FC2ブログ

安倍首相のやじで与野党が協議へ


立法府内の「決め事(法律)」があって、ヤジに対する事に対処?対応?するのも結構。しかし、NHKの報道を見たって、野党側が「ごねている」「予算審議を人質にして職責放棄の言い訳にしている」としか映らん。

確かに、総理の発した「ヤジ」というものは、褒めれれるべきことじゃ無いのかもしれない。しかしね〜・・・

安倍首相 「質問は ばり雑言」 辻元氏「撤回と謝罪を」

・・・という報道を見れば、または予算委員会の質疑の模様の映像を見れば、野党側の質問ちゃ・・・「ただのインネン、誹謗中傷」を捲し立てているだけ、という事がわかる。

そんな質問とも呼べないことをしていながら、糾弾だ!謝罪しろ!では、野党を交えた会議なんぞ無理だろ。

というか、これは与党にも言えるのかもしれないが、それこそ国会の予算委員会(予算審議)というのは、衆人環視(テレビ中継)のもとで行われているわけだ・・・そうでなくても、国会で行われている「各委員会会議」というものは、ネットで誰もが見る事ができる・・・そのことを少し考えたら、辻元という議員のやり方が、時代遅れ、ただのわがまま、暴力団がよくやるインネンの吹っかけかたと同じやん、と多くの国民有権者が思うことはわかると思うのだけど、既存の新聞テレビが辻元という議員のやり方を持ち上げてしまうから、勘違いするバカ(議員)が、いまだデカい顔をしていられるのだろうね。


それ以前に、辻元という議員も含めた特定野党・議員の多くは、国会議員の使命、職責を全く理解していないのだろうが・・・


おまけ






渦中のクルーズ船に、このような部隊を投入しますか?

乗客・乗員の感染の有無は別にして、クルーズ船内をくまなく「消毒」という事になりゃ、このような部隊等を投入した方が効率的と思うのですがね・・・訓練を受けていますからね。


でも、良いですか?

自衛隊といえども、他国からすれば「軍隊」な訳で、その軍隊が他国籍船に立ち入るということは、軍隊による、いわゆる「臨検」になるのですよ。これは、自衛隊の「医官・・旧軍的にいえば軍医・・」が、人道上ということで、立ち入ってもね。

というか、この様なことも含め、どうするのか?と国会では議論してほしい、と思うのですがねぇ〜・・


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍政権の大応援団、最強の支持者たち、それは特定野党

無責任に、無責任だとを言われてもねぇ〜・・・

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 ハハハ、安倍さん完全に遊んでますね。

 習近平ウィルスとかイロイロ大変なんだけれど、野党がこれに口を出しても、有益な提案や重要な質問をするわけじゃなくて、挙句に官僚を呼びつけて罵詈雑言を浴びせたり、質問主意書を夜中に出して、徹夜を強いたりするだけでしょう?

 ワタシも今の厚労省の対応には怒り心頭だけれど、それでも連中はそれなりに専門知識を持って対応しているのだろうし、忙しい事は確かなんだから、邪魔しちゃいけないと思うんですよね。

 だから安倍さんとすれば野盗がサクラでヒートアップしてくれるのは大歓迎で、このまま厚労省が暇になるまでは煽って遊んでいるのかも?

2020/02/13 11:06

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  ハハハ、安倍さん完全に遊んでますね。
>
>  習近平ウィルスとかイロイロ大変なんだけれど、野党がこれに口を出しても、有益な提案や重要な質問をするわけじゃなくて、挙句に官僚を呼びつけて罵詈雑言を浴びせたり、質問主意書を夜中に出して、徹夜を強いたりするだけでしょう?
>
>  ワタシも今の厚労省の対応には怒り心頭だけれど、それでも連中はそれなりに専門知識を持って対応しているのだろうし、忙しい事は確かなんだから、邪魔しちゃいけないと思うんですよね。
>
>  だから安倍さんとすれば野盗がサクラでヒートアップしてくれるのは大歓迎で、このまま厚労省が暇になるまでは煽って遊んでいるのかも?

以前、よもぎねこさんのエントリにもコメントしましたが、特定野党の「頓珍漢振り」が、結局「安倍政権の応援になっている」という事に、特定野党、既存の新聞テレビ、そして反安倍を掲げる保守が、いまだに全く気がつかないのですよね。

だから、ご指摘のように「安倍さんはそのことを承知の上で、逆に煽り、ア・ホたちからの業務妨害を防ぐ」ということをおこなっているのかもしれませんね。だとすれば、もう一期「安倍で行こう」という声が出てくるもの当然ではなかろうか?と思ってしまいますね。

2020/02/13 11:38

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5295-3f45d467

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)