FC2ブログ

「トリチウムは自然界で有機化」ってなんのこと?
とりあえずまとめました。水素原子とトリチウム原子の同位体交換反応について、具体的データをご存知の方、おられましたら是非補足、ご教示をお願いします。


東京新聞佐藤記者の発言をきっかけに物理的半減期、生物学的半減期、実効半減期を学ぶまとめ
まとめ「「トリチウムは自然界で有機化」ってなんのこと?」https://togetter.com/li/1271199 の関連まとめです。


これらのリンク先を閲覧し、ほんと「溜息」しかでませんよ。

そして、誰に聞いたのか?いや教わったのか?知りませんけど、仮にも新聞社記者(社員)なのでしょうから、科学・化学・・当然、物理の専門家、大学のセンセに話を聞いたはずです。聞いているのはずなのに、この理解力・・・

低学歴で無学な私も、ほんと呆れるしかありません。

この様な知識?しかない方が、新聞社にて新聞記事を手がけ、世のことに関して尤もらしいことを伝える。しかも金銭までとって・・・この様になると、もはや「詐欺」としか言いようがありません。

新聞という媒体を使用した、新聞社あげての「詐欺」としか言いようがありませんよ。

そうではありませんか?

いくらTwitter上の発言で、社を代表するものではありません、と断りを入れていても、あなたたち新聞社はそんなこと関係なく、どこそこの社の、組織の、これが考えだ、と喜び勇んで報じてきたのですから、それを見た普通の方も「これは新聞社の公式・正式なことなんだ」とならない方がおかしいでしょ?

ともかく、中日・東京新聞は「デマしか報じない」挙句「詐欺話まで報じ、多くの新聞購読者と広告出稿している多くの広告主から金銭を騙し取っている」としか言えませんよ。


追記


有機結合型トリチウムという基本概念を知らない人たち - Togetter https://togetter.com/li/1271305  @togetter_jpより

ダメだよ。いくら擁護するというか、有機化合物なんたらを今更Tweetしても・・・あなたは・・


水俣病を経験した私たち日本人にとってみれば、「トリチウムは自然界で有機化するのだから、流してはいけない」となるはずだった。ところが多くの人々が知らないことをいいことに、これから放流しようとしているのだ。
http://tanakayu.blogspot.com/2018/09/blog-post_27.html …

・・・とTweetしたんだ。

要は、水俣病と同じだ、と断言したんだ。

そして、このエントリによもぎねこさんがコメントしてくださった様になことを、かつ言い訳めいたTweetにあるリンク先に記されている様なことは一切述べていない。

現に、あなたの社の社説ではそのことは記されておらず、水俣病が〜、と不安と恐怖を煽ったんだ。



トリチウム水 本当に安心安全なのか       2018年9月20日

 東京電力福島第一原発構内にたまり続ける放射性物質を含んだ大量の水。タンクの設置も限界と、政府は海への放出に前のめり。漁業者は反発を強めている。母なる海は受け止めてくれるだろうか。
 水で薄めて海に放出-。シンプルで、わかりやすい解決法には違いない。でも本当に、それでよいのだろうか。
 メルトダウン(炉心溶融)した原子炉を冷やすなどした汚染水には、多種多様な放射性物質が含まれる。そのほとんどは多核種除去設備(ALPS)で取り除くことができるという。
 ただし、トリチウム(三重水素)は例外だ。性質が水素とそっくりなので、水から分離することができないというのである。ALPSで処理した後も、タンクを造ってため続けているのが現状だ。
 トリチウムは放射線のエネルギーも弱く、生物の体内に入っても蓄積されない、とされている。だから、海に流せばいいと。
 ところが、トリチウムは生物のDNAの中にまで水のごとく入り込み、遺伝子を傷つける恐れがあるとの指摘もある。
 タンクの中に残った放射性物質は、トリチウムだけではない。
 ヨウ素129やルテニウムが実際に検出されている。
 原子力規制委員会は、このような物質も「水で薄めれば基準値以下になり、問題ない」との立場だが、本当にそうなのか。
 思い出すのは、「公害の原点」といわれる水俣事件である。
 原因企業による有機水銀の海への垂れ流しを政府が放置し続けたため、深刻な被害が広がった。
 「海水の希釈能力は無限と考えたのは誤りだった」。事件に関係した高名な学者が、後に漏らした苦渋のつぶやきだ。水銀と放射性物質は同列にはできないが、不気味ではないか。
 規制委は「海洋放出は唯一の手段」と言うが、政府側からは、薄めて大気中に放出したり、地下に埋設したりなど、“代替案”も提示されている。ただし、海洋放出よりも手間や費用はかかる。
 このままでは廃炉作業に支障を来すという、東電側の主張はよく分かる。だが言うまでもなく、最も大切な“物差し”は人体への「安全」だ。「海洋放出ありき」は危うくないか。
 放射線の影響は未知なる部分が多い。漁業被害の問題だけにはとどまらない。
 議論はまだ、熟しているとは言い難い。

