FC2ブログ

2019年10月、アメリカのゲーム会社であるブリザード・エンターテイメントが、香港デモの支持を表明したプロゲーマーに対して賞金剥奪&1年間のトーナメント参加停止処分を下しました。この決定に関して多くの物議が巻き起こっており、政治家やファン、従業員などが批判や抗議活動を展開しています。

ブリザードが問題視したのは、人気ゲーム「ハースストーン」のプロであるBlitzchung氏がトーナメント後のインタビューで行った「香港を解放し、私たちの時代の革命を!」という発言です。

この一件に対しては、香港デモの支持者だけでなくアメリカ上院議員までが批判を寄せています。民主党のロン・ワイデン上院議員はブリザードの決定を受け、「ブリザードは中国共産党を喜ばせるために恥ずかしい行いをしました」「アメリカの企業は自由を求める声を検閲するべきではありません」とコメント。また、共和党のマルコ・ルビオ上院議員は「中国に住んでいない人は自己検閲するか、解雇または停職に直面しなければなりません」「中国は市場へのアクセスを使用して、言論の自由を世界規模で破壊しています」と主張しました。


近年では中国が経済力を背景にして、「他国に対しても中国政府の意向に沿った発言や規制を要求している」といわれています。多国籍企業が中国市場においても多くの利益を上げていることを利用し、「中国市場の利益を取るか、それとも企業の価値観を取るか」と脅迫的な選択を迫ることで、結果的に海外の企業や個人に対しても言論の弾圧が可能となっています。

ただ、ブリザードはアメリカの企業ではあるものの、中国の大手ゲーム会社でありネットサービスも提供するテンセントが株式の4.9%を保有しており、また、中国市場はブリザードにとって大きな利益を上げる重要な位置づけにあることもあって、逆らうことができなかった構図が見えます。


【香港デモを支持したプロゲーマーに処分を下した企業に対しファンや従業員からも批判の声】より


昨日も同じ様な事・・・NBAをめぐる事・・・をエントリしましたが、ゲーム業界でも同じ様なことが起きている様ですね。

で、たかが「ゲーム」

しかも「コンピュータ・ゲーム」とか「家庭用ゲーム機のゲーム」と侮るなかれ、その市場は世界規模であり、いわゆる「ゲーマー」たちの国際大会ともなれば、その優勝賞金やスポンサー契約等々で食べていけるのである。そうなれば、ゲーマーたちの社会での影響力も増す。

この様なことに関しては、米国は得意。

その得意分野を活かしたが故に、中国資本、中国企業からの投資も求めた。NBAも同じだし、国際的なスポーツ大会等も同じ構図になっている。

ところが、中国資本や企業というのは、人権とか、個々人に保障されている「自由」・・この場合は「言論・表現の自由と権利」・・を全く理解していない。理解していないどころか、我々が金を出し、事実上の主人なのだから、その主人に逆らうことは絶対に許さない、とやった。

この中国企業・資本の行為は、ある意味世界中から「爆笑」「嘲笑」されてもおかしくないことなのだが・・・彼らは大真面目に他国に対してやるから始末に負えない。

ともかく、個々人の「自由や権利」を「一切認めない」と米国の企業や個人に対してやったモノだから、米国内での反発がものすごく大きくなった。日本じゃ、大きく報じられていないし話題にすらなっていないけどね。


そして引用文に記されている・・・

【アメリカの企業は自由を求める声を検閲するべきではありません】

・・・は、日本にも当てはまる。

【日本の企業も行政・政治家も、自由を求める声を検閲するべきではありません】と・・・・

ところが、一部の行政の長や政治家は、自由を求める声を、都合が悪い声を、中共と同じく?共にして?検閲し封殺・弾圧することが、絶対の正義と考えている様だ。

芸術とか表現に関する大騒動を見りゃ、一目瞭然だろ?

公的資金・・公金・税金・・を投入している訳だから、誰もが観覧でき、かつ誰もが評する自由と権利があるはず。ところがその自由と権利を封じ込め蔑ろにする。

これじゃ、中国企業・資本、いや中国共産党が支配する国がやっていることと変わらんじゃん。変わらんどころか、その本質を日本の既存の新聞テレビは報じない。

あれだけ何かといえば、言論表現の自由が〜、と大騒ぎする日本の既存の新聞テレビが、言論表現の自由の本質が蔑ろにされていることに関しては、一切報じない。



スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞テレビが「東京が大変だ〜」と騒ぐのも肯ける

チャイナマネーを背景に、他国への言論統制も輸出中?

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 アメリカにいても独裁国家とはどういうものかが普通に体験できてしまいますね。

 中国は言論弾圧や思想弾圧を海外に輸出しているのですから。

2019/10/12 11:37

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  アメリカにいても独裁国家とはどういうものかが普通に体験できてしまいますね。
>
>  中国は言論弾圧や思想弾圧を海外に輸出しているのですから。

ホント、その通りだと思いますよ。

ところが、そのことを知っているのか、知らないのか、知りませんけれど、新聞テレビの多くや政治家や経済界の中には、中共の言いなりが多いから困るんですよね。

2019/10/12 13:55

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5165-89a0398e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)