FC2ブログ

ウィング車で来るなって事でしょ!ww
通知も行なってる筈



トラック買え変えなきゃ行けないの?一台いくらすると思ってるのかしら?



ん? 
違法改造車じゃなければ、後方扉が開く筈。
横開けて外で作業するのは、楽した自分勝手な方では?
戻ってからは、どうぞ横から降ろして下さい ww


いやいや、私が聞いているのは後ろのドアを開けて一番奥にある荷物はどうやって取り出すのか?ということです。


時間を掛けて後ろの荷物を降ろしてから取り出します。
愚かでしょ。

https://twitter.com/tadokorosatoru/status/1050652068183035904

-------------------------------------------------


いや〜・・・ありがたいね。ついこの前まで、運送業とかトラックの運ちゃんたちの労働環境なんざ歯牙にも掛けなかった、頭の良すぎるバカたちがこんなにもトラックの運ちゃんたちのことで心配してくれるとは・・・泣けてくるよ。ただし、豊洲市場の鮮魚だけに特化してんだけど・・・

で、今はその技術というか、そんなことが格段と進歩しているから、引用Tweetに出てくる「ウイング車」という物でも、冷蔵・冷凍ができるトラックがある。しかしこれは本来、なんでもできる様に、なんでも積んで輸送できる様に、という考えのもとで作られ始めた「車体」であって、生鮮食品の「冷蔵輸送」「低温輸送」「冷凍輸送」ということに特化した車体ではない。

ましてや、本格的な「冷蔵・冷凍」が可能な「ウイング車」は、価格がね・・

ともかく、生鮮食品の「冷蔵輸送」「低温輸送」「冷凍輸送」を本当に考えるのならば、荷台後ろの扉からの積み込み、荷降ろしの方が良いのだ。だって、荷台室内の冷気が一気に逃げることがないからね。

これが、ウイング車だとウイング扉を開けた途端に荷台室内の冷気が外に逃げ、外気と荷台室内温度が、あっという間に同じ温度になる。そして「冷蔵輸送」「低温輸送」「冷凍輸送」を考慮していない、普通のウイング車体というのは、夏場には荷台内に熱気も籠りやすい。

せめてね、この様ところを踏まえて「愚か」というべき、と思うのですがね。

というかさ、生鮮食品の輸送ということで「あ〜だ、こ〜だ」というのであれば、ましてや市場関係者でかつ鮮魚関係者であるのならば、使っている運送業者に対し「冷蔵機・冷凍機は良いから、せめて保冷の荷台のトラックで」と要望すべきで、それができないのならば取引を考える、くらいのことがなきゃダメだと思う。当然それは、いわゆる「産地」にも言えることだと思う。



蛇足だけど、商用車・・すなわち「トラック」という車は、自家用車とか乗用車とよばれる、一般家庭、個人がレジャー等で使用する車とは違い、車のカタログに載っている通りの車が購入できる訳じゃないんだ。

トラックのメーカーやディーラーというのは、シャーシと呼ばれる部分の生産と販売を行い、トラックの荷台部分は、トラック購入者がディーラー等を通じ、ボディ屋と言われる荷台を製造製作する企業に、事細かくこの様にしてくれ、と注文し作るんだよね。要は、荷台部分はオーダーメイドなんだ。

だから、特殊な荷台を頼むと、車の本体価格と合わせると購入価格が高くなるんだよね。

まあ、どんな商売だろうが、その商売で使用する「道具」というのは、大概はその商売に特化した道具を使用するものだから当然なんだけどね。

だから、冷凍とか冷蔵という状態の品物を輸送するトラックというのも様々な仕様があるのだし、運送業者側の使い勝手や品物を輸送する場合、その品物がどの様な状態で輸送した方が最善最適なのか?と考えて荷台部分を作るので、ウイング車が〜・・と引用Tweetの様に騒いでも全く意味をなさないんだ。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際のホームへの横付け

そうですか、〇カへのトラップですか?

comment iconコメント

comment avater

都民です。

ご無沙汰しています。

 上記のツイートですが、青果では市場のHPにウイング車が接車出来ると明記されています。ただ、水産については、見つけられませんでした。

 ですが、先日豊洲市場を見学した時に水産のバースで質問したら、ウイング車も数段文ですが、接車して荷下ろしが出来ると、記憶違いでなければ、その場所を見ながら説明してもらいました。

 初日なので、普段ならスペースがあるけれど当日は水産の荷下ろしする場所が混乱していたようです。一方青果は、整然と業務をこなしたのは凄いと思いました。

2018/10/15 09:53

comment avater

都民です。

(誤)数段文→(正)数台分 m(_ _)m

2018/10/15 09:54

comment avater

裏の桜

Re: 都民です。さん

こんにちは、ご無沙汰しています。

> ご無沙汰しています。
>
>  上記のツイートですが、青果では市場のHPにウイング車が接車出来ると明記されています。ただ、水産については、見つけられませんでした。
>
>  ですが、先日豊洲市場を見学した時に水産のバースで質問したら、ウイング車も数段文ですが、接車して荷下ろしが出来ると、記憶違いでなければ、その場所を見ながら説明してもらいました。
>
>  初日なので、普段ならスペースがあるけれど当日は水産の荷下ろしする場所が混乱していたようです。一方青果は、整然と業務をこなしたのは凄いと思いました。

鉄道のホームの様な形になっている荷降ろし場、積み込み場というのを運送業界でも「ホーム」と呼ぶのですが、大手の宅配等などを行なっている運送業者のトラックターミナルでよく見ることができます。このホームでは基本、車を縦に、荷台後部をホームにつけて、荷台後部から荷物の積み込み、荷下ろしを行います。

ですが、たまにトラックを側面側をホームにつけてくれ、ということを行う場合があります。この場合、運転手の運転技量が問われることとなりますし、5から10台分の大型トラックのスペースが必要となり、ホームにつけての荷台側面からの荷降ろし積み込みは、一度に何台ものトラックの荷降ろし積み込みを行う様な混雑するホームでは現実的ではありません。いや事故や怪我の元です。

ですので、ホームでの荷降ろし、積み込みは、荷台後部からが基本です。

荷台側面からの荷降ろし、積み込みを本格的に行いたい場合は、ホーム下・・すなわち路面・地面にそれ専用のホークリフトを配置し、そのホークリフトでホーム上に荷物にあげてゆき、積み込みはその逆、ということを行わねばなりません。

そして何よりも、生鮮食品の卸売市場には様々な種類の貨物トラックが出入りしますので、これだ正しい、これが最も安全で効率が良い、というものはあり得ません。そのことは、市場関係者が使っている運送業者が一番理解していることであり、市場関係者だってその話を聞いているはずです。

というか、餅屋は餅屋という言葉がある様に、貨物トラック等のホームを使っての荷物の積み下ろし等を知りたければ、大手の宅配業者の基幹ターミナルを見るか、大手スーパーマーケットの「配送センター」を見るべきです。そして、大手スーパーの配送センター等は、食品衛生等に関して物凄く進んでいて、センターへの荷物受け入れに関して様々な決まりごとがあり、その決まりごとができない業者は参入できません。

なお、青果に関してですが、私が想像するに変則ホームとなっていて・・自動車整備なんかで使われるのですが、いわゆる「ピット」の様なホームがあり、そこに荷台側面の扉を開けた状態でトラックがつけられるのではないのでしょうか?そう考えなきゃ、トラック側面をホームにつける、ということは効率的にかつ安全に行えません。

2018/10/15 11:14

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4815-e10026a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)