FC2ブログ

米国の「中間選挙」に関する報道を観ていて、「意味がわからん」という印象がある。

いや、日本で米国の「中間選挙」に関する報道する側は、米国の制度を全く知らんのではなかろうか?という印象というべきであろうか?

そして、人口の多い大都市を抱える州は、いわゆる「リベラル」も多く、米国民主党が議席を獲得し易い、と思う。これは日本での大都市圏を見りゃ明らかではなかろうか?

だって、あれほどの愚策しか行えなかった日本の民主党、そして共産党や社民党は大都市部では一定の支持があるのだから・・・その例が、管なんたらとか、蓮なんたら、辻元なんたら、福島なんたらの当選。

米国も同じで、へんてこりんな候補者が当選してしまうのも「大都市」で顕著。

そしてこの大都市での結果とか、動向が「米国でのすべて」と日本の既存新聞テレビは得意げに日本で報じる。

あれだけ広大な国土を有する国が、そんなわけねぇ〜だろうが・・・

ただ単に事実を報じる、ということだけならば、それで構わないが、その事実を「掘り下げる報道」というのを行うのであれば、そこら辺のことを報じないのは「片手落ち」としか思えない。

人口比率ということで、人口の多い大都市を抱える州に多くの議席数を割り当てている、という事実も報じなきゃね。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK曰く、次は「K文学」ねぇ〜・・・

ならば、即刻廃業したら?

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4838-fabd589d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)