FC2ブログ


この動画は、2015年時のモノ。

で、次の動画は「小学生」を対象にした措置らしい。



確かに、小学生と高校生とでは・・・しかも激しい練習等で体を鍛えている等々のことがあるにせよ、違いがあるであろう。

しかし、連日の様に新聞テレビは「猛暑から命を守りましょう」と報じている訳で、朝日新聞主催の夏の高校野球全国大会だけは「例外」というわけにはいかないのではなかろうか?


で、この猛暑に関して、というか、昔経験したことを・・・

その昔自衛官であった頃に、ちょうどこの時期であったろうか?北海道の矢臼別演習場にて演習を行った時に、一時「演習中止」という「命」が出た。まあ演習を中止ということじゃなく、演習の「状況」「演習時に行う想定行動」というのを一時的に中止したことがある。

何故か?

あまりにも暑すぎて、普通科・・歩兵だね・・の隊員たちが具合が悪くなったためである。普通科は、クソ重い完全装備で徒歩移動が基本だからね。

まあ、これが実戦となれば、中止なんぞ絶対にないのだが・・・

そして、北海道が涼しいなんぞ嘘だ、とあの暑さを経験してから思っている。

まあ、今回のワールドカップ・ロシア大会でも、クソ寒いという印象のロシアは、夏がクソ暑いことを我々は改めて知ったわけだが・・

再度記すが、毎日の様に身体をいじめ、鍛えている屈強な若者たちもぶっ倒れることになるのが「暑さ」という奴なのである。その様な暑さの中で、スポーツの試合を日中にさせるちゃ・・・朝日新聞、強いては既存の新聞テレビ全般が何かと言う所の、人権とか、に関わる話じゃなかろうか?

もう少し付け加えると、真夏日という気温になると自衛隊の駐屯地等では「緑十字」の旗を掲げ、屋外での作業、運動を中止させていた。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この高校生学習教材、一部に誤りがあるんじゃね?

醜い!!

comment iconコメント

comment avater

相模

IOC, JOCは頭がつっているぞ

>暑さで足がつっているぞ・・甲子園大会

選手もそうならスタンドの観客もたまらない。熱中症で倒れるでしょう。

それにしても東京オリンピックは酷暑での開催、選手に配慮して競技時間を調整するが、沿道や競技場の観客はおそらく倒れるでしょう。季節の穏やかな時期にやればいいものを、米国の放映権の金を貰っているから、米国のスポーツイベントの時期を考慮して開催国の意思が考慮されない。これがスポーツの祭典だって。

2018/07/23 06:51

comment avater

裏の桜

Re: IOC, JOCは頭がつっているぞ

相模さん、こんにちは。

> >暑さで足がつっているぞ・・甲子園大会
>
> 選手もそうならスタンドの観客もたまらない。熱中症で倒れるでしょう。
>
> それにしても東京オリンピックは酷暑での開催、選手に配慮して競技時間を調整するが、沿道や競技場の観客はおそらく倒れるでしょう。季節の穏やかな時期にやればいいものを、米国の放映権の金を貰っているから、米国のスポーツイベントの時期を考慮して開催国の意思が考慮されない。これがスポーツの祭典だって。


季節的時期もそうですが、競技が行われる時間帯もですね。

米国の、いわゆる「ゴールデンタイム」「プライムタイム」と呼ばれる、米国で最も視聴率が稼げるであろう時間帯に合わせ、競技開始日、開始時刻を決めている様ですね。

そう言えば、2006年に開催されたワールドカップ・ドイツ大会での日本戦ですが、日本のテレビ放送局がその試合開始時刻を決めたそうで、クソ暑い最中での試合になったとか・・・

2018/07/23 09:24

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4716-9cea1d3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)