FC2ブログ

明日攻められらどうする!というネトウヨ的質問には「答えない」が正解。なぜなら戦争に至るまで友好関係から軍事衝突まで段階がありその為の外交、政治。経緯も根拠も無視し明日攻めて来るなど前提のおかしい質問は答える必要なし。戦争は地震、天災と違う、あくまでも人が起こすべくして起こす人災
https://twitter.com/YUIKA322/status/950271031549116417


面白いな〜・・・

いや、この様な考えこそ「歴史に学べない」「鑑みる・省みる、ということができない」というべきであろうか?

そうではなかろうか?

この手のタイプというか、思考を好んでする方は、かつての戦争での「ドイツ・ナチス」のこともよく出すのであるが、そのナチスに対し当時の欧州は「寛容・宥和」で挑んだ・・当時のドイツに駐在していた「大使館」等からの情報が「危機的」「戦争になるであろう」ということをもたらしていても・・・

そして、それこそ「突然」に「戦争が始まった」のである。

あの戦争での、我が国日本の良し悪し、当然ナチス・ドイツの良し悪しは別にしても、戦後はあの時の「過ち」を学んだはずなのだが、時代が下がるにしたがい、そのことすらも「なかったこと」にしてしまう方々が多いことに驚く。しかも、「歴史に学べ」「歴史修正主義だ」と大騒ぎする、高学歴で非常に意識の高い方々に多いことに驚く。


なおWikiに記されている「宥和政策」には・・・

1938年、ヒトラーがチェコスロバキアの要衝ズデーテン地方を要求したことを受け、イギリス・フランス・ドイツ・イタリア4カ国の首脳会議がミュンヘンで行われた(ミュンヘン会談)。イギリスのチェンバレン首相は、平和主義のためと、戦争準備の不足からドイツの要求をのんだ。なお、チェコスロバキアの代表は、会議に参加することも意見を提出することも認められなかった。

・・・と記されている。


時間稼ぎ、戦争準備が整うまで・・・外交いうか、交渉ごとというか、その様な駆け引きは重要。その駆け引きの中で、我々に手を出したら「そちらも相当痛い目にあう」ということを示すことができ、戦争回避に繋がるのならそれは良いことである。しかし、その準備を「疎か」または、へんてこりんな連中の言うことを真に受け、話し合いだけで「解決できる」なんて思っていたら、それこそ「多くの命が無闇に失われる」だけなのである。


追記として記すが・・・・


日本の場合、「他者の肌の色や身体的特徴をネタにしてはいけない」という価値観が共有されてない(これはテレビの悪影響も大きい)ので、「差別の意図はなかった」ということが強調される。ポリコレの問題というより日本が「ポリコレ以前の社会」だから論争になるということがよくわかる一件だったな。
https://twitter.com/tsuda/status/950344724505804801


言っている意味が全くわからない。

それを無理矢理理解してみると・・いわゆる「ポリコレ」は「絶対の正義、神からのご宣託であるから、絶対に逆らってはダメ、日本はそれすらも理解できない未開の地である」ということかね?

津田さん?


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巧い!!ヤマダく〜ん座布団一枚!!

「海外でわ〜」他人の不幸を嘲笑するのが「笑いのツボ」か?

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

この人の言い分を交通事故に置きかえて考えたらどうでしょうか?

交通事故は天災ではありません。

交通事故は運転や車の整備の失敗で起きるのです。

それでは「明日事故が起きるかもしれない」と言う危機感を持って事故対応を考える事はナンセンスでしょうか?

蓮見氏はきっと自動車保険を勧誘されたら「そんな運転技術に絶望した人間と議論はしたくない。」と言って加入を拒否するのでしょうね。

戦争が政治の失敗であることにはワタシも同意します。

しかし哀しいけれど人間は失敗をする生き物なのです。

だから人間は何かを作る時は、それを使う人間が失敗する事も想定して対策を考えるのです。

これは国家も同じです。

人類史上どんなに有能な政治家でも、全てを見通して対応する事はできませんでした。

イヤ、有能な政治家と言われる人達は、むしろ常に予測不能の事態が起きる事を想定してその対策を取っていたのです。

だから失敗した時のダメージを最小限に抑えて再起する事ができたのです。

残念だけれど人間には全てを見通し予測して正しく対応する事など不可能なのです。

普通の人間ならそう思って生きているのでは?

どうもこの手の人間にとって政治家は全知全能の神のようですね。

2018/01/09 12:14

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

> この人の言い分を交通事故に置きかえて考えたらどうでしょうか?
>
> 交通事故は天災ではありません。
>
> 交通事故は運転や車の整備の失敗で起きるのです。
>
> それでは「明日事故が起きるかもしれない」と言う危機感を持って事故対応を考える事はナンセンスでしょうか?
>
> 蓮見氏はきっと自動車保険を勧誘されたら「そんな運転技術に絶望した人間と議論はしたくない。」と言って加入を拒否するのでしょうね。
>
> 戦争が政治の失敗であることにはワタシも同意します。
>
> しかし哀しいけれど人間は失敗をする生き物なのです。
>
> だから人間は何かを作る時は、それを使う人間が失敗する事も想定して対策を考えるのです。
>
> これは国家も同じです。
>
> 人類史上どんなに有能な政治家でも、全てを見通して対応する事はできませんでした。
>
> イヤ、有能な政治家と言われる人達は、むしろ常に予測不能の事態が起きる事を想定してその対策を取っていたのです。
>
> だから失敗した時のダメージを最小限に抑えて再起する事ができたのです。
>
> 残念だけれど人間には全てを見通し予測して正しく対応する事など不可能なのです。
>
> 普通の人間ならそう思って生きているのでは?


ご指摘の様に人間は失敗するものですし、その失敗こそ教訓にできるかなのでしょう。この点を蓮見氏をはじめとしたへんてこりん達は五月蝿く主張していたはずです。

しかし実際は、この手の連中こそが「失敗を許さない」という非常に不寛容な立場。そして答えに窮すると、答えないか、これは絶対の正義だ、神からのご宣託だ、と古代人・中世の時代に生きた人たちと同じ様なことを繰り返すだけ。

この様なことが、へんてこりん界隈だけで済んでいるのなら構いませんが、世界中に同じ様な「ア」「ホ」が居て、その様な連中が連携し「現実逃避」という「カルト宗教」を布教しているから始末に負えないのでしょうね。


> どうもこの手の人間にとって政治家は全知全能の神のようですね。

以前記しましたが、この手の連中にとっての「政治」「政治家」とは、どこか別の世界に存在し、その別の世界から神のごとく振る舞う存在、とマジに考え信じているのでしょうね。

2018/01/09 12:57

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4491-a41cdfa8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)