FC2ブログ

吉永みち子なる人物の発言が物議を醸し出しているようですね。その発言の動画を観てみましたが、「コレは、第二の椿事件かな?」と思ってしまいました。

 

問題発言を行ったとされる動画は、著作権があるテレビ朝日と「削除、アップ」のいたちごっこをしているようで、ご覧になりたい方はリンクを貼り付けておきます。そちらでどうぞ。

 http://www.youtube.com/watch?v=j2VNtIwu_5o&feature=related

 

まあ、それに関してではないですが、吉永みち子と言う人物がどのような位置に属するのか物凄く分かりやすい動画を貼り付けておきましょう。いや、テレビメディアのスタンスと言ったほうが良いかな?

 

 

ちなみに「椿事件」とは、Wikipediaで記述されていることを引用しておきます。これを参考にしてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%BF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

椿事件(つばきじけん)とは、1993年に起きた、テレビ朝日による放送法違反が疑われた事件である。当時全国朝日放送(ANB、現:テレビ朝日)の取締役報道局長であった椿貞良による、日本民間放送連盟の放送番組調査会の会合の中での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。

日本の放送史上で初めて、放送法違反による放送免許取消し処分が本格的に検討された事件であったとも言われる。

 

1993年6月の衆議院解散嘘つき解散)後、7月18日に第40回衆議院議員総選挙が行われ、与党自由民主党解散前の議席数を維持したものの過半数を割り、非自民で構成される細川連立政権が誕生。自民党は結党以来初めて野党に転落した。

9月21日、民間放送連盟の放送番組調査会の会合が開かれ、その中でテレビ朝日報道局長の椿貞良は選挙時の局の報道姿勢に関して、

小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」
「共産党に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行った。

10月13日、産経新聞が朝刊一面で椿発言を報道、各界に大きな波紋を広げる。これを受けて、郵政省放送行政局長の江川晃正は緊急記者会見で、放送法に違反する事実があれば電波法第76条に基づく無線局運用停止もありうることを示唆、自民党・共産党は徹底追及の姿勢を明確にする。10月25日、衆議院が椿貞良を証人喚問。その中で椿民放連会合での軽率な発言を陳謝したが、社内への報道内容の具体的な指示については否定、一方で放送法で禁止されている偏向報道を行った事実は認めた。

翌1994年8月29日、テレビ朝日は内部調査の結果を郵政省に報告した。この中でテレビ朝日は、特定の政党を支援する報道を行うための具体的な指示は出ていない旨を改めて強調。この報告を受け郵政省は、テレビ朝日に対する免許取消し等の措置は見送り、「役職員の人事管理等を含む経営管理の面で問題があった」として厳重注意する旨の行政指導を行うにとどめた。9月4日、テレビ朝日は一連の事件を整理した特別番組を放送した。

1998年、郵政省はテレビ朝日への再免許の際に、一連の事件を受けて、政治的公平性に細心の注意を払うよう条件を付した。

 

・・・とまあこんな事件なのですが、問題はテレビメディアを含めた日本のマスメディアの多くが、本当はとんでもない事を発信し続けているのに、その自分たちのスタンス、責任と言うものを回避し、いや、責任を情報の受けて側に転嫁し逃げていることなんですね。この様なスタンスで、年間何百億と言う利益を稼いでいるわけなんですよ。こんなのヘンですよね。普通のといいますか、メディア以外の企業だったらそれこそ総スカンでしょ?普通の企業が不祥事を起こしたら、これでもかとメディアが責め立てるでしょ。責任をどうするんだ?!国民は怒っていますよ!!と正義面してね。

 

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「政権交代」が初めてのことように報じるマスコミ

当然、私学助成も見直しだよね?

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/182-fcb44821

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)