FC2ブログ



追記

これに対して北朝鮮は22日朝、国営メディアを通じてキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の声明を発表しました。声明では、トランプ大統領の演説について、「おじけづいた犬がさらに騒がしく吠えている」としたうえで、「私を驚かせたり立ち止まらせたりするのではなく、私が選択した道が正しく、最後まで進めなければならない道であることを証明している」として、核・ミサイル開発をさらに推し進めると強調しました。

そして、「わが国をなくすという歴代で最悪の宣戦布告をしてきた以上、われわれも史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に検討する。妄言に対する代価を必ず支払わせる」としてさらなる軍事挑発の可能性を示唆して強く反発しました。

【キム委員長「史上最高の超強硬な対応措置 慎重に検討」】より
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011151621000.html?utm_int=news_contents_news-genre-new_relation_001&nnw_opt=news-genre_a


ということが、昨日【平成29年(2017)9月22日】に報じられましたが、何故北がこれほどまでに「反発」したのかが動画をご覧になって理解できた、と思います。

しかし、何故引用記事の様な「反発」があったのか?ということが、日本の糞マスゴミ報道からわからない様になっている。流石は「マスゴミ」としか言いようがありません。

そうではありませんか?

日本のマスゴミは「強制された」と米国大統領の演説を訳したのですから・・・しかし、訳された字幕を見るまでもなく、動画の演説を聞いていると「slave(スレイブ)」「奴隷」という言葉をはっきりと聞き取れます。

もっと言えば、古代・中世に行われていた「奴隷狩り」を21世紀の現在も、国連加盟国で近代国家と自称している国が、国を挙げて国の政策として未だに行なっている、と米大統領は痛烈に批判したのです。しかも国際社会、国連がそのことを黙認している、と述べたのです。

この様に言われれば、「メンツ」ということにこだわるのならば、大概反発します。




スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

また朝日新聞か・・

人道支援・・・この言葉に幾度騙されたことか・・・

comment iconコメント

comment avater

相模

疑問

私にはよく分からぬ問題が二つあります。

①拉致問題。日本のマスコミは昔から拉致に冷淡だった。小泉訪朝で5人が帰国した暫くまでは3面記事的に拉致問題を報じたが、沈静化すると報じなくなった。その後被害者はもう死んでいるとか、日本だって朝鮮人を強制連行したのだから人の事は言えない、と国会議員やマスコミが言い始めた。なぜなのか?

②マスコミは安倍さんという人が物凄く嫌いらしい。病的だ。何故なんだ? トランプは安倍さんの誕生日を祝っているのに。

①②をトランプさんが取り上げたことはマスコミは許せないのか?

2017/09/24 11:56

comment avater

裏の桜

Re: 疑問

相模さん、こんにちは。

> 私にはよく分からぬ問題が二つあります。
>
> ①拉致問題。日本のマスコミは昔から拉致に冷淡だった。小泉訪朝で5人が帰国した暫くまでは3面記事的に拉致問題を報じたが、沈静化すると報じなくなった。その後被害者はもう死んでいるとか、日本だって朝鮮人を強制連行したのだから人の事は言えない、と国会議員やマスコミが言い始めた。なぜなのか?


ご指摘の「日本だって朝鮮人を強制連行したのだから人の事は言えない」を新聞テレビ等で公言した国会議員は、辻元でしょ?そしてその発言を受けて、「拉致被害者はもう死んでいる」とか著名な自称ジャーナリスト・・田原某だったでしょうか?・・とかが言ったことでしょ?

そしてその様な方々が、その様な発言をする直前に、取材とか議員外交名目で北朝鮮や中国に渡航していますよね?そのことが全てを物語っているでは?しかも始末に負えないことに、この手の連中は未だに発言力が強く、影響力もある。新聞テレビがすぐに取り上げ、大々的に報じてくれますからね。嘘というと言い過ぎかもしれませんが、信憑性のないことでもこの手の連中の発言を、さも本当のことの様に新聞テレビが報じるからでしょうね。


> ②マスコミは安倍さんという人が物凄く嫌いらしい。病的だ。何故なんだ? トランプは安倍さんの誕生日を祝っているのに。
>
> ①②をトランプさんが取り上げたことはマスコミは許せないのか?

規制改革マンセー、構造改革マンセーを掲げていた既存のマスゴミこそ、筋のよくない、タチの悪すぎる利権構造の最大受益者だからですよ。

2017/09/24 12:40

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4379-6aa84ff4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)