テスラのモデルS、2014年の総合優秀車に選出=米消費者団体
2014年2月26日09時42分

[ワシントン 25日 ロイター] -電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズの高級セダン「モデルS」が25日、米有力消費者団体コンシューマー・リポーツによる2014年の総合優秀車に選ばれた。「非常に優れたパフォーマンスや、多くの印象的な技術革新」の点で評価された。

 一方、日本車はトップ10に5車種しか入らず、18年前の選出開始以来最低の結果となった。

 今年の優秀車に2車種以上が選ばれたのはホンダ<7267.T>と富士重工業<7270.T>のスバルのみだった。ホンダの「アコード」は中型セダン部門、「オデッセイ」はミニバン部門で優秀車に選定された。スバルの「インプレッサ」はコンパクトカー部門、「フォレスター」は小型SUV(スポーツ用多目的車)部門の優秀車に選定された。

 優秀トラックにはクライスラーの「ラム1500」が輝いた。クライスラー車が選ばれるのは1998年以来。ただブランドランキングでは、最低ランクの23車種中4車種がクライスラー車だった。

 韓国の現代自動車<005380.KS>とドイツのBMW、フォルクスワーゲン(WM)グループの「アウディ」は自動車部門の上位10車種に入った。
〜以下略〜

http://www.asahi.com/business/reuters/CRBTYEA1P00A.html

と言う記事を踏まえ、次の記事を・・・

米にEV向け電池工場=テスラと共同で-パナソニック

パナソニックが、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズと共同で、米国にEV向け電池工場の建設を検討していることが26日、分かった。投資額は1000億円以上になる見込みで、2017年の稼働を目指す。日米の複数のメーカーが生産に関わるとみられ、コスト低減でEVの本格的な普及を狙う。(2014/02/26-09:02)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014022600143

電気自動車が「実用車に成り得るのか?」と疑問を持ちますが、こんな記事からも色々な思惑が垣間見える様で面白いですね。

しかし「優秀トラック」って・・・

イメージ取り込み 884
http://ja.wikipedia.org/wiki/ダッジ・ラム

確かに「トラック」というカテゴリーに入るでしょうけど・・・日本で言うところの「実用車」「働く車」という見方からすれば・・・どうなんでしょ?無駄に「デカイ」「装備が豪華過ぎる」としか見えませんが・・・



と言うより、米国じゃ「電気自動車」「省燃費」「エコカー」以前に、この手の「トラック」と言う車が未だに大人気なんですね。トヨタも北米で次の様な車種を投入しています。



スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オイラも雪にまつわる話を・・・

仕事の原理・・・身近な「理科」

comment iconコメント

comment avater

koguma

こんにちは。

うちの近くにも写真のトヨタ車を持っている方がいるいるらしくてたまに見かけますが、ボディーが丸くボンネットがあるので2t車より大きく見えます。いつも荷台は空っぽです。
これが4m幅の路地を入ってきますので大変で。
ウチで売れてるからおまえのとこも自動車規格を変えてでも買えというのはいかがなものかと。

2014/02/26 12:35

comment avater

裏の桜

Re: kogumaさん

こんにちは。

> こんにちは。
>
> うちの近くにも写真のトヨタ車を持っている方がいるいるらしくてたまに見かけますが、ボディーが丸くボンネットがあるので2t車より大きく見えます。いつも荷台は空っぽです。
> これが4m幅の路地を入ってきますので大変で。
> ウチで売れてるからおまえのとこも自動車規格を変えてでも買えというのはいかがなものかと。

ご存知でしょうけど、日本に輸入される車は「関税」がかかっていません。しかし米国は輸入乗用車に2.5%、商用車(優秀なトラック)に関しては25%の関税をかけています。商用車(優秀なトラック)に25%ですよ。おかしな話でしょ?

ちなみに、トヨタは日本国内での「ピックアップトラック」の生産販売を止めております。どうしても新車のピックアップトラックが欲しいとなると、米国産かタイ産・南米産の「トヨタピックアップトラック(並行輸入?)」となるようです。

2014/02/26 17:00

comment avater

kazk

ヤンキーどもにとってこのピックアップトラックというのは日本人の軽トラみたいなものだと言われたことがあります。田舎の百姓や商店主たちが下駄代わりに使うものがあちらさんのピックアップだと言ってました。
だからデカイし普通の乗用車代わりという側面もあるから内装もよくしなくちゃあいけないとか色いろあるみたいですねえ。日本に持ってきたらこんなもの取り回しは悪いし燃費は悪いわでどうしようもないんでしょうが、アメリカ人はおそらく滅びるまで使い続けるんでしょうねえ。