だから、中日・東京新聞に言いたいのだ。

一ヶ月に渡り、すべての紙面、毎日の朝刊紙面全てを使い、科学的事実を書け、と・・・それを行うこともせずに、これは社の見解ではありませんという言い訳を記したSNS上で、多くの人を愚弄する。平気で多くの人の心を傷つける。

そう、あなたの様な方々が大騒ぎした、人を傷つける言論を、あなた自身が、あなたが所属する新聞は平気で、かつ率先して行なっているのだ。

この姿勢が、態度が、二枚舌が、本当に不快だし許せんのだ。

チンピラ、破落戸売文屋はすっこんでいろ!!

なお、売文屋。次の化合物を知っているか?

DHMO(dihydrogen monoxide=ジヒドロゲンモノオキシド)

この化合物は、ものすごく危険な化合物でありながら、地球上の生命にとって最も重要で最も必要とされる化合物なんだぜ。

売文屋だって、毎日使用しているからわかるよな?


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学教師のものすごい無責任問題。「一宮市教組 公式」はどの様に考えているのでしょうか?

ポリコレは、生まれたときより聖人君子であるべき、を他人に求める

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 トリチウムは水素と全く同じ科学的性質を持ちますから、有機化合物の水素とトリチウムが入れ替わるという事はあり得るのです。

 多分そのことを有機化と言っているのでしょう?

 でもトリチウムは大気中にも大量に存在するので、トリチウムを心配していたら、息もできないし、何も食べられないんですよね。

 このツィートと紹介されたブログを読んでいたら、頭がくらくらしそうです。

 この人たちは高学歴のはずだけれど、高校の物理と化学で何を習ったのか・・・・・。

2018/09/29 13:14

comment avater

よもぎねこ

 後このブログの人は放射性ヨウ素やトリチウムが、メチル水銀のように体内で濃縮されると言っているんですが、それはあり得ません。

 放射性ヨウ素もトリチウムも化学的性質が、放射性のないヨウ素や水素と同じなので、放射性のないヨウ素や水素と同様ドンドン代謝されます。

 原発事故の時にヨウ素剤を服用するというのも、ヨウ素剤で放射性のないヨウ素を取れば、放射性ヨウ素が排出されるからです。

 しかし東京新聞でこのまえ、福島第一原発の排水で水俣病が・・・・とか書いていたのですが、ネタはこのブログだったのでしょうか?

 マトモな科学者なら絶対にかける話じゃないので、オカシイとおもっていたのですが。

2018/09/29 13:33

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  トリチウムは水素と全く同じ科学的性質を持ちますから、有機化合物の水素とトリチウムが入れ替わるという事はあり得るのです。
>
>  多分そのことを有機化と言っているのでしょう?
>
>  でもトリチウムは大気中にも大量に存在するので、トリチウムを心配していたら、息もできないし、何も食べられないんですよね。
>
>  このツィートと紹介されたブログを読んでいたら、頭がくらくらしそうです。
>
>  この人たちは高学歴のはずだけれど、高校の物理と化学で何を習ったのか・・・・・。

ほんの少し事実をまぶし尤もらしいことを言って、専門家でもない普通の方を誑かす、騙すのが「詐欺師」ですからね。ですから、「そうなんだ」と普通の方は信じてしまう。そういえば「そうなんだ」と冠にしたテレビ番組がありましたね・・・

しかし、事故が起きてから7年が経過したわけで、専門家でなくても原発や放射線、放射性物質に関して興味を覚えれば、学ぶ時間がたっぷりあったはずです。もっと言えば、中学や高校で教わる「基礎理科」「基礎物理」の教科書を読み返す時間がたっぷりあったわけですが、その様なことを行なった節もなく、ただひたすらに「不安だ」だけを世に撒き散らす。ほんと悪辣です。

