FC2ブログ

国連には「IOM-国際移住機関」と言うのがある。

その機関によれば・・・・


IOMとは

国際移住機関(IOM)は、世界的な人の移動(移住)の問題を専門に扱う唯一の国連機関です。

今日の移民は、国境を越えるもの、国内移住を含めて、有史以来最も多い10億人、すなわち世界の7人に1人が移民と推計されています。情報通信・交通手段の発達だけでなく、気候変動、自然災害、人的災害、紛争、先進国での高齢化、途上国における若者の失業の急増、北と南の国々での社会・経済的不均衡などの要因で、移住が大規模になっています。

IOMは、「正規のルートを通して、人としての権利と尊厳を保障する形で行われる人の移動は、移民と社会の双方に利益をもたらす」 という基本理念に基づき、移民個人への直接支援から関係国への技術支援、移住問題に関する地域協力の促進、移住に関する調査研究などを通じて、移住にまつわる課題の解決に努めています。

「移民」の定義

IOMは、「移民」を以下のように定義しています。
 
当人の (1) 法的地位、(2) 移動が自発的か非自発的か、(3) 移動の理由、(4) 滞在期間に関わらず、本来の居住地を離れて、国境を越えるか、一国内で移動している、または移動したあらゆる人
 
IOMは、移民と人の移動に関連する課題、また、関係国政府の同意に基づいて、国境を越えた人の移動に関するサービスを必要としている移民について、取り組んでいます。

参考

国際(国境を越えた)移民の正式な法的定義はありませんが、多くの専門家は、移住の理由や法的地位に関係なく、本来の居住国を変更した人々を国際移民とみなすことに同意しています。3カ月以上12カ月未満の移動を短期的または一時的移住、1年以上にわたる居住国の変更を長期的または恒久移住と呼んで区別するのが一般的です。 - 国連経済社会局


・・・・と言うことらしい。

しかし、これは「みなさまのNHK」の報じ方が悪いのか?・・・


移住目指す途中に死亡や行方不明 難民や移民は4500人余
2019年1月9日 5時24分
去年、移住を目指す途中でボートが転覆するなどして命を落としたり行方不明になったりした難民や移民の数は、世界で4500人余りに上り、おととしよりは減少したものの、依然、深刻な状況が続いています。

これはIOM=国際移住機関が8日、発表しました。それによりますと、去年、ほかの国への移住を目指す途中で命を落としたり、行方不明になったりした難民や移民の数は、少なくとも4592人でした。

おととしの6000人余りと比べると減少していて、IOMは移住を試みる人の数自体が減っていることが影響しているとみています。

地域別では、北アフリカや中東からヨーロッパを目指す人たちのルートとなっている地中海が2297人と、およそ半数を占めているほか、アメリカとメキシコの国境で亡くなった人も393人に上っています。

ヨーロッパでは現在、アフリカなどから船で移動してきた移民や難民が、イタリアやマルタに受け入れを拒否されて、2週間以上にわたって船の上での生活を余儀なくされているほか、アメリカでは先月、国境警備当局に拘束されていた中米グアテマラ出身の幼い子ども2人が死亡しました。

アメリカやイタリアなどヨーロッパ各国は、移民や難民の受け入れにより慎重になっていて、移民や難民をめぐる国際社会の対応はことしも大きな課題となりそうです。


・・・この様な「みなさまのNHK」の報道を見ると・・・移民?する側の「野放途な自由と権利を認めろ!!」「受け入れなくてはならない国に拒否する権利と自由はない」と言う風に思えてしまう。

いや「国連様の言うことは絶対である」「神の宣託に等しい」と言う風に、「みなさまのNHK」の報道を見ると思えてしまう。


ともかく、移民等々は別にして「移動の自由」と言うのは重要なことだし必要だと思う。しかしね、そのことを盾に野放途な「自由だ〜」「権利だ〜」「助けろ〜」は困るんだよね。


このエントリとは全く関係のないことを追記として記す。


気象庁のサイトにて、我が在所のアメダス観測データを見たんだが、午前6時から正午までに、積雪が10センチ増えている。

本日・・実際は昨夜から「冬型の気圧配置が強まり」かつ「寒気も流れ込んでいるため」に、大雪が予想されていた。しかし本日午前5時頃まではさほどの降雪&積雪量ではなかった。それが午前6時頃より激しい雪の降り方になり、6時間経過ということがあるにせよ、あっという間に積雪が10センチ増えてしまった。

夕方までには激しい降雪も治る、と言われているが・・・高々10センチの積雪といえども、急激に積雪量が増えるのは本当に大変なんだ。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「だからか」「なるへそ」と妄想してしまう話

国旗・海軍旗を掲げていない様に見えるが・・・???

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4894-fa299949

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)