FC2ブログ

 記者:「世界平和フォーラム」の具体的状況について、議題、来賓、開催にあたっての中国側の主な考慮点を含め紹介していただきたい。
 
 華報道官:「世界平和フォーラム」は中国の開催するハイレベルの非政府国際安全保障フォーラムで、国際平和・安全保障の促進について話し合う場を各国の戦略家やシンクタンクのトップに提供することを旨としている。清華大学が主催し、中国人民外交学会が協賛する。第1回フォーラムは2012年7月に清華大学で成功裏に開催され、習近平国家副主席(当時)が開幕式で式辞を述べた。
 
 第2回「世界平和フォーラム」は今年6月27、28両日に清華大学で行なわれる。「世界の変革の中での国際安全保障:平和、発展、イノベーション」をテーマに「国際安全保障の趨勢」「イノベーションと国際安全保障」「国際協力と国際安全保障」「社会発展と国際安全保障」などが主な議題となる。
 
 李源潮副主席が27日午前の開幕式で基調講演を行なう。シェラレオネのコロマ大統領、スリナムのボータッセ大統領、上海協力機構事務局長など外国の指導者、国際機関のトップ、日本の鳩山由紀夫元首相、オーストラリアのラッド前首相、フランスのドビルパン元首相、マレーシアのバダウィ前首相、パキスタンのアズィーズ元首相、ブレジンスキー元米国家安全保障問題担当大統領補佐官など外国の政府要職経験者が出席する。国内外の来賓計約500人が出席する予定だ。(編集NA)
 
「人民網日本語版」2013年6月21日
http://j.people.com.cn/94474/8293691.html
 
 
と言うところで・・・
 
 
と言う事を発言したポッポの画像なんですがね。
 
ネットで検索をすると「世界平和フォーラム」と称する「フォーラム」が多い事、多い事・・・「平和」って、便利な言葉ですね〜・・・
 
そういえば、思い出した事がありましてね。
 
 
こんな事を以前、言っていた方を・・・

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安っぽい言葉

「担当者が勝手にやった」 故人献金

comment iconコメント

comment avater

よもぎ猫

No title

>鳩山先生は日本の良心

 この手の自称良心派って日本を悪く言い日本の不利益を図る事で「自分は日本人だけれど日本の為に利己的にはならない。 自分は日本の自己犠牲によって平和を守ろうとしてる。 だから非常に良心的な人間だ。」と信じているのでしょうね。

 本当に自分を犠牲にするならそれなりに立派ですが、実は自分と自分達とは違うのです。
 彼等は他の日本人を自分達に入れて居ないのです。

 一見自己犠牲のような言動を行いながら、実は自分の個人の金は脱税をしても守り、犠牲になる気なんか欠片もない。
 だからこそ日本を犠牲にする事で良心派を気取りたいのかも知れません。

 

2013/06/28 08:31

comment avater

裏の桜

No title

To よもぎ猫さん こんにちは。

>>鳩山先生は日本の良心
>
> この手の自称良心派って日本を悪く言い日本の不利益を図る事で「自分は日本人だけれど日本の為に利己的にはならない。 自分は日本の自己犠牲によって平和を守ろうとしてる。 だから非常に良心的な人間だ。」と信じているのでしょうね。
>
> 本当に自分を犠牲にするならそれなりに立派ですが、実は自分と自分達とは違うのです。
> 彼等は他の日本人を自分達に入れて居ないのです。
>
> 一見自己犠牲のような言動を行いながら、実は自分の個人の金は脱税をしても守り、犠牲になる気なんか欠片もない。
> だからこそ日本を犠牲にする事で良心派を気取りたいのかも知れません。


究極の「http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3/" class="keyword">マスターベーション」なのでしょうね。

人間誰もが、少なからず、この手の自称良心派的なところがあります。しかし多くの人は現実との兼ね合いをどうすべきか?と考える、いや悩むのですが、この手の方々にはそれが無いのでしょうね。だから行き着くところは「究極の自己中」と成るのでしょう。

2013/06/28 18:38

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/2320-e697ed40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)