FC2ブログ

イメージ取り込み 1822


この画像の様なことは、千葉での被災状況を見るまでもなく、北海道での地震や関西を襲った台風での被害を調べりゃ、誰もが思うことかと思う。

ただ今回は、首都東京と隣接する県の停電という被害が甚大だし、その停電のために被災地からの「本当の実情」というものが、なかなか伝わってこないことも画像の様な意見が多く出ているのだろうと思う。

で、この大停電・ブラックアウトで色々と言われているが、その中で既存の電力会社の体力を、あの原発事故以降「自由化だ〜」「絶対安全が〜」ということで、奪ったことが最大の原因、というのが本当のところじゃなかろうか?と私は思う。

もっと言えば、その復旧現場の過酷さもあろうかと思うけれど、東電には「送電網」を維持管理できる体力と能力が、すでに無いのでは?ということである。

そりゃそうで、発電と送電を分離する、ということが既定路線であるから、東電とすれば送電網がダメになり、首都圏の機能が麻痺したとしても、知ったこちゃない、というのが本音ではなかろうか?

仮に、今記したことが「東電の本音」だったとしても、我々は東電を責められない。

だって望んだのは、我々なのだから・・・

原発止めろ!無くせ!

電力の自由化〜!!

と大騒ぎし広く世に求めたのが、添付した画像に写っている「非常に頭の良い方(本当のバカ)」達なのだから・・・そして、その求めに「何の考えもなしに、その時に沸き起こった感情のまま」応えたのが我々なのだから・・・



スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何で自ら「嫌われる」ことをしちゃうのかね?

一度でも良いから、自腹で救済のための行動をしてみたら?

comment iconコメント

comment avater

短足おじさん二世

正論に拍手

正論です
今まであるのが当たり前で、その陰でどんな苦労が有るのかに全く目をつぶっていた。
それがこんな結果になった一番の大本。
今一度国の、国民の基礎的インフラとは何なのか、考えるべきでしょう。
道路鉄道は目に見えます。でも電気・水は普段は全く見えません。

この件はマス-ゴミ、左巻き文化人の言いたい放題を国民が許してきた。その赦してきた国民にインフラが「いい加減にしてくれ」と言っているように思います。

2019/09/13 21:36

comment avater

裏の桜

Re: 正論に拍手

短足おじさん二世さん、こんにちは。

> 正論です
> 今まであるのが当たり前で、その陰でどんな苦労が有るのかに全く目をつぶっていた。
> それがこんな結果になった一番の大本。
> 今一度国の、国民の基礎的インフラとは何なのか、考えるべきでしょう。
> 道路鉄道は目に見えます。でも電気・水は普段は全く見えません。
>
> この件はマス-ゴミ、左巻き文化人の言いたい放題を国民が許してきた。その赦してきた国民にインフラが「いい加減にしてくれ」と言っているように思います。


まずは、恐縮です。

電力の自由化にしろ、水道事業の民間業者参入にせよ、色々な意見、考えがあって良いと思うのです。しかし、ここら辺のことは相模さんが詳しいのだろうと思いますが、日本人の特性として、何か大きなことがあると「極端な方向へ」と振れてしまうことが多い様に思います。

その最たる例が、戦後の「何でも平和」「戦争のセの字も考えてはいけない」「商業利用と雖も、核は絶対悪」「ただし、中共や北朝鮮等の核は正義である」なのでしょうね。そしてそこへ、金融工学とか社会学と言う物が、本来の目的とは違う形で席捲したものだから、この惨状なのだろうと個人的には考えます。

それ以上に思うのは、この惨状が首都東京で起きたら・・・と言うことです。そこら辺のことを政策として打ち出すのが政治家・議員の役目。ところが一部の政治家・議員以外、このことに触れる者はいない。現環境大臣とて、ホープだ、と持て囃されていても、全く中身のない「お飾り」であったことが、その就任直後の言動ではっきりと露呈しましたしね。

2019/09/14 00:15

comment avater

よもぎねこ

 思い出すと一昨年の北電のブラックアウトによる北海道大停電は9月6日から7日で、千葉の停電と時期はほぼ同じでした。
 しかし北海道の場合は一年で最も快適な季節でもあり、殆どの道民は至ってのんびりと過ごしました。

 それでもあれで死者が2~3人出たし、死にそうになった人は多数いたのです。
 自宅で人工呼吸器などを使っている人達は、停電になると命に係わるのです。

 それじゃ炎暑の千葉で、しかも北海道の場合よりはるかに長期間の停電が続いてれば、死者が続出するのは当然でしょう?

 そもそも反原発派ってホントに原発に反対なんでしょうか?

