FC2ブログ

警戒・監視
海上自衛隊は、1日に1回を基準として、哨戒機(P-3C)により、北海道の周辺海域や日本海、東シナ海を航行する船舶などの状況を監視しています。侵略事態はもとより領海侵犯などの多様な事態に対応するためには、平素から防衛のために必要な情報を収集・分析することが重要です。そのような事態が生起した場合に速やかに航空機を派出して対応できる態勢を航空集団は整えています。

過去の事例としては、平成11年に警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が能登半島東方、佐渡島西方の領海内で日本漁船を装った北朝鮮の工作船と判断される不審船2隻を発見した事案があります。巡視船、護衛艦、航空機などで1昼夜にわたり追跡したが、両船は、防空識別圏外へ逃走し、北朝鮮北部の港湾に到達したものと判断されました。また、平成13年警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が不審な船舶を発見し、巡視船、航空機で追尾・監視を行いました。不審船は海上保安庁の度重なる停船命令を無視し逃走を続けたため、射撃警告の後、威嚇射撃を行いましたが、同船は引き続き逃走し、追跡中の巡視船が武器による攻撃を受けたため、巡視船による正当防衛射撃を行い、その後同船は自爆によるものと思われる爆発を起こし沈没するに至りました。捜査過程で判明した事実などから、北朝鮮の工作船と特定されました。その後も平成14年に警戒監視活動中の哨戒機(P-3C)が能登半島沖の北北西約400km(わが国の排他的経済水域外)において不審船の疑いのある船舶を発見し、巡視船、護衛艦、航空機で追尾・監視を行った事案が起きてます。
更に平成16年11月、先島群島周辺のわが国領海内で潜没航行していた中国原子力潜水艦が発見されました。これに対しては、自衛隊法第82条および平成8年の閣議決定に定める手続きに従い、海上警備行動を発令して対処し、海自の艦艇および航空機は、当該潜水艦が公海上に至るまで継続して追尾しました。



日本の領海等概念図


おまけ動画・・・3分36秒あたりからの場面は必見かな?


なお、最初に引用した「警戒・監視」に記されている【巡視船、護衛艦、航空機で追尾・監視を行った事案・・】云々の部分ですが、その護衛艦には「潜水艦」も含まれていた、と私個人としては考えています。

ですので、韓国海軍・・すなわち韓国という国・・の行なった愚行の初期対処として、海自潜水艦による追尾もあったんじゃなかろうか?と私個人としては妄想しています。韓国艦船にそれなりの装備、優秀なソナー員がいたとしたら・・・生きた心地はしなかったでしょうね。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期(直近)の予報は当たるのね

古代呪詛時代に生きることを希望する方々・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4883-1d13e481

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)