FC2ブログ

誰もがご存知の様に、太陽は地球よりも巨大な恒星です。そして地球から太陽までの距離は、おおよそ1億5000万キロ。

その様なことを考えれば、確かに太陽が放つ熱は地球にいても「熱い」「温かい」と感じ、地球を程よく温めてくれるのでしょう。

しかしね〜・・・宇宙空間は「真空状態」なんですよね。真空状態の空間では熱が伝わらない、伝わりにくい、と科学や理科では教えているはず。

まあ、基礎理科とか基礎物理等々を学び、その記憶がある方ならば、その何故が分かるはずだし答えられるでしょう。

何故、この様なことを記しているかといえば、学校で教わっていることを忘れ?理解出来ず?いや無かったことにして、ホウシャノウガ〜、と未だに騒いでいる方が多いからです。


その様な方々に対し、小学高学年・中学の「理科」の教科書を今一度読み返すことをお勧めしますよ、と言いたいですね。いや、小学高学年・中学の「理科」の教科書に記されていることを理解できるかな?

特に、新聞記者とかテレビ報道記者と称している高学歴の方々は、小学高学年・中学の「理科」の教科書に記されていることを理解出来ますかね?


おまけ


新聞社と新聞記者は、この世で一番

無責任な稼業と言われ

江戸の瓦版、読売時代より調子よく

庶民の人心煽ってラクするスタイル

記者が取材に出ても

取材対象の話そっちのけで、自身の自説を披瀝しているだけ

それでも編集長や社説を書く立場、社長にもなった

新聞社社員で大事なことは

タイミングにC調に無責任

とかく新聞テレビは無責任

こつこつやる奴はごくろうさん・・・(°▽°)


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度、党を出ているからね〜・・・厳しいのだよね

思わず、( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ してしまう動画

comment iconコメント

comment avater

Kamosuke

メディアの「理科」知識

裏の桜さんはよくご存じだと思いますが、テレビや新聞の人って、小中学校の「理科」の素養を失ったか、もともと無い人が大勢いますもんね。実際に話をしてみると、びっくりさせられることが多い。

いや、「理科」とも呼べないような常識が無いものだから、「電気がなければ薪ストーブ」などと軽々と発言しちゃうし、洪水になると毎度のようにダムの管理者の責任を問うような記事を紙上に載せちゃったりする。そんな彼らにとっては、放射線なんて幽霊と同じようなものなのかもしれません。

もっとも、専門家と称する人たちにも、嘘を平気で言う人がいますからね。新潟か東北の地震で新幹線が脱線したとき、テレビに出ていた物理学者さんが、「地震で脱線したのは車両が軽量化されたからだ」というようなことを言っていました。隣接分野を知らない学者が多いことはうすうす感じていましたが、「専門分野でもこれかあ・・・」と、唖然としました。肩書きは本当に当てにならないと思ったものです。

2018/09/24 15:42

comment avater

裏の桜

Re: メディアの「理科」知識

kamosukeさん、こんにちは。

> 裏の桜さんはよくご存じだと思いますが、テレビや新聞の人って、小中学校の「理科」の素養を失ったか、もともと無い人が大勢いますもんね。実際に話をしてみると、びっくりさせられることが多い。
>
> いや、「理科」とも呼べないような常識が無いものだから、「電気がなければ薪ストーブ」などと軽々と発言しちゃうし、洪水になると毎度のようにダムの管理者の責任を問うような記事を紙上に載せちゃったりする。そんな彼らにとっては、放射線なんて幽霊と同じようなものなのかもしれません。
>
> もっとも、専門家と称する人たちにも、嘘を平気で言う人がいますからね。新潟か東北の地震で新幹線が脱線したとき、テレビに出ていた物理学者さんが、「地震で脱線したのは車両が軽量化されたからだ」というようなことを言っていました。隣接分野を知らない学者が多いことはうすうす感じていましたが、「専門分野でもこれかあ・・・」と、唖然としました。肩書きは本当に当てにならないと思ったものです。


まあ、おもちゃメーカーのお人形の名をパクっている自称精神科医もいますから・・・というか、本当の専門家、専門職、そして研究者というのは、自分たちの仕事が忙しくて、テレビなんぞに出演し無責任な話をする時間なんぞありませんよ。仮にするならば、当方の指定する日時に取材してくれ、そして取材したことは省略・割愛することなく放送してくれ、となるはずです。これは新聞も同じでしょう。新聞全面にそのことを書くならなば・・・となるでしょうね。

これが、イグ・ノーベル賞の様な賞を受賞する研究ならば話は別ですが・・・

だから、先日話題となった「池上忖度」というテレビ番組制作方法になるのですね。しかもこの「池上忖度番組」は、あくまでも「娯楽・バラエティー番組」カテゴリーですから、嘘ばかりとは言いませんが、過大な表現、紛らわしい表現をある程度まで許されるのです。まあこれは、夜9時から夜11時に各局放送している、報道とかニュースと称しているテレビ番組も同じ。連中は、悪辣なんですよ。

2018/09/24 20:54

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4788-4a9f0bfb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)