2018/09/29 13:43

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

>  後このブログの人は放射性ヨウ素やトリチウムが、メチル水銀のように体内で濃縮されると言っているんですが、それはあり得ません。
>
>  放射性ヨウ素もトリチウムも化学的性質が、放射性のないヨウ素や水素と同じなので、放射性のないヨウ素や水素と同様ドンドン代謝されます。
>
>  原発事故の時にヨウ素剤を服用するというのも、ヨウ素剤で放射性のないヨウ素を取れば、放射性ヨウ素が排出されるからです。
>
>  しかし東京新聞でこのまえ、福島第一原発の排水で水俣病が・・・・とか書いていたのですが、ネタはこのブログだったのでしょうか?
>
>  マトモな科学者なら絶対にかける話じゃないので、オカシイとおもっていたのですが。

ご指摘の通りで、中日・東京新聞の「トリチウムが〜、水俣病が〜」という社説は、自称「環境問題専門家」という方々からでしょうね。だから、中日・東京新聞社社員(記者)がTweetしているわけです。

もっと言えば、まともな研究者や専門家たちは、中日・東京新聞社社員(記者)からの取材を受けたがらない、とも言えるかもしれません。だって、言質を取られたり、発言内容が加工されてしまい、知らぬ間に「詐欺」の片棒を担ぐ形になってしまいますし、デタラメを報じた新聞社やテレビ放送局から責任転嫁されてお終いですからね。

2018/09/29 13:49

comment avater

Dobon

素朴な感想

素朴な感想です。
なぜマスコミは三重水素という正式な日本名を使わず、トリチウムという中途半端なカタカナ表記をするのでしょうか?
(国際的な正式名が~という理屈なら、水をoxidaneと表記しないといけないのですが、そんな記述は見たことないです。)
三重水素って字面を見れば、水素の同位体=化学的性質は水素と同じって一発で判るから?

ほんと~に、騙す気しかないのですねぇ

2018/09/30 11:01

comment avater

裏の桜

Re: 素朴な感想

Dobonさん、こんにちは。

> 素朴な感想です。
> なぜマスコミは三重水素という正式な日本名を使わず、トリチウムという中途半端なカタカナ表記をするのでしょうか?
> (国際的な正式名が~という理屈なら、水をoxidaneと表記しないといけないのですが、そんな記述は見たことないです。)
> 三重水素って字面を見れば、水素の同位体=化学的性質は水素と同じって一発で判るから?
>
> ほんと~に、騙す気しかないのですねぇ

あ・ほ記者たちを庇う気はありませんが、記者たちは言われる様なことはしません。記者達自身が全く理解できないのですから、皆が使用している「トリチウム」という言葉を使ったにすぎないと思いますよ。要は「最新のトレンド」とか「流行り物」に記者たちも便乗している、ということですね。

ただね、新聞社社員たちが考える「この様であるべき」「この様なことでなくてはならない」という結論?物語?が、中日・東京新聞社社員や朝日新聞の社員たちにはあるんですね。これはテレビ放送局の社員・職員たちも同じでしょう。

その自分たちが考える結論や物語を完成させるために、科学的、客観的事実を無視し、自称専門家とか、科学の仮説にもなっていない「与太話」を見つけ出し、「これが本当だ」とやってしまうのですね。

2018/09/30 12:05

comment avater

Dobon

re:

裏の桜さま、御晩です。

>その自分たちが考える結論や物語を完成させるために
ニセ科学(疑似科学)のトンデモ本と一緒ですね。
今時、ちょっとググれば直ぐバレるのに。

そういえば新聞には結構な頻度で「リテラシーが~」とか載っていますが、書いてる当人の水準が低かったのですね。
※定期的に永久機関の記事が載るのを見ると、本気で低そうです……

2018/10/01 00:26

comment avater

裏の桜

Re: re:

Dobonさん、こんにちは。

> 裏の桜さま、御晩です。
>
> >その自分たちが考える結論や物語を完成させるために
> ニセ科学(疑似科学)のトンデモ本と一緒ですね。
> 今時、ちょっとググれば直ぐバレるのに。
>
> そういえば新聞には結構な頻度で「リテラシーが~」とか載っていますが、書いてる当人の水準が低かったのですね。
> ※定期的に永久機関の記事が載るのを見ると、本気で低そうです……

マスゴミ等で騒ぎになる「歴史問題」というのを見れば、ご指摘の様なことは明らかではありませんか?

特に「従軍慰安婦」なる話は、完全に既存マスゴミ人士達が考える結論、物語ありきの報道ばかりだったでしょ?

2018/10/01 10:01

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4796-1805d807

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)