FC2ブログ

安田さんをはじめ、紛争地帯で取材するジャーナリストに関する新情報が報道されるたびに、自ら現地に入っていったのだから「自己責任」だとする声がインターネット上では噴出する。だが、こうした風潮に、政治や社会問題などを30年取材している玉川徹氏は「モーニングショー」で、「自己責任論というのを僕は否定しておきたい。釘を刺しておきたい」と反論。「そもそも、ジャーナリストは何のためにいるんだ。民主主義を守るためにいるんですよ」として力説した。

「民主主義といっても国や企業で権力を持っている人たちは、自分達の都合のいいようにやって隠したいんですよ。隠されているものを暴かない限り、私たち国民は正確なジャッジができないんです。それには情報がいるんですよ。その情報をとってくる人たちが絶対に必要で、ジャーナリストはそれをやっているんです。フリーのジャーナリストは命を懸けてやっているんです。一番危ないところに行かれているんですよ、安田さんは。そういう人を守らないでどうするんだ」


「兵士は国を守るために命を懸けます」
さらに、「たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。その兵士が外国で拘束され、捕虜になった場合、解放されて国に戻ってきた時は『英雄』として扱われますよね。同じことです」と、「兵士」を引き合いに出し、安田さんが解放されて帰国するとなった場合について、

「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」

と主張した。

その上で改めて「何ですか自己責任論って。国に迷惑かけたって何ですか。その人たちは民主主義がいらないんですか。僕は敬意をもって迎えるべきだと思います」と、「自己責任」と突き放す風潮を批判した。

 玉川氏は「解放されて国に戻ってきたら『良かったね。命をかけて頑張ったね』と声をかけますよ」とも述べている。安田さん解放情報を受け、同様の考えを表明しているジャーナリストは少なくない。

【安田さん解放に「英雄として迎えないでどうする」 テレ朝・玉川徹氏、「自己責任論」を批判】より



このテレビ局社員の言う所の「ジャーナリストは英雄がどうたら」は全く理解できないが、人命が関わっていることだし、日本国民が海外で遭難したわけだから日本国として、日本政府として、当然「同胞?」の「救出」を考えるのは日本国民として当然。しかしね〜・・・



ー解放のときはどういう状態だったんですか?どなたが助けに来られたんですか?

助けではなくて、彼ら自身が車で国境まで運んできて、それでトルコ側が受け取って、そのまま23日入っていた施設に入れられたんですけど。

ーその時の気持ちとしてはどうでしたか。ほっとしたとか?

いや、とにかく荷物がないことに腹が立って、ということと、トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかったので、ああいう形の解放のされ方というのは望まない解放のされ方だったということがありまして。

【「地獄だった」安田純平さん機内での主なやり取り】より


ということを言われちゃ・・実際のところ「どうなんだよ」「この救出は正しい選択だったのか?」と思うのが人情。いや、こんな野郎を「巨額な税金と人員を割き助ける必要があったんか?」と思うのが人情で、こんな野郎を助けずに「北朝鮮に拉致された被害者」「中国当局の手で不当に逮捕・起訴・収監された方々」を救出するために「税金」と「人員」を潤沢に投入した方が良い、と思えてしまうのだがねぇ〜・・・

いや、ジャーナリストと称し、危険な場所に望んでまでノコノコ出かけて行き、かつ結構な年齢まで歳を重ねていながら、「雉も鳴かずば撃たれまい」ということを知らんのかねぇ〜・・

そして、皆さんは重々承知のことと思うけれど、この自称ジャーナリストの愚行でますます日本人を拉致すりゃ「金になる」ということが世界中に広まった。しかも、今現在の日本の法律では、他国の様に自国民を救出するための軍事オプションは行えない。海外に渡航される方は用心に用心を重ね、渡航先では変なところに行かないことだ。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腫れ物に触るよう

行う理由ちゃなんなのでしょうね?

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

>たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。
 
 上官の命令に逆らって適地に入った兵士は、銃殺もありでは?
 
 でも考えてみれば、戦前朝日新聞始めマスコミは、政府の命令を無視して、ドンドン中国戦線を拡大させた関東軍を絶賛していましたよね?

 これが結局日本を第二次大戦に追い込んだのですが。
 

2018/10/26 11:04

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

> >たとえて言えば、兵士は国を守るために命を懸けます。
>  
>  上官の命令に逆らって適地に入った兵士は、銃殺もありでは?
>  
>  でも考えてみれば、戦前朝日新聞始めマスコミは、政府の命令を無視して、ドンドン中国戦線を拡大させた関東軍を絶賛していましたよね?
>
>  これが結局日本を第二次大戦に追い込んだのですが。

「勧善懲悪」物の「絵空事」じゃあるまいし、現実の軍隊では「スーパーヒーロー」的行動は「害をもたらすだけ」なんですけどね。

ところが、ご指摘のように「朝日新聞」的なメディアは、風呂敷を広げすぎて勝手に「英雄、スーパーヒーロー物語」を創作してしまうのですね。そして朝日新聞的メディア自身が作り出した「稀代の英雄、スーパーヒーロー」を、朝日新聞的メディア自身にとって都合が悪い存在になると、あっという間に掌を返して「叩く」のですよね。

そして朝日新聞的メディアの無責任な姿勢が、ルサンチマンを誕生させる構図、なのでしょうね。

2018/10/26 11:20

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4825-4f25be7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)