知立の講師を懲戒免職 わいせつ起訴、県教委は対策強化へ

 県教委は八日、教え子にわいせつな行為をしたとして、知立市の小学校臨時講師、大田智広(としひろ)被告(30)=強制わいせつ罪で起訴=を懲戒免職とした。大田被告が他県で児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕され、懲戒処分を受けていた経歴を採用時に把握できなかった反省を踏まえ、対策を強化した。

 県教委によると、五月ごろ、自校の女子児童を校内の多目的トイレに連れ込み、わいせつな行為をした。別の男児、女児にもわいせつな行為をしたとされ、被害児童は計五人に上る。

 大田被告は、埼玉県の小学校に勤務していた二〇一三年六月、他人に児童ポルノ写真をメール送信したとして逮捕された。埼玉県教委から停職処分を受け、依願退職。大田被告はその後に改名した。

 一五、一六、一七年に愛知のそれぞれ別の小学校で臨時講師として採用されたが、その際、改名後に更新した教員免許と、逮捕歴を伏せた履歴書を提出。県教委と知立市教委は書類を確認したのみで、懲戒処分を受けた経歴を把握しないまま、採用を決めた。

 県教委は大田被告が強制わいせつ容疑で最初に逮捕された直後の六月初旬、県内の市町村教委に対策強化を通知。履歴書の経歴欄で長期の空白期間があった場合は、その理由を確認するほか、教員免許の更新状況を確かめるよう求めた。

 (今村太郎)

◆大田被告、初公判で起訴内容認める

 知立市立小学校に勤務した当時に、児童にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの罪に問われた元臨時任用講師大田智広被告(30)の初公判が八日、名古屋地裁岡崎支部であった。大田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 被害児童は計五人だが、この日は、このうち二人の被害について審理した。


参考リンク

名の変更届


名前変えたい!改名手続きに必要な理由・条件・費用から戸籍変更まで



参考リンクを参照して見ると、改名の手続きが大変なんだか、簡単なんだか、よくわからないということがわかりますね。そして、改名にあたっての難関は「その理由」。この理由に「合理性」がないとなかなか大変な様な・・・引用記事に出てくる被告は、その合理性を伴った理由で行えた様です。その改名理由はなんだったのでしょうね?ここが知りたいですね。

これがね、未成年者ならある程度わかるんですよ。未成年時に重大な犯罪を行ったために、その将来のことを考えたらということでね。まあ、それ以前に未成年者の非行歴というのは、成人してから考慮しない、というのがありますけどね。しかし、引用記事に出てくる被告は、引用記事を読む限りそれには該当しない様な・・・

そして、教員免許と言いますか・・・交付番号というものが、運転免許証とは違い、ないのですかね?それがあれば、戸籍(改名)が変わろうとも、履歴は辿れると思うのですがね。


それはともかく、皆さんはこの事案をどの様に思われます?


そりゃね、逮捕歴等で差別と言いますか、それで不当な扱いを受けるのはどうかと思いますよ。しかしね、児童・子供に対し「異常な性癖」を持つ人物が・・しかも前科があると言っても過言じゃない・・、また小学校の講師として採用されるとなると、そりゃ考えなきゃなりませんよね。しかも、どの様な理由があるのか知りませんが、改名・・多分戸籍まで変えている・・しているのですから、徹底的に履歴を調べろ、となるのは当然でしょうし、現行法の「改名」「戸籍変更」を再度見直そうとならない方がおかしいでしょ?


なおさ、逮捕歴がどうたら、と記したけど、逮捕され起訴され、裁判にて「法を犯した、だからあなたは犯罪者」と筋道があるからさ。ところが、人権が〜.差別が〜、と大騒ぎするアホに限って・・・特に、既存マスゴミね・・逮捕=犯罪者と平気でやっちまうんだな。そのくせ、身内には大甘で、不当逮捕〜、と大騒ぎ。

まあ、以前のエントリにて「総理大臣をスーパーマンか全知全能の神と思っていないか?」という様なことをエントリをしたけれど、それと同じで「警察=法を司る全知全能の組織」とマスゴミもパヨク・左翼・革新、似非保守も本気で思ってんじゃねぇ〜だろな?


