FC2ブログ

昨日のWTO一般理事会では、輸出管理の運用見直しについて、日本の立場をしっかりと説明しました。出席者からヒアリングした現場の雰囲気を報告します。(続く)
6:44 - 2019年7月25日
https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1154386959017529345




(続き①)
会議の時、韓国は、日韓が対話で解決すること(日本は協議の対象でないとの立場)に反対する国は 起立して欲しいと求めましたが、どの国も起立しませんでした。一部報道では、韓国はこの沈黙をもって発言への支持を得たとみなしたと述べたと報じられています。(続く)
6:44 - 2019年7月25日
https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1154386960456343553




(続き②)
事実は、議長が他出席者に発言機会を与えたが誰も発言しなかったので、一般理事会で本件へ同意が得らなかったということ。
また議長は勝手に採決を求めるような韓国発言を制止しようとし、最後は議長が残りの重要な議題を議論する必要があることを理由に本件議題を打切りました。(続く)
6:44 - 2019年7月25日
https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1154386962091929600




(続き③)
そもそも一般理事会は、多国間の自由貿易について議論を行う場であり、WTO以外の国際的枠組の下で行われている輸出管理措置を議論する場ではありません。
なお会合終了後、他国の出席者からは、自国の立場を冷静に主張した日本の対応を評価するという声が少なくありませんでした。(以上)
6:44 - 2019年7月25日



この引用Tweetを拝見し、このエントリタイトル通り、と思いますね。

それでなくても、インターネットの普及により、いわゆる「一次資料」と呼ばれる「政府や国」が報道発表した「資料」を、既存の新聞テレビを介さずとも誰もが簡単に、かつ速やかに閲覧できる様になった。このことも本当に画期的なのに、現役大臣がTweet等で、既存の新聞テレビが報じていることは「正確ではない」ということまでも発信できてしまう。

これじゃ、既存の大新聞、大テレビ局が「十八番」とする、「生きずらいナンタラ」というのは、既存の大新聞、大テレビ局自身に向けられたモノなんだろうな、と思う。

ともかく、既存の新聞テレビには「紙面や番組」を作る側の「私情?」「情緒?」は必要なくなったのだよね。事実だけ、しかも「正確な事実だけ」を報じるしかなくなったのだよね。それが既存の新聞テレビには全く出来ないから?全く理解できないから?、新聞テレビ自身が「生きずらい世の中だ」と紙面を割き、放送時間を割き、嘆くのだろうね。


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「イチャモン」しか言えないのも頷ける

新造艦

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 有権者としてよい事ですね。 今まで有権者は特別なコネでもない限り直接政治家の意見を聞く事は不可能でした。
 それで新聞やテレビなどの報道を通してみるしかなかったのですが、そうなると自称ジャーナリスト達が好き放題「角度をつける」ことができたのです。
 だから国民を煽動して戦争を起こすような事も可能だったのです。

 しかしこういう形で大臣自ら直接、有権者の説明する事が可能なら、国民もマスコミに頼らなくて済みます。

 

2019/07/28 09:40

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  有権者としてよい事ですね。 今まで有権者は特別なコネでもない限り直接政治家の意見を聞く事は不可能でした。
>  それで新聞やテレビなどの報道を通してみるしかなかったのですが、そうなると自称ジャーナリスト達が好き放題「角度をつける」ことができたのです。
>  だから国民を煽動して戦争を起こすような事も可能だったのです。
>
>  しかしこういう形で大臣自ら直接、有権者の説明する事が可能なら、国民もマスコミに頼らなくて済みます。


政府閣僚自身が色々なことを発信する事は以前からありましたけど・・定例記者会見や囲み取材というやつ、・・ご指摘の様に、その様な事には新聞テレビが媒介する形となり、新聞テレビの匙加減でどの様にも出来たのですよね。・・・今も新聞テレビは行なっていますがね。

それが、ネットとSNSの登場で劇的に変わった。これじゃ新聞テレビの役目・役割とはナンジャラホイ、と成り、新聞テレビがネットを目の敵にするのも頷けますよね。

いや、新聞テレビ、その新聞テレビでジャーナリストと自称している方々は「商売あがったりで生きずらい世の中だ」と思っている、と思いますよ。

2019/07/28 15:19

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/5095-5fc4e943

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)