改選前 改選後
自民  284  283

公明  34   29

希望  57   49

共産  21   12

立民  15   54

維新  14   10

社民   2    1

こころ 0    0

大地   0    0

幸福   0    0

支なし 0    0  

諸派   0   0

無所属  38  23



残り4議席

23日 AM 06:30更新時


これ、NHKの開票速報(web)からなのだが・・・


今回の総選挙の詳細な分析というのは、専門家やその様なことが大好きな方に任せるが、中々面白い、と思う。


参考・・・

衆院選小選挙区の投票率は、共同通信の23日午前4時現在の推計で53・61%となった。戦後最低だった前回2014年衆院選(小選挙区52・66%、比例代表52・65%)から1ポイント程度上回る可能性があるが、戦後2番目に低い水準となる見通しだ。

【投票率戦後2番目の低さか 推計で53・61% 最高は山形県】より
http://www.sankei.com/politics/news/171023/plt1710230194-n1.html


さて、話が変わるが・・・

このブログを記している時点、我が在所も台風の直撃を受けている様である。未明から「気象警報」が出っ放しで、「避難勧告」や「避難準備指示」が出ているところもある。

しかし私は、この台風が過ぎ去った後に急激に気温が下がることを懸念している。気象予報では北海道は湿った雪が降り、しかも「大雪」になると予報されている。我が在所は雪が降ることはないが、この寒暖の差は堪えると思う。



スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホント、この巨額な税金の行方はどうなるのだろう???

既存の報道機関こそ民衆の敵かも

comment iconコメント

comment avater

相模

私は今回の選挙は面白かった。という表現は相応しくなく安倍さんが心配だった。私の投票基準は安倍さんの外交にあったのですが、昔から外交は票にならないと言われています。今回も北朝鮮問題がありながらマスコミの主眼はそこになかった。

マスコミが注目したのは小池さんと希望の党の動向、民進党の分裂による枝野フィーバー、安倍さんがモリカケ問題を隠蔽したという「疑惑」。

今朝はスタンド買いで東京新聞を求めたのですが、一面に「自民が単独過半数」と大見出しのあとに、「国民の声を聞け 森友・加計消えぬ疑問」(論説主幹 深田実)と使い古した雑巾のような記事が出ていました。

モリカケは以前から作られた筋書きと思っていたら新刊本「森友・加計事件」(朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川栄太郎著)では何でもない話が国家事件になるフェイク。小川さんの話と朝日や他のマスコミの話では小川さんが事実を述べていると思います。

そんなこんなで選挙の結果は良かった。しかしこれは野党分裂による敵失ですから自民党には安全運転を願うばかりです。
余談ながら共産党と公明党がダメでした。この二つの政党は党の存在が似ています。共に今回は不発弾で終わりました。

2017/10/23 12:42

comment avater

裏の桜

Re: 相模さん

こんにちは。

> 私は今回の選挙は面白かった。という表現は相応しくなく安倍さんが心配だった。私の投票基準は安倍さんの外交にあったのですが、昔から外交は票にならないと言われています。今回も北朝鮮問題がありながらマスコミの主眼はそこになかった。
>
> マスコミが注目したのは小池さんと希望の党の動向、民進党の分裂による枝野フィーバー、安倍さんがモリカケ問題を隠蔽したという「疑惑」。
>
> 今朝はスタンド買いで東京新聞を求めたのですが、一面に「自民が単独過半数」と大見出しのあとに、「国民の声を聞け 森友・加計消えぬ疑問」(論説主幹 深田実)と使い古した雑巾のような記事が出ていました。
>
> モリカケは以前から作られた筋書きと思っていたら新刊本「森友・加計事件」(朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川栄太郎著)では何でもない話が国家事件になるフェイク。小川さんの話と朝日や他のマスコミの話では小川さんが事実を述べていると思います。
>
> そんなこんなで選挙の結果は良かった。しかしこれは野党分裂による敵失ですから自民党には安全運転を願うばかりです。
> 余談ながら共産党と公明党がダメでした。この二つの政党は党の存在が似ています。共に今回は不発弾で終わりました。

立憲民主党に流れた票をどの様に見るか?ということになるかと思いますが、でも投票率が上がると組織票頼りの「カルト」は、いままで通り、という議席数でしたね。

これからの課題は、日本に有害な「リベラル擬き」「保守擬き」じゃなく、日本にとって有益な「健全なリベラル」「健全な保守」をどの様にして育んでいくか?ということなんだろうと思います。が、欧米の様な二大政党は日本には合わないでしょうね。

2017/10/23 14:44

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4408-033610a4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)