FC2ブログ

(本文)
[気圧配置など]
 26日から27日にかけて、東日本の上空約5000メートルには氷点下
39度以下、西日本の上空には氷点下33度以下の平年よりも6度から12
度低い寒気が流れ込む見込みです。26日は次第に冬型の気圧配置が強まり
、27日にかけて続く見込みです。

[防災事項]
<大雪>
 26日から27日にかけて、東日本から西日本の日本海側を中心に広い範
囲で大雪となり、太平洋側でも山地を中心に大雪となり、平野部でも積雪と
なるところがあるでしょう。
 26日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、
   北陸地方、中国地方        40センチ
   関東甲信地方、東海地方、近畿地方 30センチ
 その後、27日にかけて西日本から東日本の日本海側を中心に降雪量はさ
らに多くなり、
 27日6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで、
   関東甲信地方         70から90センチ 
   北陸地方           60から80センチ
   東海地方、近畿地方、中国地方 30から50センチ
   九州北部地方         20から40センチ
   四国地方           10から20センチ

の見込みです。
 大雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒し、なだれに注意してくだ
さい。

【大雪に関する全般気象情報 第2号】より


東日本上空には氷点下39度以下、西日本上空には氷点下33度以下の寒気が流れ込むですか・・・

そりゃ大変ですねぇ〜・・・

しかし、この気象情報を見る限り・・・東北、北海道に関しては何の言及もない様な・・・

多分、東北、北海道も「雪が降らない」「寒くならない」ということじゃないのでしょうけど、強烈な寒気は東北、北海道じゃ、それほどの影響はない、という気象庁の判断なんでしょうね。とは言え、心構えと備えはしておかなくては・・・

で、昨シーズンの冬を思い出して欲しいのですが、関東や西日本で「寒すぎて水道管が凍結した」「福井、石川、富山では大雪による車の立ち往生が発生した」ということを・・・

この様な気象情報が出され、しかも早ければ今夜から、明日、明後日、という喫緊のことでありますから、大雪や極端な寒冷に備えることなんざ本当はできないでしょうけど、水道の蛇口から水をチョロチョロ出して、水道管凍結を防ぐ、気象庁がよく呼びかける様に、不要不急の外出はしない、車の運転はしない、ということを行なった方が良いでしょうね。

そして、いわゆる「昔ながらの灯油ストーブ」をお持ちならば、停電等に備え出しておくと良いでしょうし、灯油や食料の買い出しも行なっておくべきでしょうね。

なお、昔ながらの灯油ストーブは、基本「裸火」ですので、その取り扱いに細心の注意をしてくださいね。そして、俺の、私の、車は四駆だから大丈夫、という変な過信は禁物。凄まじい大雪とか吹雪ちゃね、本格四駆でも身動きが取れなくなるのですからね。


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本放送協会」という名称を辞めたらどうだ???

散々現政権政府を批判しておいて、政府の指示に従えって・・・矛盾してね?

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4912-89bdb73e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)