FC2ブログ

日本気象協会が、次の様な事を出している。

大雪に関する関東甲信地方気象情報 2020年01月26日11:49


大変ですね。

で、リンク先の記事で記されている「雪」というのは、水分量が多く、非常に重い。その降り積もる量にもよるけれど、樹木の枝、樹木自体が折れたり、電線が切れ、電柱や高圧線鉄塔が倒壊する。車だって、スタッドレスタイヤを装着していても「立ち往生」になりやすい。まあ、関東甲信地方の方は、数年に一度その様な「大雪」を経験しているから、説明は不要だったね。いや「関東甲信地方の方は、災害級の大雪に慣れている」よね?



でも丁度良かったかな?

気象予報通りの「大雪」となれば、人混みの中を掻き分け、出かけなくて済むかもしれないからね。そうなれば、変な病原菌・ウイルスに感染する確率は下がるしね。

そしてくどい様だけど、大騒ぎになっている「コロナウイルス」の「予防」という事を考えるのならば、手洗いとマスク着用しか今のところないし、人混みの中に行かない、ということしかないのだよね。

日常での「衛生管理」・・・手を洗う、衣服を着替える、洗濯をする、風呂に入る、清掃をする等々の、日本の衛生習慣を行うしか今はないのだよね。

なお、予防マスクは、花粉症マスクも含まれるけど、その日使ったら、翌日使う事はダメね。できれば食事等で外したならば、食事後に着用するマスクは「新品」「使用していないマスク」を使う事を勧めるよ。

そして大きな意味での防疫、いや大きな意味での危機管理ということは、政治の話になるのだよね。要はさ、憲法を含めた危機管理に関する法改正を行うしかないわけ。今回の「コロナウイルス」の件も、憲法を含めた法改正を行うしかない、という事を如実に示している、とわたしゃ思うのだよね。


追記


横浜中華街の春節 マスク、マスク、マスク… 店も感染症対策徹底

ホント、新聞テレビちゃ、無責任でバカだわぁ〜・・・

毎年さ・・・昨年から年明けはチト違ったけれど・・・年が明けて「寒の入り」辺りから「学級閉鎖」ということで「インフルエンザの流行期」になるわけで、2月になればさ、「花粉症が〜」となるわけで、それと同時に?「PM2.5だ〜」「黄砂だ〜」となるわけでさ、日本人の「潔癖?」と相まって、日本のそこら中で「マスク姿」というのが、これから初夏までの日本の「風物詩」じゃん。

それを「マスク、マスク、マスク」って・・・アホすぎる。いや、だから新聞テレビは「無闇に不安と恐怖を煽る」ことしか報じない「フェイクニュースの根源だ」と言いたくなるの。


先にも記したけれど、大体さ「有効ワクチン」も、まだ開発されていないんだぜ?その状態で、個々人や企業等ができることと言えば、手洗いを徹底し、マスク着用で、感染拡大を防ぎましょう、ということくらいじゃね?

それとも何かね?

既存の新聞テレビには「これだ」という解決策でもあるのかね?

だったらそれを報じろよ。無闇に不安と恐怖を煽っていないで、解決策を出せよ。

そのくせさ、今回の様なことでの「危機管理」ということのための法改正等の話になるとさ、「軍靴の音が〜」「個人の自由が〜」「強制は許せない〜」と馬鹿の一つ覚えの事しか言えないのだから・・・

それとさ防疫ってのは、ある程度の人権無視や強制が伴わなきゃできないんだよ。野放図すぎる「自由」なんか認めていたら、多くの人が死ぬんだわ。そこら中が死体だらけになるんだわ。これくらい新聞テレビは知っているよね?



スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人権尊重」や「最小限度の措置の原則」で縛られているのね

今のところ、手洗い・マスクしかない

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5276-10e1a728

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)