FC2ブログ

【立憲民主党、伊勢神宮を参拝し叩かれる。】


そりゃ、叩かれるわな〜・・・

だって、昨年1月に・・・


2018.1.30 12:51

首相の伊勢神宮参拝で政府答弁書「違憲」「不適切」にあたらず 立民・逢坂氏「伊勢神宮の活動助長、促進につながる」

 政府は30日の閣議で、安倍晋三首相が4日の三重・伊勢神宮参拝を無料通信アプリLINE(ライン)で発信したことに「それ自体宗教的意義をもつ行為ではなく、その効果が宗教に対する援助、助長、促進または圧迫、干渉などになるようなこともないことが明らかであることから、(政教分離をうたった)『憲法20条に反する』及び『不適切』との指摘は当たらない」とする答弁書を決定した。発信を「違憲」「不適切」とする立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。

 逢坂氏は、首相官邸のLINEの公式アカウントによる発信は「伊勢神宮の活動に関する助長、促進につながるものと考える」「憲法20条に反するのではないか」などと主張した。

 逢坂氏は、歴代首相による伊勢神宮参拝は「社会通念上、国民に受容されていると考えているのか」とも問いただした。これに対し、政府答弁書は「首相が私人としての立場で行う伊勢神宮参拝については、政府として立ち入るべきものではないことから、お尋ねについてお答えすることは差し控えたい」とした。


・・・と言う、質問主意書を立憲の議員が出してんだもの・・・

しかし、【立憲民主党、伊勢神宮を参拝し叩かれる。】と言うリンク先を見るまでもなく、かつ本当に素朴な疑問なんだが・・・

何故「靖国神社参拝」は大騒ぎされて、伊勢神宮、または明治神宮の参拝はマスゴミは大騒ぎしないのかね?

これが本当に不思議。

しかも昨今は、新聞テレビが率先して「神社での正しい参拝の仕方」とか「パワースポット」「運気を」と特集まで組んで大いに垂れ流しているのに・・新聞テレビは「怪奇現象・オカルト・占いマンセー商売」を絶賛推進中・・・、マスゴミや特定野党視点の「政局絡み」となると、「政教分離が〜」「違憲だ〜」と大騒ぎ。

側から見ていると・・・・「ほんと、マスゴミや立憲民主党に代表される特定野党は始末に負えんバカだわ〜」と思うよ。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この程度の雪ねぇ〜・・頭の良すぎる〇かは本当に始末に負えん

朝日新聞が・・なにやら新しいプロパガンダを始めた様で・・・

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 マジに政教分離で文句を言うなら靖国神社参拝より伊勢神宮参拝の方が不味いでしょう?

 だって靖国ん神社は戦死者の慰霊施設でもあります。 だからアメリカのアーリントン墓地などと同じ意味を持つので、靖国神社に参拝してはいけないのなら、首相が訪米時にアーリントン墓地に行って献花してもいけない事になります。

 それに慰霊や死者への敬意を示すために宗教儀礼をおこなってはいけないというなら、国内外の要人や功労者の葬儀に、国や自治体の代表が参列する事もできません。 
 だってローマ法王の葬儀なんて完全にカソリックの宗教儀礼です。

 実際宗教上の理由で、知人の葬儀にも参列しない人はいます。

 ホントにパヨクって愚にもつかない屁理屈でごねているんですよね。

2019/01/05 09:40

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  マジに政教分離で文句を言うなら靖国神社参拝より伊勢神宮参拝の方が不味いでしょう?
>
>  だって靖国ん神社は戦死者の慰霊施設でもあります。 だからアメリカのアーリントン墓地などと同じ意味を持つので、靖国神社に参拝してはいけないのなら、首相が訪米時にアーリントン墓地に行って献花してもいけない事になります。
>
>  それに慰霊や死者への敬意を示すために宗教儀礼をおこなってはいけないというなら、国内外の要人や功労者の葬儀に、国や自治体の代表が参列する事もできません。 
>  だってローマ法王の葬儀なんて完全にカソリックの宗教儀礼です。
>
>  実際宗教上の理由で、知人の葬儀にも参列しない人はいます。
>
>  ホントにパヨクって愚にもつかない屁理屈でごねているんですよね。

昨年末に、週刊文春から「人権屋活動家」の起こした「女性への性暴力事件」のあらましが出ました。そのことで、その事件を起こした人権屋の取り巻きども?行動を同じくする同士?が、非常に歯切れの悪い?対応をし「総スカン」を今食らっています。

コメントへの趣旨とは違いますけれど、パヨクの本質ちゃ人権屋の起こした女性への性暴力に関する対応と同じなんですよね。

2019/01/05 14:05

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4890-02c664a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)