FC2ブログ

新聞労連に加盟し、全国の新聞社や通信社で働く仲間たちと連帯しています。経営者におもねらず、言うべきことはビシッと言う、あたりまえの組合です。働く者の権利と尊厳、命、暮らし、平和と民主主義を守るため、頑張ります。新聞社内にも差別や格差があり、紙面とは大違い。経営者は恥を知りなさい。


労働組合を否定はしない。私もかつては労働組合に加入・加盟していたし、いわゆる「労働者」の労働環境改善や昇給等々で、一社員・一従業員の立場ではいえない事を、企業に掛け合ってくれたのだから・・・

しかし、ここまで「政治色」と言うか、「命、暮らし、平和と民主主義を守るため、頑張ります。」と特定野党の常套句が並べられると、労働組合員たちは「マジで引く」

しかも「経営者は恥を知りないさい」って・・・・

いろいろな変化があったにせよ、労働組合に入りたがらない方々が増えたのは、この為。

身を置いている企業に、ある程度の収益がなければ、社員・従業員(労働組合員)たちの待遇、給与の昇給とか、労働時間とか、福利厚生と言うのが充実しないのだけれど・・・その現実を見ないで、恥を知れ、と言うのは、それこそ「時代にそぐわない」と思う。

いや、管理監督責任というのを、新聞は頻りに垂れ流してきたわけで、新聞社として、企業として、社員・従業員たちの管理監督をする責務がある筈。その事を妄想で解釈し、社内で差別や格差があるから、経営者は恥を知れ、と騒いでも仕方がないのさ。

と言うか、労働組合も変わらねばならないのではなかろうか?

「企業経営者=悪、搾取する側」と言う単純すぎる構図?視点?から脱却しなければ、労働組合自体の存在意義がますます問われることとなり、労働組合の縮小、消滅と言う事になりかねないのでは?

新聞労連の様な労働組合こそ、労働者の立場を追い込んでいる様な感じがするし、企業活動、企業経営活動がそんなに嫌らな、穢らわしい、と思うのならば、営利活動をやめろ、と新聞労連は各新聞社に言えば良いじゃん。

なおさ、普通の方々は、新聞社が潰れたから、と言って、なんとも思わないさ、代わりはいくらでもある、と思うだけだし、新聞社で働いていた方々(労働組合員)は気の毒だね、と美辞麗句を言っておしまいさ・・・


話は飛ぶけれど・・・「肺炎」は大変だし恐ろしいよ。

今回の「コロナウイルス」という事は別にして、その昔「肺炎」になったことがある。

体力も有り余る若い頃のことだけど、微熱が続き、咳がね・・止まらない。しかも咳をするたびに、本当に呼吸が大変でさ、辛かったね。そして、微熱がさ、すごい発熱状態に変化するんだよね。この様になると、うなされる、幻覚を見る、という事はなかったけれど、体を起こすことも大変。

その様な状態になってから病院で受診したのだけれど・・・医師から「即入院」を告げられ、隔離入院という事になったのだけれど・・・医師に叱られたよ、なんでこの様になる前に受診しなかった、ってね。

入院し治療を受けたら、すぐに熱は下がったよ。だけど熱が下がり、咳が止まっても、レントゲン等で肺に映っている「影・・こちらの(陰)が正確かな・・」が消えて、菌・ウイルスが駆逐されなきゃ、病室から一歩も出られなかったけどね・・・他の入院患者に、「菌」「ウイルス」を移してしまう可能性があるからね。

だから当時も、なんだかんだで「2週間?」「3週間?」は、誰とも会うこともなく隔離された病室で入院していただろうか?

エッ、お見舞いの来客もなかったのか?って・・・仕事で遠方に行った時に発症したものだから、知り合い等々の見舞いはなかったんだよね。だから入院中は、医師と看護師意外と顔を合わせることも、会話もできなかった。これはきついよ。

しかもさ、仕事先での隔離入院だから、入院に必要な物と言うか、入院時に「便利な物」というのが揃えられなくてね。ほんと懲りたね。


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この事こそ、新聞テレビは徹底的にやるべきじゃね?

マスゴミ発の、あらぬ風評は本当に怖いよ・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5273-152b59c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)