FC2ブログ

アメリカ目指し北上の移民たち 一部が国境の街へ 緊張高まる
2018年11月15日 5時29分
アメリカを目指してメキシコを北上している中米ホンジュラスなどの人たちの一部は、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するメキシコの街に到着しました。アメリカ側の国境付近では壁に鉄条網が設置され警備当局が監視にあたるなど、緊張が高まっています。
アメリカを目指している中米ホンジュラスなどからの移民たちの多くは現在、メキシコ北部を北上していますが、このうちの一部はメキシコの州政府が準備したバスなどを乗り継いで、アメリカ カリフォルニア州と国境を接するティファナに到着しています。

14日朝には、数百人にのぼる移民たちが8台のバスに分乗して、ティファナ中心部にある宗教施設の前に到着しました。

移民たちは、ボランティアから朝食を提供されたり、簡易テントの下で医療スタッフによる健康状態のチェックを受けたりしていました。

ホンジュラスから1歳半の息子を連れてきたという17歳の女性は「母国では、特に女性への暴力が横行していて生きていけない。子どもの生活のため、何としてもアメリカに行きたい」と話していました。

一方、ティファナの反対側にあるアメリカ サンディエゴの海岸には13日夜、照明灯が持ち込まれ、国境を隔てる壁に鉄条網が設置されました。

周辺には警備当局の車両が数多く待機し、移民たちが壁を越えることがないよう隊員たちが監視を続けていて、緊張が高まっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011711171000.html?utm_int=news_contents_news-main_004


なるほど・・・報道はあくまでも「移民」と言うことですか。

まあ確かに、我々が知ることができる形の米国の歴史というのを見ると、その昔米国は、欧州からの大量の移民たちを迎い入れた経緯があるし、そのことが米国の根底にあるから・・・南米からの流入も「移民」と位置づけるのであろう。

しかしね〜・・・今回のことを「移民」と片付けて良い出来事なのかね〜・・・


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タトゥーじゃなく、「刺青・入れ墨・イレズミ」とまずは言おうや・・・

私は女性、と言った場合はどうするのだろう?

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 古代ローマ帝国へのゲルマン人侵入もこんな感じだったんでしょうね。
 この騒ぎを見ていると、何でローマ帝国が滅んだか妙に納得がいきます。

2018/11/15 10:32

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

>  古代ローマ帝国へのゲルマン人侵入もこんな感じだったんでしょうね。
>  この騒ぎを見ていると、何でローマ帝国が滅んだか妙に納得がいきます。

歴史的転換点、というのはこの様な「人の移動・流入・流出」がきっかけなのでしょうね。

2018/11/15 11:23

comment avater

相模

476年

西ローマ帝国滅亡の年を受験勉強で暗記したことを思い出しました。
滅亡は476年。暗記のゴロ合わせは「蛮奴に 死なむ 西ローマ」。
米国に押し寄せる群衆は蛮奴なんでしょうね。

2018/11/19 06:36

comment avater

裏の桜

Re: 476年

相模さん、こんにちは。

> 西ローマ帝国滅亡の年を受験勉強で暗記したことを思い出しました。
> 滅亡は476年。暗記のゴロ合わせは「蛮奴に 死なむ 西ローマ」。
> 米国に押し寄せる群衆は蛮奴なんでしょうね。

その通りなのでしょうね。

しかし、今は2000年前の頃とは違い、移民・移住にしても「キチンと手続きを踏んでください」という決め事があります。その手続きすら「不当だ」「許せない」「差別だ」と大騒ぎする方が多いので始末に負えないのですよね。

2018/11/19 10:17

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4844-621786e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)