FC2ブログ

93年に自民党が下野した時に、さっさと自民党を離党して新進党の結党に参加した石破氏。その後、自民党に戻ってきてからも、汗をかかず、マスコミ相手にパフォーマンスばかりくり返してきた石破氏には、「肝心な時に人を裏切る男」との評価が定着している。

第一次安倍政権でも、麻生政権でも、政権が窮地に陥った時、必ず「退陣しなければ党が崩壊する」と声をあげて政権の足を引っ張ったのは、石破氏だった。

そのやり方は、本来の持論である9条改正案ですら、封印してしまう姑息さにもつながっている。自民党では、「汗をかかず」「肝心な時に人を裏切る人間」が、総理・総裁になることは決してない。なぜなら、自民党内の論理は、これが「すべて」だからだ。

【石破茂の「厳しい現実」と安倍晋三の「最終戦争」】より


詳しくはリンク先で・・・


私もそう思う。

一度自民党を出ているのである。そんな方がまた自民に戻ってきた。となると、誰よりも汗をかく、自らドブ水を啜って、ということをせねば、裏切った、裏切ったことで信用をなくした、という汚名?は濯げまい。

ましてや、今現在の自民党の総裁といえば、内閣総理大臣を指す。石破氏の様な経歴?の人物に内閣総理大臣を任せようなんて、人間の情としてありえないであろう。

それを覚悟、承知して、石破氏は自民党で働くべきだったんだが、何を勘違いしたか総裁・内閣総理大臣を目指した。


なお、現外務大臣の河野太郎氏のお父上、河野洋平氏も一度自民を離党し違う政党を立ち上げ、そこに所属していたが、また自民に戻ってきた。戻ってきて確かに、自民党総裁にはなったが、内閣総理大臣にはなれなかった。

これも確かに、河野洋平氏が自民党総裁になった頃は、自民党が、まさしく自民党結党以来初めて「下野した」「野党になった」時代であったが、仮に河野洋平氏が総理になるかも、という事になれば自民党内では猛反発、絶対阻止があがったと思う。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の方は、報道機関からなぶりこ〇しにされるぞ

太陽の熱は何故、地球上で温かいと感じるのですかね?

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4789-5a3c2c5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)