中国で拘束の朱教授、日本へ帰途 7カ月ぶり
2014年2月28日 11時42分
 昨年7月に出身地の中国上海市を訪れた直後に中国当局に拘束され、先月解放された在日の中国人学者、朱建栄・東洋学園大教授(56)が28日午前、約7カ月ぶりに日本への帰途に就いた。上海からの中国東方航空機で同日午後、羽田空港に到着する予定。
 日本を拠点に日中関係の論客としてマスメディアでも活躍した朱教授は、たびたび中国を訪れ、現地で学術調査を実施。中国筋によると、こうした学術調査が違法な情報収集に当たるとの嫌疑を掛けられ、国家安全省当局からスパイ容疑で取り調べを受けていた。(共同)


朱建栄氏が好ましいとか好ましくないとか、彼の国のスパイだとかスパイじゃないとか別にして、確かこの方は「日本国籍」を有していた筈。要は「日本人」だ。その日本人に対して「在日」と天下の「共同通信」が書いてどうする?

訂正します。「永住権」でした。この方の夫人が「日本国籍」を有する日本人でした。


「在日差別はよくない」と喚く側の本音が、こんなところからも窺い知る事が出来るね。


【在日(ざいにち)とは外国人が日本に滞在または居住していること。日本国外のものが日本に存在していること。】

【出入国管理及び難民認定法(入管法)の適用における「外国人」の定義については、同法第2条で「日本の国籍を有しない者」と規定されている。】

イメージ取り込み 886

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪に慣れていないところはどこも同じ・・

ともかく「IE」を使わない事です

comment iconコメント

comment avater

相模

>確かこの方は「日本国籍」を有していた筈

そうだったのですか!「どひゃ~」です。望ましくない。
下心ある者にとって、日本国籍は本当にいい隠れ蓑ですね。

在日シナ人学者の彼は取りまとめ役ですよね。日本人がシナの学者の統領と言うのも不自然。

2014/02/28 22:15

comment avater

裏の桜

Re: 相模さん

こんにちは。

> >確かこの方は「日本国籍」を有していた筈
>
> そうだったのですか!「どひゃ~」です。望ましくない。
> 下心ある者にとって、日本国籍は本当にいい隠れ蓑ですね。
>
> 在日シナ人学者の彼は取りまとめ役ですよね。日本人がシナの学者の統領と言うのも不自然。

訂正します。「日本の永住権」でした。この方の夫人が「日本国籍を有する日本人」でした。

ただ、引用記事に「日本に帰途」と書かれていましたので・・・日本に帰途はオカシイだろ?と不正確な情報を元に「日本国籍」と・・・いま再検索を書けたとろ「永住権を持っている」という話が出て来ました。

で、この事件?を切っ掛けに在シナ人学者の間では「日本国籍」を取ろうとする動きがあったとか。

2014/02/28 22:48

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/2741-6961150e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)