FC2ブログ

ドイツ、クロースのロスタイム弾でスウェーデンに逆転勝利


この試合、テレビで観ていたが・・・

「まるで、今現在のドイツという国の現状を表している」と試合を見ていて思ってしまった。

まあ、ランキングという事からすれば、そのランキングが世界1位となっていても、いづれ1位というランキングから落ちることになる。対戦相手だって、W杯で勝てる様に、世界ランキングを上げるために、計画し努力をしてくるのだから・・それが今回よくでたのが「アイスランド」と言われている。

で、ドイツとスウェーデンの試合の前に行われた、メキシコ・韓国戦は・・・

ランキングの違い、格の違い以前であった。

私見であるが、韓国は「ラフプレーを常識としているチーム」と大会審判団はもちろん、世界中にはあるようで、韓国選手のプレーを厳しく試合審判は見ていて、韓国選手のファウルを見逃さない試合審判の姿勢であった様に見えた。

まあ自業自得、と言ってしまえばそれまでなのだが・・・




キッキング

プレイ中に相手のボールを奪おうとて足を出しに

行ったところに、たまたま相手の足が来て

ぶつっかってしまうことは試合の中で何度かあるが、

ボールではなく相手を蹴って(蹴ろうと)しまうなど

キッキングを故意に行うと即レッドカードで、

いきなり退場ということもありうるかなり悪質なファウル。


キッキングを犯した場合、相手チームに直接フリーキックを

与えることになる。



・・韓国は、この悪質な反則行為を転倒した相手チームの選手に対し行うことが、他の国のチームより異様に?断然?多いのだよ。

なおさ、韓国の悪質な反則行為を、何故か日本のテレビ放送局は・・これは日本の既存マスゴミ全般か?・・・「指摘しない」のだねぇ〜・・・


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞の役割・・・大昔に自ら終わらしていなかったか?

W杯で世界に広がりつつある最新トレンド・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4690-6ecce186

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)