FC2ブログ

トリチウム水 本当に安心安全なのか       2018年9月20日

 東京電力福島第一原発構内にたまり続ける放射性物質を含んだ大量の水。タンクの設置も限界と、政府は海への放出に前のめり。漁業者は反発を強めている。母なる海は受け止めてくれるだろうか。
 水で薄めて海に放出-。シンプルで、わかりやすい解決法には違いない。でも本当に、それでよいのだろうか。
 メルトダウン(炉心溶融)した原子炉を冷やすなどした汚染水には、多種多様な放射性物質が含まれる。そのほとんどは多核種除去設備(ALPS)で取り除くことができるという。
 ただし、トリチウム(三重水素)は例外だ。性質が水素とそっくりなので、水から分離することができないというのである。ALPSで処理した後も、タンクを造ってため続けているのが現状だ。
 トリチウムは放射線のエネルギーも弱く、生物の体内に入っても蓄積されない、とされている。だから、海に流せばいいと。
 ところが、トリチウムは生物のDNAの中にまで水のごとく入り込み、遺伝子を傷つける恐れがあるとの指摘もある。
 タンクの中に残った放射性物質は、トリチウムだけではない。
 ヨウ素129やルテニウムが実際に検出されている。
 原子力規制委員会は、このような物質も「水で薄めれば基準値以下になり、問題ない」との立場だが、本当にそうなのか。
 思い出すのは、「公害の原点」といわれる水俣事件である。
 原因企業による有機水銀の海への垂れ流しを政府が放置し続けたため、深刻な被害が広がった。
 「海水の希釈能力は無限と考えたのは誤りだった」。事件に関係した高名な学者が、後に漏らした苦渋のつぶやきだ。水銀と放射性物質は同列にはできないが、不気味ではないか。
 規制委は「海洋放出は唯一の手段」と言うが、政府側からは、薄めて大気中に放出したり、地下に埋設したりなど、“代替案”も提示されている。ただし、海洋放出よりも手間や費用はかかる。
 このままでは廃炉作業に支障を来すという、東電側の主張はよく分かる。だが言うまでもなく、最も大切な“物差し”は人体への「安全」だ。「海洋放出ありき」は危うくないか。
 放射線の影響は未知なる部分が多い。漁業被害の問題だけにはとどまらない。
 議論はまだ、熟しているとは言い難い。


何度か引用している「中日・東京新聞の社説」なのだが・・・

ある意味「科学」とか「工業技術」に関し懐疑的、かつ真っ向から否定する様な社説を記し、世に向けて報じるのに、日本人がノーベル賞を受賞すると、途端に・・・


本庶さん「チャンスを若い人に」 基礎研究の大切さ力説


・・・掌を返し、上にも下にも置けない報道をする。

確かに、商業メディアというのは、情報の受け手側が好む物というのを報じることを行わねば、稼ぎにならない。

しかしだ、朝日に代表される「良心的な?報道機関」の多くは、その体面上「公平・公正・政治的中立・客観的に」を「金科玉条」としている。


なお、この偉業は素晴らしい。日本人・国民として誇らしく思う。しかし、この様な研究を支えたのは、名もなき多くの日本国民である。

何故なら、この様な研究に多くの税金を投入した時代があったからである。

この様なことが、いわゆる「バブル」が弾けて以降、年々できなくなった。いわゆる「公共事業絶対悪」「緊縮財政絶対正義」が商業メディアの手で流布されたからである。その極め付けが「2番じゃダメなんでしょうか?」だったのである。

その後遺症というか、余波というか、そんなモノが未だに大きいモノだから景気が良くなっても中々実感できないところがあるのである。


チトここから話が変わるのだが・・・

先日沖縄の県知事選が行われ、その結果というのはご存知の通り。その事をここで記すつもりはないのだが・・・

沖縄から遠く離れた雪国なんぞに暮らしていると、沖縄ちゃ物凄く豊かで近代的な暮らしをできるところなんだ、と思えるんだよね。当然、その様な印象からすれば、沖縄差別とか、基地問題なんぞ感じられない。

もっと言えば、我々東北よりも財政に恵まれ、そんな財政なのに、なんで貧困とか、学業不振・・要は、子供達の学業成績が低い・・ということになるのかさっぱりわからない。

まあ、そのカラクリ?というのは、懸命な方ならばすでにご存知だろうし、その点に関しての著作本も出ているので、読んでいる方も多いであろう。

ともかく、既存の新聞テレビは「基地が〜」「沖縄が〜」と大騒ぎする反面、沖縄にはなんの問題もない豊かで近代的な場所だから・・・という宣伝記事や宣伝番組が、「基地が〜」「沖縄が〜」という新聞記事や報道番組より多い、と思うよ。

とことんやるならば、沖縄は中央政府に搾取されている北朝鮮みたいな「県である」とやるべきだよ。そうすれば、既存新聞テレビが言う所の「沖縄の基地問題」「沖縄差別」というのがもっと鮮明になるし、全国の方が問題として本当に意識してくれると思うよ。


追記

相模さんより、次の様なコメントをいただいた。詳しくはコメント欄を参照。


>沖縄に旅行に行きましたが、沖縄は恵まれた土地です。飢えることもない。今の人々は安寧です。


で、この様なコメントを拝見し思い出したことがあった。

大昔?1990年代中頃から終わりにかけてであろうか?

