FC2ブログ

フランスでは、ギロチンが採用される以前、平民は絞首刑が適用されることになっており、斬首刑は貴族階級に対してのみ執行された。当時の斬首には斧や刀が使われていたが、死刑執行人が未熟な場合には一撃で斬首できず、囚人の首に何度も斬りつけるなど残酷な光景が展開され、受刑者に多大な苦痛を与えることも多く、一方で熟練した技量の高い死刑執行人を雇うことができる受刑者は裕福な者に限られた。1788年、革命前の不穏な雰囲気の中、車裂きの刑の公開処刑の場で、民衆が無実を叫ぶ死刑囚に同調してこれを逃がし、処刑台を破壊するという事件が起こり、死刑執行人の職務に対する忌避のタブーが破られた。これをきっかけとして車裂きの刑は廃止されることとなり、残酷な刑に替わり苦痛を伴わない処刑法を求める流れが起こっていた。


この当時のフランスの制度ではギロチンは死刑執行人の私有財産であり公共財産ではない。そのためサンソンは横領罪に問われることは無かった。一度、質から出されたギロチンは再度売られたという。

古くから、処刑は公開して民衆への警告とすべきとする刑法思想があり、かつては公開処刑がひろく行われた。第二次世界大戦直前の1939年まで、フランスでもギロチンによる公開処刑が行なわれていた。しかし人権意識の高まりから、その後は積極的に目立った場所を避けて刑務所の門前で早朝に実施するようになり、広場などで白昼堂々と行う事はなくなっていた。

1939年6月17日にジュール=アンリ・デフルノーによってパーセイルズで行われたドイツ出身の殺人犯オイゲン・ヴァイトマンの死刑執行が最後の公開処刑となった。この処刑は盗撮され、映画館で公開された。これに問題を感じた法務省は、以降の死刑執行を非公開に切り替える事になる。そのため、これがフランスにおいて唯一映像に記録されたギロチンによる処刑映像となった。ヴィシー政権下では、レジスタンスのビラを配っただけで、ギロチン処刑された者がいた。また、堕胎罪で逮捕裁判され、死刑判決を受けて1943年に処刑されたマリー=ルイーズ・ジロー(英語版)もいた。

ギロチンは一見残酷なイメージだが、導入の経緯、および絞首刑との比較から、欧州ではむしろ人道的な死刑装置と位置づけられており、使用されなくなったのは比較的近年のことである。フランスでは死刑制度自体が廃止される1981年9月までギロチンが現役で稼動していた。フランスで最後にギロチンによって処刑されたのは、女性を殺害した罪に問われた、ハミダ・ジャンドゥビというチュニジア人労働者であり、1977年9月10日にフランス最後の死刑執行人(ムッシュ・ド・パリ)であるマルセル・シュヴァリエによって刑が執行された。これがフランスでギロチンが公式に使用された最後の例である。



Wikiに記されていた「ギロチン」からの抜粋である。

これ以上の詳しいことを知りたければ、リンク先で記事全文を読むか独自に調べて欲しい。

で、注目して欲しいのは、歴史的な時間軸の感覚から言えば「つい最近」までフランスでは「ギロチン」を用いた「処刑」が行われており、かつその処刑は「公開であった」ということ「斬首という処刑方法は貴族階級に対し行われていた」「ギロチンという方法は、当時の価値観として人道的な方法と考えられていた」「ギロチンという処刑道具は、死刑執行人の私有財産」というところ。

何が言いたいのか?

今じゃ「人道がどうたら」「人権先進国」と踏ん反り返っている欧州諸国であるが、つい最近まで「平気の平左で非人道的、人権無視を行なっていた」ということである。

そんな連中に、かつそんな連中に変に感化された日本に巣食うアホ達から、日本は遅れている〜・・と言われても説得力はないのである。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞テレビのトンチキども、記者発表資料をよく読め!!

最も信用できない方々・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4868-423b0142

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)