別に同情はしませんが…

2014/02/26 21:55

comment avater

裏の桜

Re: kazkさん

こんにちは。

> ヤンキーどもにとってこのピックアップトラックというのは日本人の軽トラみたいなものだと言われたことがあります。田舎の百姓や商店主たちが下駄代わりに使うものがあちらさんのピックアップだと言ってました。
> だからデカイし普通の乗用車代わりという側面もあるから内装もよくしなくちゃあいけないとか色いろあるみたいですねえ。日本に持ってきたらこんなもの取り回しは悪いし燃費は悪いわでどうしようもないんでしょうが、アメリカ人はおそらく滅びるまで使い続けるんでしょうねえ。
>
> 別に同情はしませんが…

米国だから、と言ってしまえばそれまでですけど、エコだ、環境だ、と他国に押し付ける国としては「異常」としかみえませんね。

しかもこの手の車が、米国内自動車産業を支えているという皮肉・・・喜劇ですね。

2014/02/27 10:26

comment avater

短足おじさん二世

アメリカのピックアップは幌馬車

アメリカのピックアップトラックは日本人には理解不能なクルマでしょうね。
バカデカく、悪路でもどんどん走れるのに内装は豪華。
私はタイで同種のハイラックスVIGOを作ってきましたので良く分かります。
アメリカのピックアップは幌馬車の後継車、そんな位置づけです。
家族と荷物をいっぱい積んで荒野を走る。行く手に何が待っているか、それをモノともせず進む。
こんなイメージです。
ですのでアメリカ人には心の故郷につながる車、そうだと思います。

本文のトヨタのトラックはタンドラで、コイツの燃費は知識が無いので分かりません。
しかしタイで生産している1トンピックアップ、ハイラックスVIGO(ヴィゴ)について言えば、3リッターディーゼルで燃費はリッター11キロから12キロ。
トラックの癖に140キロ位で何時間でも巡航できる、下手な乗用車ではついていけません。
これはディーゼルエンジンがコモンレールを採用したため出来るようになったのですが、一昔前は考えられない性能です。
コモンレールはデンソーとボッシュが作っていますが、多分将来もこの2社以外では出来ないでしょう。
何せ最新のコモンレールは圧力が250MPa位、信じられない高圧を使っています。

TPPが難航しているのもアメリカ自動車産業の最後の砦がコレ。
しかも彼らは日本車の性能を知っているので、対等には勝負できないと思っている。
そんな所がこのピックアップの問題なんでしょうね。

2014/02/27 17:16

comment avater

裏の桜

Re: アメリカのピックアップは幌馬車

短足おじさん二世さん、こんにちは。

> アメリカのピックアップトラックは日本人には理解不能なクルマでしょうね。
> バカデカく、悪路でもどんどん走れるのに内装は豪華。
> 私はタイで同種のハイラックスVIGOを作ってきましたので良く分かります。
> アメリカのピックアップは幌馬車の後継車、そんな位置づけです。
> 家族と荷物をいっぱい積んで荒野を走る。行く手に何が待っているか、それをモノともせず進む。
> こんなイメージです。
> ですのでアメリカ人には心の故郷につながる車、そうだと思います。
>
> 本文のトヨタのトラックはタンドラで、コイツの燃費は知識が無いので分かりません。
> しかしタイで生産している1トンピックアップ、ハイラックスVIGO(ヴィゴ)について言えば、3リッターディーゼルで燃費はリッター11キロから12キロ。
> トラックの癖に140キロ位で何時間でも巡航できる、下手な乗用車ではついていけません。
> これはディーゼルエンジンがコモンレールを採用したため出来るようになったのですが、一昔前は考えられない性能です。
> コモンレールはデンソーとボッシュが作っていますが、多分将来もこの2社以外では出来ないでしょう。
> 何せ最新のコモンレールは圧力が250MPa位、信じられない高圧を使っています。
>
> TPPが難航しているのもアメリカ自動車産業の最後の砦がコレ。
> しかも彼らは日本車の性能を知っているので、対等には勝負できないと思っている。
> そんな所がこのピックアップの問題なんでしょうね。

実は、私自身この手の車は便利と思っています。知人の中にも「なんで、日本のメーカーは日本国内での生産販売をやめたんだ便利だったのに」と言うのがいます。

それもこれも「エコ」と言う流れで、日本じゃ売れない、いや日本では「売りづらい雰囲気がある」事が上げられますが・・・ここら辺は、石原元東京都知事の功罪で、彼にもその責任の一端があると思われますが・・・

まあそれはともかく、報道で「TPP交渉が暗礁に乗り上げた」的な報道がされましたが、TPPの善し悪し以前に「なぜ米国政府が異様なまでに推進だったのか?」そして「なぜここに来て、米国が渋い反応なのか?」と言うことを満足に報じる既存大メディアが無い事に本当にウンザリしますね。

それだけ、日本の既存大メディアは米国に支局?を置いて特派員まで出しているのに、米国の本当の姿を取材した事が無い、または知っているけど日本で報じない様にしている、と言う事なのでしょうね。

2014/02/27 18:23

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/2735-d0c68c18

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)