私はその当時の仕事柄、せっせと北朝鮮向け支援米の輸送に携わっていたことがある。政府米倉庫や政府から委託された「JAの米倉庫」「倉庫会社の倉庫」に保管されていた備蓄政府米をトラックに積み、茨城や東京、横浜の埠頭に運んだ。備蓄の政府米がなくなると、その年に収穫され、政府米となる「新米」も運んだ記憶がある。備蓄米も新米も、全て銘柄米であり、最高品種。と言うか、当時の農家も「政府米」としての米など作っていないのだ。だから、全て銘柄米だし最高品種。余談であるが、北朝鮮から輸入された「稲藁」を埠頭倉庫から畜産農家まで運んだこともある。当時の畜産農家によれば「物が良いんだよね」とのことであった。

と同時に、沖縄向けの最高品種の米も同じ様に埠頭に運んだ・・・この沖縄向けは晴海埠頭だったかな?青海の埠頭にも運んだ様な記憶が・・・

この沖縄向けの米は、我が在所の自治体が1970年代終わりから続けていたことで、沖縄が本土復帰した後、沖縄の振興政策として沖縄で「博覧会」が開催され、と同時に日本の主だった企業が沖縄のリゾート開発に動き・・余談であるが、当時沖縄に建設された日本航空ホテル、全日空ホテルのテレビCMは凄かった・・・その効果で本州から多くの観光客が行く様になり、その観光客たちに出す「米」がなかったからである。

ある話によれば、近くは九州はもとより、関西近畿、北陸あたりの米どころに「米を譲っていただけませんか」と沖縄が打診したところ、けんもほろろだったと言う。そこで、当時はあまり有名な米ではなかったが、当時の我が在所の自治体の首長や当時の農協(JA)が聞きつけ?相談され?、米穀の販路拡大、と言うことがあったにせよ。お困りでしたら・・とだいぶ融通したことが始まりなのだと言う。

そして、沖縄ではその様な米を観光客に提供し、沖縄の米は美味い、となって行ったと言う。

これが、震災まで続いた。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗事しか言えない方々・・・

立憲はいつから、売れない三流以下芸人の「ひいき」「旦那」「パトロン」になったんだ???

comment iconコメント

comment avater

相模

ぼ~っとするな!

>沖縄から遠く離れた雪国なんぞに暮らしていると、沖縄ちゃ物凄く豊かで近代的な暮らしをできるところなんだ、と思えるんだよね。

我が家の本来の田舎は山形県。江戸時代までは土壁に草を埋めて、飢饉のときには泥を崩して草を食べたと言われる地方です。先祖の中には古文書を見ると飢饉で餓死者もいます。その中から上杉鷹山が出て、倹約と殖産から立ち直ろうとした。

沖縄に旅行に行きましたが、沖縄は恵まれた土地です。飢えることもない。今の人々は安寧です。「戦争の犠牲だ!」を言い訳にしているけれど、実際はたるんだ県民性です。自立心が見えない。

私の友人の父親は岩手県から兵隊に行き、沖縄戦で戦死しました。東北人が沖縄で死んでいるのです。

昔の事は自分らはカンケイナイと、彼らはたるみの中で政治闘争に熱中する。それよりも前に、自力で殖産振興に励めと言いたくなります。
南方系は政治思想がどうのと言いながら、「ぼ~っと生きている」んとちゃいますか?

2018/10/02 11:09

comment avater

裏の桜

Re: ぼ~っとするな!

相模さん、こんにちは。

> >沖縄から遠く離れた雪国なんぞに暮らしていると、沖縄ちゃ物凄く豊かで近代的な暮らしをできるところなんだ、と思えるんだよね。
>
> 我が家の本来の田舎は山形県。江戸時代までは土壁に草を埋めて、飢饉のときには泥を崩して草を食べたと言われる地方です。先祖の中には古文書を見ると飢饉で餓死者もいます。その中から上杉鷹山が出て、倹約と殖産から立ち直ろうとした。
>
> 沖縄に旅行に行きましたが、沖縄は恵まれた土地です。飢えることもない。今の人々は安寧です。「戦争の犠牲だ!」を言い訳にしているけれど、実際はたるんだ県民性です。自立心が見えない。
>
> 私の友人の父親は岩手県から兵隊に行き、沖縄戦で戦死しました。東北人が沖縄で死んでいるのです。
>
> 昔の事は自分らはカンケイナイと、彼らはたるみの中で政治闘争に熱中する。それよりも前に、自力で殖産振興に励めと言いたくなります。
> 南方系は政治思想がどうのと言いながら、「ぼ~っと生きている」んとちゃいますか?


東北というか、震災被災県、原発事故被災県は、実を言うと大変なんですよね。来年度の予算がどうなるのか、これからの話なのでしょうが、すでに復興予算というのが減らされていますし、沖縄の様に手厚い「振興予算」というのが絶えず出ませんからね。

ですから、これからは如何に企業誘致・・すなわち雇用を生み出せるか・・ができるか?当然、観光集客ができるのか?という事に大汗と知恵を絞り出さねばなりません。

これを考えたら、ほんと沖縄は・・この場合は沖縄本島というべきか・・抜きんでて恵まれすぎている、と思いますよ。

2018/10/02 11:51

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4801-c26c52bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)