Q)貿易で稼ぐことができないとすると、どうしたらいいのでしょうか?


A)別の形で稼いでいかないといけません。例えば、企業は、海外の事業にどんどん力を入れて、その利益を国内に戻して、次の成長のための投資を増やす。また、外国人観光客を、さらに増やして、国内での消費を増やしてもらう。こうしたエンジンを強化して、日本全体で稼ぐ力=浮上する力を本格的につけていけるのか。それが今後の注目点です。

【ここに注目! 続くのか? 日本の貿易黒字】より
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/215096.html



リンク先の内容は全体的に、現政権が掲げている「経済政策」を起爆剤として「景気をよくしよう」ということでありますが・・・・食虫植物を彷彿してしまいました。



ウツボカズラの中にある水のようなものは虫を誘う蜜のようなものである。また、虫を誘うために蓋の裏側などに蜜腺をもつものもある。


既存大マスゴミから出てくるこの手の話は真に受けないことです。真に受けた結果、何度も手痛い目にあっていますからね。

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月にも同じことがあったんですけどね〜・・・・

南米チリで火山が噴火

comment iconコメント

comment avater

短足おじさん二世

海外で儲けること

この犬HKの解説委員今井純子とやらは反アベノミクス派でしたね。
それにしても何とも上から目線でこんな事を・・・
>例えば、企業は、海外の事業にどんどん力を入れて、その利益を国内に戻して、次の成長のための投資を増やす・・・

冗談じゃありません。この為に日本はもう20年も前から海外で稼ぐしかないという事で七転八倒してきました。
私も微力ながらその七転八倒組、もう筆舌に尽くしがたい話です。
しかし20年前からの苦労のお蔭でターニングポイントは2005年、実はこの年に海外からの稼ぎを表す所得収支が貿易収支を上回りました。そして現在に至っているのです。
そして悪夢の民主党政権と東日本大震災。
しかしあの大震災が有っても日本のトータルの国際収支(経常収支=貿易収支+貿易外収支)は赤字になりませんでした。世界はこの結果にアッと驚いたのです。どこまで日本は足腰が強いのかと。
とは言うモノの民主党政権の日本潰しは影響が大きく、最近では単月では国際収支が赤字になる事もしばしば。
そしてやっと貿易収支も黒字になった。実に目出度い話です。
しかしこの目出度い話も犬HKのオメデタイ連中にかかるとこんな話になるのですね。
全くどうしようもないです。
オマケに海外からの観光客、あのマナーの悪い中国人を考えると軽々に言える話ではない。
正に食虫植物ですね。
尚この話、コメントに書いた事では有りますが、私も後でエントリーさせていただこうかなあと思います。
宜しくご了承くださるようお願いします。

2015/04/24 08:41

comment avater

裏の桜

Re: 海外で儲けること

短足おじさん二世さん、こんにちは。

> この犬HKの解説委員今井純子とやらは反アベノミクス派でしたね。
> それにしても何とも上から目線でこんな事を・・・
> >例えば、企業は、海外の事業にどんどん力を入れて、その利益を国内に戻して、次の成長のための投資を増やす・・・
>
> 冗談じゃありません。この為に日本はもう20年も前から海外で稼ぐしかないという事で七転八倒してきました。
> 私も微力ながらその七転八倒組、もう筆舌に尽くしがたい話です。
> しかし20年前からの苦労のお蔭でターニングポイントは2005年、実はこの年に海外からの稼ぎを表す所得収支が貿易収支を上回りました。そして現在に至っているのです。
> そして悪夢の民主党政権と東日本大震災。
> しかしあの大震災が有っても日本のトータルの国際収支(経常収支=貿易収支+貿易外収支)は赤字になりませんでした。世界はこの結果にアッと驚いたのです。どこまで日本は足腰が強いのかと。
> とは言うモノの民主党政権の日本潰しは影響が大きく、最近では単月では国際収支が赤字になる事もしばしば。
> そしてやっと貿易収支も黒字になった。実に目出度い話です。
> しかしこの目出度い話も犬HKのオメデタイ連中にかかるとこんな話になるのですね。
> 全くどうしようもないです。
> オマケに海外からの観光客、あのマナーの悪い中国人を考えると軽々に言える話ではない。
> 正に食虫植物ですね。

構造改革だ、規制緩和だ、と今も言われ続けていますが、この20年で、まさしく「構造」が変わったんですよね。そして、構造が変わったことで皆大変な目にあってきた。こんなこと、少し調べれば誰もが分かる話なんですけど、マスゴミはそこら辺を報じない。報じないどころか、甘い蜜と香りで誘い地獄へ落とそうとしている。


> 尚この話、コメントに書いた事では有りますが、私も後でエントリーさせていただこうかなあと思います。
> 宜しくご了承くださるようお願いします。

どうぞお使いください。

2015/04/24 14:49

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/3385-8bc14688

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)