 その割には科学的知識がお粗末すぎます。
 そしていう事があまりにも荒唐無稽で無責任です。

 反原発派と反安倍派が綺麗に重なっているのを見ると、反政府の一手段として騒いでいるだけじゃないのですか?

2019/09/14 12:12

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  思い出すと一昨年の北電のブラックアウトによる北海道大停電は9月6日から7日で、千葉の停電と時期はほぼ同じでした。
>  しかし北海道の場合は一年で最も快適な季節でもあり、殆どの道民は至ってのんびりと過ごしました。
>
>  それでもあれで死者が2~3人出たし、死にそうになった人は多数いたのです。
>  自宅で人工呼吸器などを使っている人達は、停電になると命に係わるのです。
>
>  それじゃ炎暑の千葉で、しかも北海道の場合よりはるかに長期間の停電が続いてれば、死者が続出するのは当然でしょう?
>
>  そもそも反原発派ってホントに原発に反対なんでしょうか?
>
>  その割には科学的知識がお粗末すぎます。
>  そしていう事があまりにも荒唐無稽で無責任です。
>
>  反原発派と反安倍派が綺麗に重なっているのを見ると、反政府の一手段として騒いでいるだけじゃないのですか?


当然のことを、当然のこととして受け入れられない方がいるのですよ。

特に、人の不幸とかね・・・ただ、政治というのは「現実社会の矛盾」等を「現実的な方法で是正するには」ということが前提だろうと思うのですよね。ところがそれを「宗教」にしてしまう方々いる。しかも「カルト」として・・・

この様になると、現実や当然のことが視界に入らなくなり、妄想だけを振りかざす様になる。

だから、反原発は別にしても、反安倍とか反政府というのには、極端すぎる「右」も出てくるわけでしょ?しかも右も左も、すべて他人の所為にすれば、臭い物に蓋をすれば「すべてが解決する」と本気で考えている節がある。左右関係なく、この様な連中を何とかしなければ、もっと酷いことになるのではないでしょうかね?

2019/09/14 18:12

comment avater

相模

ライフラインの破壊は都市生活にとっては致命的な痛手です。
千葉ならぬ神奈川の我が家も台風15号の大風に被害を受けました。

思うに多くの人々は電気とは何か、どんな物理学の理屈で作用するか分からないでしょうし、作用を動かすインフラにも想像が及ばない。だから「たかが電気のために」と言うのです。科学をなめているのでしょう。政治に使えると考えたのでしょう。

その電気を起こす仕掛けに原子力を使うなんて、放射能はどうなんだ?爆発するんだろ?と素朴に恐れる心理があるのは分かります。その恐れにケチをつける気はありません。しかし政治的にこれを利用するヘンな人々は許せない。

災害被災者が「一刻も早く~~の復旧を!」と叫ぶのは破壊された都市生活の回復を願うからです。災害は仕方ありません。ただ回復の手続きが遅れてしまっている。行政や東電や住民はどうすべきかを学ぶことになりました。

目下の行政的な対応以外にも、国は災害日本の心構えを国民に強く訴えるべきと思います。

2019/09/14 18:23

comment avater

裏の桜

Re: 相模さん

こんにちは。

> ライフラインの破壊は都市生活にとっては致命的な痛手です。
> 千葉ならぬ神奈川の我が家も台風15号の大風に被害を受けました。
>
> 思うに多くの人々は電気とは何か、どんな物理学の理屈で作用するか分からないでしょうし、作用を動かすインフラにも想像が及ばない。だから「たかが電気のために」と言うのです。科学をなめているのでしょう。政治に使えると考えたのでしょう。
>
> その電気を起こす仕掛けに原子力を使うなんて、放射能はどうなんだ?爆発するんだろ?と素朴に恐れる心理があるのは分かります。その恐れにケチをつける気はありません。しかし政治的にこれを利用するヘンな人々は許せない。
>
> 災害被災者が「一刻も早く~~の復旧を!」と叫ぶのは破壊された都市生活の回復を願うからです。災害は仕方ありません。ただ回復の手続きが遅れてしまっている。行政や東電や住民はどうすべきかを学ぶことになりました。
>
> 目下の行政的な対応以外にも、国は災害日本の心構えを国民に強く訴えるべきと思います。


相模さんも、先日の台風で被害に遭われましたか?

お見舞い申し上げます。

ご指摘の様に、人が困っている、災害等々に関し、ヘンに政治利用する方がいるから始末に負えないのですよね。しかもその政治利用する方々って、本当に困っている方々や災害で大きな被害を被ったところを、引っ掻き回すだけ回して、しかも人と人をいがみ合わせて、喜んでいるから尚更なんですよね。

今も続いているところがありますけれど、東日本大震災の時にその事をツクヅク思い知りました。

2019/09/15 07:29

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5143-766a2c59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)