「北朝鮮の人々は自由に恋い焦がれていて、死にものぐるいで求めています。それを覚えていて欲しいのです」

【「北朝鮮で暮らす」というのはどういうことなのか?若者に生の声を聞いたムービーが公開中】より


動画、そしてその動画を紹介しているリンク先の記事を読んで、色々な意味で「衝撃」でした。

我々の様な国というか、体制というか、ともかく「自由と民主主義」を謳歌できる国に暮らす者としては、その自由を得るために行動したら?と動画を見て思うわけです。要は、自国の現体制を倒したら?ということです。

確かに、報道されている北朝鮮の国情を知れば、それは大変なことでしょうし、無理と我々だって思います。しかし、北朝鮮で暮らす方々がやらねば誰がやるというのでしょうか?

そうではありませんか?

北朝鮮というところに関しては、北朝鮮で暮らす方々が望む社会を構築せねばならないのですから・・・

それと・・・最新の映像・撮影技術、照明技術というのは、ある意味「残酷」ですね。化粧で誤魔化す事ができないのですから・・・そりゃ、諸事情があるでしょうから、それを無闇に否定したり、批判したりしませんけど・・・



スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既存の報道機関こそ民衆の敵かも

産経もかよ〜・・・

comment iconコメント

comment avater

よもぎねこ

>北朝鮮の人々は自由に恋い焦がれていて、死にものぐるいで求めています。それを覚えていて欲しいのです

 ワタシも脱北者に着いて書いたモノを結構読みましたが、凄く嘘くさい話しが多くて、全然信用できないんですよね。
 
 民族性だから仕方がないと言えばそれまででしょうが。

2017/10/21 11:42

comment avater

裏の桜

Re: よもぎねこさん

こんにちは。

> >北朝鮮の人々は自由に恋い焦がれていて、死にものぐるいで求めています。それを覚えていて欲しいのです
>
>  ワタシも脱北者に着いて書いたモノを結構読みましたが、凄く嘘くさい話しが多くて、全然信用できないんですよね。
>  
>  民族性だから仕方がないと言えばそれまででしょうが。

先日コメントをいただいた、拙ブログエントリ・・・

http://sakuraura.blog.fc2.com/blog-entry-4393.html


に引用した。【「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」】と同じなんですよね。

2017/10/22 05:04

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4406-a271a46d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)