FC2ブログ

大雪時の道路交通の確保に向けた取り組みについて(チェーン規制の検討状況)
平成30年12月10日

国土交通省では、冬期道路交通確保対策検討委員会でとりまとめられた、「大雪時の道路交通確保対策の提言 中間とりまとめ」に基づき、「道路ネットワーク機能への影響を最小化」するため、除雪体制の強化や集中除雪、大雪時の需要抑制の呼びかけ等の取り組みを進めているところです。

 〇 このうち、チェーン規制については、
   ・時期:大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時※
       ※平成29年度は、大雪特別警報の発令はなく、大雪に対する緊急発表は3回。
   ・場所:勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間
    を対象として、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするものですが、現時点で、
   国土交通省と警察において調整しているチェーン規制区間は別紙のとおりですのでお知らせします。
   ⇒ 全国13区間(うち 直轄国道6区間、高速道路7区間)
 
 ○ 具体的な開始時期については、改めてお知らせいたします。

 ○ また、大雪が予想される2~3日前より通行止め実施の可能性がある旨について事前広報を行い、不要不急の外出を控えることや
  広域迂回、並びに物流車両の運行計画の見直しなどについて、地域住民や道路利用者に周知してまいります。




記者発表資料・・PDF版


「通行止め」としなくてはならない気象・道路状況下でも、タイヤチェーン(できればスノータイヤにタイヤチェーンを装着した方が望ましいし、走破性が高くなる)を装着すれば通行可もあり得る、と記されている。ここら辺をわかりやすく報じるのが、新聞テレビの役目ではないのか?

ところがこの件で、トンチキばかりの事を報じ、道路利用者の不安を煽る。

いや、おまえら新聞テレビは住民や道路利用者の安全は無視か?「また大雪で多くの車、人々が立ち往生になり苦しめば良い」と願っているのか?

おまえら新聞テレビは、そんなに「他人の不幸が大好き」なのか?


追記

雪道や凍結路での車での登坂というのは面白いもので・・・上手にアクセルを使えば、スノータイヤを履いていなくても登り切ってしまう場合がある。当然、タイヤチェーンを装着していないよ。

しかし多くの公道は、自分が運転する車以外も走行しているものだから、そんなに都合よくはいかない。必ず、速度が非常に遅い車がいるものだし、道路上に車を止めているバカもいるので、どうしても坂の途中で減速、停止ということになる。この様になると・・・車は坂を登れない。下手すりゃ、タイヤチェーンを装着していても、坂道発進ということはできないかもしれない。スノータイヤを装着していても坂道発進ができない場合もあるしね。

まあだから、雪国や北国じゃ「生活四駆」または「前輪駆動車・・四駆が安価な値段で一般的になるまで前輪駆動は雪に強いと言われた・・」がよく売れるのである。

とはいえ、生活四駆や前輪駆動車は本当に悪路走行もバンバン出来ちゃう「本格四駆」と違うから、深い雪の道で雪にはまり動けなくなる、ということがある。

まあ、本格四駆と呼ばれる車だって、キチンとした雪道支度を行なっていなけりゃ・・・同じなんだけどね。

それを経験したことがない、というか、雪国でも本当の大雪というのを経験した世代がいなくなったもので、かつ道路は「綺麗に除雪されているのが当たり前」と思っているのが多くなったもので、タイヤチェーンのことでギャーギャー騒ぐこととなるのだろうと思う。

ちなみに、坂を登ったら下りが待っているのが「坂道」「峠道」だから・・・雪の坂道をスノータイヤを履かずに登ったは良いけれど、坂を降りるときは地獄へ真っ逆さまに落ちてゆくことになる。以前も記したが、スノータイヤを履いていても雪の下り坂は、止まらないことが多いからね。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事見出しは、自身に向けた「戒め」「皮肉」なのか?

最近まで公開処刑を当たり前としていた連中に言われてもねぇ〜・・・

comment iconコメント

comment avater

-

 タイヤチェーンの義務化、という大量の大手マスコミ記事の見出しだけ読むと、訳が分からないけどなんだか嫌な感じがします。マスコミは、省庁の資料を読まずに書いているのか、不安を煽りたいのか、こんなのが多いからネット以外でもマスコミ不信が増えるんですよね。

>本当に悪路走行もバンバン出来ちゃう「本格四駆」
>スノータイヤを履いていても雪の下り坂は、止まらないことが多いからね。

 何十センチも積もった月山道をスノータイヤで走ろうとしたけど、滑って走れなくて引き返そうとしているときに、大きな四駆が勢いよく雪道を疾走していくのを見てカッコいいと思いました。でも、下りはきっと大変だったと思います。:;(∩´﹏`∩);:

2018/12/12 09:27

comment avater

都民です。

1のコメントに名前を書き忘れました。m(__)m

2018/12/12 09:40

comment avater

裏の桜

Re: タイトルなし

>  タイヤチェーンの義務化、という大量の大手マスコミ記事の見出しだけ読むと、訳が分からないけどなんだか嫌な感じがします。マスコミは、省庁の資料を読まずに書いているのか、不安を煽りたいのか、こんなのが多いからネット以外でもマスコミ不信が増えるんですよね。
>
> >本当に悪路走行もバンバン出来ちゃう「本格四駆」
> >スノータイヤを履いていても雪の下り坂は、止まらないことが多いからね。
>
>  何十センチも積もった月山道をスノータイヤで走ろうとしたけど、滑って走れなくて引き返そうとしているときに、大きな四駆が勢いよく雪道を疾走していくのを見てカッコいいと思いました。でも、下りはきっと大変だったと思います。:;(∩´﹏`∩);:

基本、その道路によりますけれど、チェーン規制という措置が講じられることがありますから、タイヤチェーンの携行は「ほぼ義務化されている」と考えるべきでしょうね。ですから、冬季に「山岳地帯」「雪国」「北国」等に車で行かねばならない、または車で「通過しなくてはならない」と言う場合は、スノータイヤを履いていようが「タイヤチェーンの携行は当たり前」と考えなきゃならないのですよね。


そして、昨今の車やタイヤの性能が格段に進歩しましたし、少し前まで「異常」と今では言われるような「大雪」が降り積もらない時期がありましたので、チェーン規制が出る道路を通行する場合でもスノータイヤを履いていればタイヤチェーンを携行していなくてもOK、という暗黙の事実があったことは確か。

2018/12/13 09:19

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4869-b972787b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)