FC2ブログ

日本学術振興会というサイトに行くと、「科学研究費助成事業」という項目がありそのページに行くと・・・


科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

・・・と記されている。

そして何よりも、日本学術振興会の「設置」「沿革」というのを観てみると・・・

本会は、独立行政法人日本学術振興会法(平成14年12月13日法律第159号)に基づき、学術研究の助成、研究者の養成のための資金の支給、学術に関する国際交流の促進、その他学術の振興に関する事業を行うため、平成15年10月1日に設立された文部科学省所管の独立行政法人です。

本会の前身は、天皇陛下から学術奨励のため文部大臣に下賜された150万円により、昭和7年12月に創設された財団法人日本学術振興会であり、その後、昭和42年9月に日本学術振興会法に基づき、特殊法人となりました。70年余にわたり我が国の学術振興を担う中核機関として様々な事業を展開してきましたが、平成15年10月、業務の弾力化・効率化を図り、研究者や学術研究機関へのサービスの一層の向上をめざして、独立行政法人として新たにスタートいたしました。

・・・・と記されている。

いや、「予算」の項目を見れば明らかか???

平成30年度の振興会の予算額は、2,614億円です。このうち、運営費交付金事業費は266億円、国庫補助金は科学研究費補助事業費1,417億円、科学技術人材育成費補助事業費24億円等となっています。この他に、国から財源を措置され造成された基金による助成事業費897億円が含まれています。

主な事業別内訳は下記のとおりであり、全予算額の99.9%は国からの運営費交付金及び補助金等により財源を措置されています。

-------------------------

いま、またぞろ話題になりつつある「科学研究費助成事業・・いわゆる科研費」に使途されている予算は「税金」ということである。

その税金を、納税者が「使途を確認する」「適正に税金が使われているか監視する」というのは、当たり前のことである。

なお、「日本学術振興会」には「独立法人 日本学術振興会行動規範」というものもあって・・・


 独立行政法人日本学術振興会(以下「振興会」という。)の役職員においては、従前から法令並びに就業規則や役職員倫理規程等に従って適切に職務を遂行してきたところであるが、振興会の公共性およびその社会的責任が一層高まっていることに鑑み、振興会に対する社会的信頼の維持・向上を図るため、役職員が職務を遂行するに当たっての「行動規範」を定める。

1.法令等の遵守
 役職員は、法令や規程等を遵守し、常に国民の視点に立って、高い志と誇りを持って職務に当たらなければならない。
 
2.高い倫理感と自己規律の保持
 役職員は、高い倫理感と自己規律に基づいて職務に当たらなければならない。職務上関係のある者に対して、常に公平・公正な関係を保たなければならない。特に利害関係者から金品等の贈与を受けること等は絶対にあってはならない。
 
3.業務運営の効率性・透明性の確保
 役職員は、効率的・効果的かつ、公平で透明性の高い業務運営を行わなければならない。
 
4.適正な会計処理
 役職員は、経費及び財産等に係る会計処理を適正に行わなければならない。
 
5.情報の管理
 役職員は、個人情報や職務上知り得た秘密を厳重かつ適正に管理し、情報漏洩には細心の注意を払わなければならない。
 
6.健全な職場環境の形成
 役職員は、明るく健全な職場作りに配慮し、安全衛生管理の徹底を図らなければならない。また、お互いに連絡、報告、相談を行い、協力しながら職務に当たり、問題が発生した場合は、速やかに上司等に相談しなければならない。

・・・非常に厳しい倫理観と規律を掲げている。

【日本学術振興会】


利権は良くない・・・等々大騒ぎしていた側が、その大騒ぎしていた側の利権に疑義を挟まれると、「ジユウガ〜」「ミンシュシュギガ〜」「オレタチハセイギ〜」と顔を青くして、いや「顔を真っ赤にしてか?」・・・狼狽えるのだから、その姿を観た世間様が「お前らこそ裸の王様じゃねぇ〜か?」と指差して嘲笑うのだよ。




スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パヨクの二枚舌???

日本は「狭い」と誰が言った????

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4874-8dd6c74d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)