FC2ブログ

web用587


この画像の道は「国道」である。紅白のポールは「このポールが立っているところは路肩ですよ」という意味である。このような道路を、画像のような天候時に走行するとわかるのだが、全てが「真っ白」に見えてしまい、道路の境目というのがわからなくなる。そのための「目印」でもあるのが「紅白」のポールなのである。

そしてこの画像の国道は、その区間にもよるが「道幅が全般的に狭い国道」でもある。そのために、降雪があると、より道幅が狭くなる。

事実、この画像を撮影した地点から先で、車のすれ違いが出来ない状況に直面した。

対向車は「送迎用のマイクロバス」

そのマイクロバスの後ろにも後続車がいて、バスにバックさせるのは酷と判断。私の車をバックさせる。

とはいえ、待避所がない。少し路肩が広いな、と見えた場所は「除雪した雪を置いておく場所」であった。そこに車をバックで入れる。雪の深さは大人の膝くらいまであったろうか?

車のすれ違いは無事に済んだ。

この様な「大量の雪」は「本当に厄介者」であるが、この大量の雪がなければ大都市圏へ安定して電力は供給できないのである。

web用586


スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視聴者を「謀っている番組」がまた・・・

豪雪地域を走行す

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/3695-c34b16ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)