FC2ブログ

暖冬傾向とか、温暖化ナンチャラということは置いといても、次の様な気象になる得るのが「お天気」というやつなんだな。


低温と大雪に関する異常天候早期警戒情報(東北地方)
平成30年12月20日14時30分
仙台管区気象台 発表

要早期警戒(気温)
警戒期間 12月27日頃からの約1週間
対象地域 東北地方
警戒事項 かなりの低温(7日平均地域平年差-2.3℃以下)
確率   30%以上

要早期警戒(降雪量)
警戒期間 12月27日頃からの約1週間
対象地域 東北日本海側
警戒事項 大雪(7日合計地域平年比163%以上)
確率   30%以上


 今回の検討対象期間(12月25日から1月3日まで)において、東北地
方では、12月27日頃からの1週間は、気温が平年よりかなり低くなる確
率が30%以上、東北日本海側を中心に、青森県下北、岩手県内陸、宮城県
西部でも、降雪量が平年よりかなり多くなる確率が30%以上と見込まれま
す。
 農作物の管理に注意するとともに、除雪などの対応に留意してください。
今後の気象情報に注意してください。
<参考>
この期間の主な地点の7日間降雪量の平年値は、以下のとおりです。
地点 平年値
青森 43センチ
酸ケ湯 97センチ
秋田 24センチ
肘折 97センチ
山形 28センチ
若松 33センチ
むつ 27センチ
盛岡 16センチ
駒ノ湯 64センチ


この低温と大雪に関する早期警戒情報は北海道に関しても出ている。

ともかく、年末年始の天候は荒れる、と考えていた方が良く、年末年始の帰省や観光等々で、北海道・東北、多分他の雪国も荒れると考えられるので、雪国・北国に行かれる場合は、時間の余裕とそれなりの覚悟と装備を持って出かけた方が良いであろう。

なお、年末年始の「冬山(雪山)登山」は・・・止めるのが一番である。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々と複雑なご事情がある様で・・・

ヤレヤレ、他国の手を借りて反政府運動かよ・・科研費問題

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4878-b78d0188

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)