フランスでは、ボスナッピングは比較的頻繁にあるデモ文化の一つだ。フランス の経済危機以後、特に労働紛糾が加速すると「ボス拉致」デモはさらに広がった。 2009年に企業が経費を減らし始め、整理解雇の方針に怒った労働者はキャタピラ、 ソニー、3Mなどの外国系企業の経営陣を取ってデモをした。

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/intl/1389109285054Staff

http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&nid=72537


文化ねぇ〜・・・・

これね「レイバーネット」なるところにあった「彼の国が報道した内容」の一部なんですけど、読むとね「社会秩序を滅茶苦茶にする様なことは文化だ」だから「この文化を取り入れよう」と読めてしまうのですよ。

まあ「文化」というのですから「文化」なんでしょう(棒)

しかしね〜・・・彼の国では、いざ知らず、現代日本では到底受け入れ難い「文化」ですよ。

私だってね、欧米型の「労使関係」と言うのを「善し」としませんよ。だからどうすべきか?日本には日本に合った「労使関係」「労働環境」があっても良い。と思うのですが、日本で安易過ぎる程安易に、「権利だ」「自由だ」と喚く連中はそれが許せないらしく、色々なことを巧みに利用して自分たちが妄想する「妄想世界」の実現の為に邁進するんでしょうね。

で、「レイバーネット」なる団体?組織?は、次の様なモノらしいです。

レイバーネットとはインターネットが発展した現代において労働運動についての労働統計資料、労働組合の組織や方針、闘争や活動の情報を提供している情報ネットワークのウェブサイト。日本でも労働運動活動家、市民メディア関係者、労働運動研究者が集まり、海外の「レイバーネット」にも促され、ウェブサイトをはじめとする労働運動の情報ネットワークである「レイバーネット日本」が2001年2月に設立された。「レイバーネット日本」は、日本において労働者の戦いを重視しつつ、労働運動に関わる情報ネットワークを構築すると同時に海外にも日本国内での労働運動の現状を知らせることを目指している。海外では既にイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、インド、韓国、ドイツ、オーストリア、ラテンアメリカ諸国に存在する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/レイバーネット


引用記述にも書いてありますが、一応日本にも「レイバーネット日本」と言うのがあるらしいのですけど、しかしその内容は「労働運動に関する情報発信」と言うより「朝鮮情報発信」なんですよ。「レイバーネット朝鮮・日本支部」とでも名称を変えた方が良いと思うのですがね・・・

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「舛添推薦とは頭大丈夫?」

これも「武器輸出三原則」に抵触するんですかね?(棒)

comment iconコメント

comment avater

短足おじさん二世

ボスナッピング?<これはテロでしょう

ボスナッピングが文化ですか・・・ ビックリ仰天、開いた口がふさがりません。
でもこの話、私には大いなる警告と受け止めねばいけないと思いました。
理由は、こんなバカな話は日本では中核派など一部の過激組織位しか通用しないでしょう。
ですが海外ではこんな話は直ぐ広がります。
ましてやフランスでは文化なんだと言われれば、無条件で賛同するアホが一杯湧いてきます。

タイで仕事をしている時に多様な経験をしました。
日本の企業が進出しても労働組合が出てくることは有りません。
タイの場合問題はアメリカのUAWでした。
UAWがオルグを派遣し、労働者が住む町に事務所を開きます。
そこで不満分子を一本釣り、しかもUAWのオルグは前面には出ず現地人にやらせます。
そしてかなり時間をかけて浸透させてゆく。
ある日突然会社に組合を作り、要求を突き付ける。

タイの場合は日本的価値観を浸透させていましたから大丈夫だったのですが、問題は隣国カンボジア。
そこからこんな思想が流れ込んでくると思います。
このエントリーを見てそんな所を私も書いてみたいと思います。
記事をお借りしたいと思いますのでよろしくお願いします。

それからこの話はフランスではボスナッピングは文化、そんな事を言っています。
しかし私は最近フランスは社会主義国、そう思うようになりました。
フランスは国家社会主義国、変な言い方ですが間違いないと思います。
その為旧フランス植民地はどこもかしこもおかしい。
アセアンで言えばベトナム・カンボジア・ラオスですね。アフリカでもフランスの植民地だったところが全部可笑しい。
以前はフランス人は植民地経営が下手、そう思っていました。
でも背景にフランスの社会主義思想が有る、そう考えています。
日本人もこんな連中に騙されることなく、しっかりした思想を持つべきですね。

2014/01/11 10:44

comment avater

裏の桜

Re: ボスナッピング?<これはテロでしょう

いま現在の「フランス」の深層部が「国家社会主義」になっているのか私は分かりません・・・この様なとき「sonoさん」の意見を聴きたいモノです・・・しかし「よもぎねこさん」のエントリ・・http://yomouni.blog.fc2.com/blog-entry-4465.html・・・を読むと、ヨーロッパには「人質文化?歴史?」があることは確かな様で、自分たちの利益に成る為の手っ取り早い方法の一つなのでしょうね。

しかし近代に入り、そんなことは止めましょう、不毛なだけだから、となった筈なんですが・・・

問題は、ご指摘の様に「フランスじゃこれが流行りだ」「他の国は進んでいる、日本は遅れている」と言う日本での印象操作ですね。どんな国にも、民族にも「陰と陽」の歴史がある訳なんですけど、彼の国や日本に巣食うバカ共はこれを理解出来ないか、故意に触れない様にして「日本悪し」を行うことですね。

> このエントリーを見てそんな所を私も書いてみたいと思います。
> 記事をお借りしたいと思いますのでよろしくお願いします。

どうぞお使い下さい。

2014/01/11 11:51

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/2631-77816b9f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)