『チーム★アメリカ/ワールドポリス』(Team America: World Police)は、2004年に公開された、『サウスパーク』を製作したトレイ・パーカーとマット・ストーンによるマリオネットを使った政治風刺映画である。

国際警察「チームアメリカ」の過激な活躍を描く。精巧に作られたセットを背景に、温かみのある糸操り人形を用いながらも、人形同士のセックスシーン、徹底したスカトロジー表現、ブラックなギャグ、パロディを満載し、著名なリベラル系のハリウッド映画人から政界人、アメリカのテロ戦争など、ありとあらゆる人物を笑い飛ばした問題作である。人形の首がもげるなどの残酷描写が多かったことでも有名。R-18指定作品。





昨日の・・というより、昨日行われた「米朝首脳会談」と、その会談までの経緯というのは、この「人形劇映画でありながら、R-18指定」となった映画の内容そのものじゃね?・・と思ってしまう。

というかね、シャレとか「お遊び」「パロディ」というのは、ここまでやらないとね。ところが昨今、何でもかんでも「差別だ」「ヘイトだ」ということで言論・表現を萎縮させている。

とはいえ、トランプ大統領や安倍総理を「とことんコケにする」という風刺だけは、日本人・国民を「とことんコケにする」という風刺だけは、なぜか「スンバラシイ」と許され、正義になっている。変な世の中だこと・・・


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界は、危険運転が溢れている・・・

米国は米国車を・・しかし・・

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、あの金正恩のキャラは人形劇か子供アニメの独裁者その物で、後にあれをノンフィクションの歴史ドラマで再現しようとしても、あの容貌の俳優に、「ホテル代寄こすニダ!!」と言わせたら、視聴者から「コメディじゃないだろう?」と言う不評続出でしょう?

2018/06/14 09:06

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

>  ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、あの金正恩のキャラは人形劇か子供アニメの独裁者その物で、後にあれをノンフィクションの歴史ドラマで再現しようとしても、あの容貌の俳優に、「ホテル代寄こすニダ!!」と言わせたら、視聴者から「コメディじゃないだろう?」と言う不評続出でしょう?

よもぎねこさん、北朝鮮は存在そのものが「ファンタジー」「架空」を地で行っているんですから、北朝鮮に関しての人形劇や子供向けアニメ、パロディを作っても、北朝鮮そのものには敵いませんよ。

2018/06/14 14:30

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4680-6a51b0da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)