」だからね・・・




しかし、Twitterって面白い。

まあ、ネットが普及してからも言われ続けていることだけれど、既存の新聞テレビが垂れ流す「海外情報?」という物より、格段にその海外の事情を知るのに適している、と思う。

というか、如何に「欧米出羽〜」「海外出羽〜」という新聞テレビからの情報、話や、その新聞テレビが持ち上げている、いわゆる「知識人」とか「識者」たちのいうことが「ヘンチクリン」であるかが、簡単にバレてしまうので本当に面白い。


まあ、我々日本人も経験したし、また経験しているけれど、人間危機に瀕した時に、その本質というか、本音というか、そんなことが露わになる物で、そんなことが引き金となり社会混乱をきたすのだけれどね。


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今更遅いわ・・・・

気運(機運)

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

「帰ってくんじゃねえ!」「金持ちふざけんな。文句言うんじゃねえ!」

 ワタシは2月1日にアメリカが中国からの渡航禁止など強硬な措置を取った時、あれはこの習近平ウィルスを中国封じ込めに利用する気だと思ったのです。

 しかしダイアモンドプリンセス号の乗客に対する対応を見ていて、少し考え直しています。
 
 コイツラ、ホントに習近平ウィルスが怖くて、在中アメリカ人の事なんかどうでもよい「オレタチ感染したくないからオマイラ帰ってくんな!!」と言うのが本心だったのではと思い直しています。

 だって武漢にはまだ多数のアメリカ人が取り残されているのに、彼等をおいて武漢領事館員が全員トンずらした事を、誰も非難してないって、ホントにすごいと思いませんか?

 

2020/02/20 13:14

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

> 「帰ってくんじゃねえ!」「金持ちふざけんな。文句言うんじゃねえ!」
>
>  ワタシは2月1日にアメリカが中国からの渡航禁止など強硬な措置を取った時、あれはこの習近平ウィルスを中国封じ込めに利用する気だと思ったのです。
>
>  しかしダイアモンドプリンセス号の乗客に対する対応を見ていて、少し考え直しています。
>  
>  コイツラ、ホントに習近平ウィルスが怖くて、在中アメリカ人の事なんかどうでもよい「オレタチ感染したくないからオマイラ帰ってくんな!!」と言うのが本心だったのではと思い直しています。
>
>  だって武漢にはまだ多数のアメリカ人が取り残されているのに、彼等をおいて武漢領事館員が全員トンずらした事を、誰も非難してないって、ホントにすごいと思いませんか?


いわゆる「欧米出羽守」「海外出羽守」達から言わせると、日本は「従順すぎる」「政府や企業組織の主張に素直すぎる」だから「海外基準を入れて反発すべきだ」と言うことでありますけれど、何のことはなく「海外での個人主義・・身勝手・・」を行えってことですよね?

それが顕著に現れたのが、ダイヤモンドプリンセス号の件だったし、米国の在中大使館・領事館の業務縮小ということなんでしょうね。

ただし、他の欧州諸国はどうなのか知りませんけれど、ご存知の様に米国は、自分たちの国が危機に瀕するとなると、「欧米出羽守」「海外出羽守」達がドン引きするくらいに、団結します。それこそ全体主義国じゃなかろうか?と思えるくらいに・・・

2020/02/20 13:42

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5301-7b735046

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)