(´-`).。oO(若者に人気バンドの歌詞が愛国的で叩かれる、なんて外国人からしたら日本は奇妙な国だろうな。もちろん戦争は二度とあってはならないけれど、いちいち誰かの表現を検閲したり抑圧する今の時代の空気こそ、戦争直前の日本と重なるよ…



20年前は、鳥肌実に本気で怒る人なんていなかったし、街中で右翼の街宣車を見かけても、変わった人をウォッチするような、のんきな空気があった。なんなんだろう、今の息苦しさ、余裕のなさは。
https://twitter.com/6d745/status/1006156463369281536


すごい話ですね。

これじゃ、日本国民が有している権利「言論と表現の自由」が萎縮してしまうのもうなづけますね。

というか、鳥肌実的な方が出てきたときには「シャレ」「おふざけ」という余裕の感覚が、引用Tweetが指摘している様に、日本にはまだあったのでしょう。しかし、ネットの普及でその「余裕」「おふざけ」という感覚がなくなった。

何故か?

ネットの普及で、既存大マスゴミの「嘘」が暴かれたからですね。

もっと言えば、ネットの普及で既存マスゴミや、既存マスゴミが重宝する「知識人」「文化人」「コメンテーター」と称する方々にこそ、余裕というものがなくなったので、日本での「愛国はダメ」とか、いわゆる「反差別」という、新たな「悪徳利権」を作り出し、名もなき普通の国民の耳目を、口を、塞ごうと必死なのでしょうね。

そして、今まで散々「言論の自由だ」「表現の自由だ」と大騒ぎしていた側が、言論表現を検閲し封殺・弾圧する形になっているのですから、喜劇ですね。


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国は米国車を・・しかし・・

陛下は国民とともにある、と素直に思ったよ

comment iconコメント

comment avater

相模

平和とは腑抜けな国民をつくること

>若者に人気バンドの歌詞が愛国的で叩かれる、なんて外国人からしたら日本は奇妙な国だろうな。もちろん戦争は二度とあってはならないけれど

マスコミ、識者は戦後70数年たって未だに「日本の戦争が・・」と言いたい病気が治りません。

枕詞はそれしかないのですかね?戦争を知らない世代が圧倒的に多い状況なのに。私のような発言は「戦争の元凶」とされる変な世相。

過日、新幹線車内で狂人が3人を襲って1人を殺害。あのとき大の男は誰も加勢に行きませんでした。見殺しにした。テレビのコメントは、怖いですね、子供がいるのに、だけでした。彼らに怒りがない。

そんな腑抜けな時代に何が戦争が!ですか。戦争の話を避けるから腑抜けな国民が出来たのです。私は怒りまくっています。

2018/06/14 16:52

comment avater

裏の桜

Re: 平和とは腑抜けな国民をつくること

相模さん、こんにちは。

> >若者に人気バンドの歌詞が愛国的で叩かれる、なんて外国人からしたら日本は奇妙な国だろうな。もちろん戦争は二度とあってはならないけれど
>
> マスコミ、識者は戦後70数年たって未だに「日本の戦争が・・」と言いたい病気が治りません。
>
> 枕詞はそれしかないのですかね?戦争を知らない世代が圧倒的に多い状況なのに。私のような発言は「戦争の元凶」とされる変な世相。
>
> 過日、新幹線車内で狂人が3人を襲って1人を殺害。あのとき大の男は誰も加勢に行きませんでした。見殺しにした。テレビのコメントは、怖いですね、子供がいるのに、だけでした。彼らに怒りがない。
>
> そんな腑抜けな時代に何が戦争が!ですか。戦争の話を避けるから腑抜けな国民が出来たのです。私は怒りまくっています。


マスゴミやマスゴミが重宝する識者は、「日本の戦争が・・」と今も言っている様で、実は「日本国民・日本人が、日本が好きだ、自分の生まれ育った国が好きだ、という事はけしからん」と言っているんですよね。

だから、未だに「日本の戦争が・・」と騒ぎ、贖罪意識を植え付けようとしているんですよね。

その証拠的なのが、ご指摘の「新幹線車内での惨劇」なのだろうと思いますね。

2018/06/15 09:20

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4678-cc2ede24

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)