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頻繁ですね〜・・・

死者に鞭打つことは絶対の正義である・・・by マスゴミ&某国会議員

comment iconコメント

comment avater

短足おじさん二世

人材配置の仕組みの問題

こんにちは、この事例には大いに考えさせられるものが有ります。
先ず第一に、この事件の有った学校は私が現役時代に通勤に使っていたルートから遠くないところ。だから大体どんな所かわかります。
それから犯人は「臨時任用講師」だったそうですが、私の長女も任地は違うもののこれをやっていたことがありますし、家人も教員でしたので、この問題の厄介な部分も知っています。
最初に知立市の状況はこうなっています。
<以下知立市HPより>
「少人数学級をはじめ「きめ細かな指導」を進めています」というタイトルの記事で
少人数学級を小学校3年生から小学校6年生まで実施しています
少人数学級(1クラスが35人以下になる学級編制)は、小学校1年生を国が、小学校2年生と中学校1年生を愛知県が実施しています。知立市では、これらに加えて小学校3年生、小学校4年生、小学校5年生、小学校6年生で少人数学級を実施し、学習面や生活面において児童一人一人にきめ細かな指導を行っています。
<引用ここまで>
この少人数学級を実施している学校にこの事件の犯人も勤務していました。この勤務地の知立市は国・県の基準より少人数学級を増やしています。そして該当の学校は全校生徒670人位の学校でした。
そしてこの少人数学級を実施するには必要な教員の確保は結構難しいのです。該当の小学校でもしある学年が35人ぎりぎりの(例えば104人だったら3クラス、でも106人だったら4クラスになります)所へ2~3人転入があったら、それだけでその学年のクラス数が変わり、教員が必要になります。そしてこれは殆ど年度末ぎりぎりに分かります。
ですから私の知っているケースでも、3月30日に知らない人から電話がかかってきて、「○○学校の校長だが来週からうちの学校に来てくれませんか」、こんな事で1年間その学校で講師として勤務。こんな事が起こります。
そしてこんな事のために「講師予備軍登録制度」があり、講師をやりたい人はそこに登録する訳で、そんな中から採用してゆくのですが、登録しても採用されるかどうかは全く保証無しなので、登録してもいい仕事があればそちらに変わってしまいます。
問題の知立市は隣が豊田市とデンソー・アイシンの本社のある刈谷市、トヨタの城下町なので慢性的な人不測の土地。そんなところに何時臨時雇いの仕事があるかわからないような待機講師などロクな人がいる筈がありません。

こんな背景の上で・・・、
どうしてあんな前科のある人を採用したのか、これは教師採用の仕組みから考え直さねばいけません。一般の会社ならある程度余剰人員がいないと回らないので、それを苦労して抱えます。しかし学校の先生にはそんな仕組みがありません。またこんな制度なので、人事にコネ採用が増えたりして厄介。こんな教育制度の膿がこんな不適当な人しか採用できなかった裏にあるのだと思います。
これを機会にば本的な改革が必要ですね。幸い文科省にも改革の手が入らざるを得ない状況。抜本的な改革を期待します。

2017/08/10 12:18

comment avater

裏の桜

Re: 人材配置の仕組みの問題

短足おじさん二世さん、こんにちは。

> こんにちは、この事例には大いに考えさせられるものが有ります。
> 先ず第一に、この事件の有った学校は私が現役時代に通勤に使っていたルートから遠くないところ。だから大体どんな所かわかります。
> それから犯人は「臨時任用講師」だったそうですが、私の長女も任地は違うもののこれをやっていたことがありますし、家人も教員でしたので、この問題の厄介な部分も知っています。
> 最初に知立市の状況はこうなっています。
> <以下知立市HPより>
> 「少人数学級をはじめ「きめ細かな指導」を進めています」というタイトルの記事で
> 少人数学級を小学校3年生から小学校6年生まで実施しています
> 少人数学級(1クラスが35人以下になる学級編制)は、小学校1年生を国が、小学校2年生と中学校1年生を愛知県が実施しています。知立市では、これらに加えて小学校3年生、小学校4年生、小学校5年生、小学校6年生で少人数学級を実施し、学習面や生活面において児童一人一人にきめ細かな指導を行っています。
> <引用ここまで>
> この少人数学級を実施している学校にこの事件の犯人も勤務していました。この勤務地の知立市は国・県の基準より少人数学級を増やしています。そして該当の学校は全校生徒670人位の学校でした。
> そしてこの少人数学級を実施するには必要な教員の確保は結構難しいのです。該当の小学校でもしある学年が35人ぎりぎりの(例えば104人だったら3クラス、でも106人だったら4クラスになります)所へ2~3人転入があったら、それだけでその学年のクラス数が変わり、教員が必要になります。そしてこれは殆ど年度末ぎりぎりに分かります。
> ですから私の知っているケースでも、3月30日に知らない人から電話がかかってきて、「○○学校の校長だが来週からうちの学校に来てくれませんか」、こんな事で1年間その学校で講師として勤務。こんな事が起こります。
> そしてこんな事のために「講師予備軍登録制度」があり、講師をやりたい人はそこに登録する訳で、そんな中から採用してゆくのですが、登録しても採用されるかどうかは全く保証無しなので、登録してもいい仕事があればそちらに変わってしまいます。
> 問題の知立市は隣が豊田市とデンソー・アイシンの本社のある刈谷市、トヨタの城下町なので慢性的な人不測の土地。そんなところに何時臨時雇いの仕事があるかわからないような待機講師などロクな人がいる筈がありません。
>
> こんな背景の上で・・・、
> どうしてあんな前科のある人を採用したのか、これは教師採用の仕組みから考え直さねばいけません。一般の会社ならある程度余剰人員がいないと回らないので、それを苦労して抱えます。しかし学校の先生にはそんな仕組みがありません。またこんな制度なので、人事にコネ採用が増えたりして厄介。こんな教育制度の膿がこんな不適当な人しか採用できなかった裏にあるのだと思います。
> これを機会にば本的な改革が必要ですね。幸い文科省にも改革の手が入らざるを得ない状況。抜本的な改革を期待します。

本当の意味で教育を享受する権利を有する子供達とは関係のないところで、教師は教師の権利、保護者は保護者としての権利ばかりを追求し続けてきた結果が、この様な事案なのだろうと思います。

そして話が少し変わりますけれど、改名の話もそうでしょう。権利、権利ということで、案外簡単に「改名」が出来てしまい、そのことで履歴・経歴が全く分からなくなってしまう。調べようと思えば調べられるのでしょうけど、異常とも言える「人権が〜」「個人情報が〜」ということで、出来なくなった。これは、人権とか個人情報なんたら以前に、ある意味恐ろしい話と思います。

2017/08/10 16:25

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/4334-e213436e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)