FC2ブログ

岡田外相の気質は朝鮮人と同じなのかね?

 

アメリカ側からも、日米間において核兵器搭載の艦船日本寄港の密約があったという文章も公開されているようだから、間違いないことなのかもしれない。しかし、いまと、あの当時とでは時代背景が全然違う。それを「原則論」を持ち出して「なにがなんでも悪い」と言うのは如何なものなのだろう?いまの微妙な国際情勢を考えると岡田さんのやっていることって、現実的じゃないね。

 

いま朝鮮人が李氏朝鮮時代に起きたことを含め、朝鮮半島で起きた不幸なことはすべて「日本が悪い」という論理にもなっていない理論を持ち出して、「日本は謝罪しろ」と喚いていることはご存知だと思うけど、岡田さんはコレなんだろうね。

 

まあ、この様な民主党的ヘンテコリンな考えと言うか、言動は、岡田さんに限ったことではなく、小沢何某と言う人の言動でも現政権がヘンテコリンであることが分かるけどね。小沢何某と言う人は、高野山に出向いて、そのときに記者たちに対して「キリスト教は排他的、独善的だ」とかなんだとか言ったらしいけど、この小沢何某、本当に歴史を知らないのかね?いや、無知なのかな?だから記者の前で平気で「キリスト教は・・・云々」という持論をヘラヘラ言っちゃうのかね?この様な個人的なブログで、個人の主観をゴタゴタ述べるわけではないのだからね。完全に民主主義社会の政治家失格だね。小沢何某は話下手、口下手といわれているようだけど、本当は日本語すら理解できていなかっただけだったりして・・・

 

世界の三大宗教?四大宗教?といわれる宗教は、どの宗教だろうが原則的に排他的・独善的なんだよ。だから、十字軍なんだし、宗教裁判なんだよ。日本で言えば、石山本願寺であり叡山焼き討ちなんだよ。どれもその背景には「神の名において」があったんだよ。なにも、神様や仏様がそれを望んだわけじゃない。神様や仏様を信じた人たちが極端になりすぎたからだし、神の代理人といわれる人たちが物凄い権力を得たからおきたことなんだけどね。

 

近代国家は、そう言うことは止めましょう。人間世界の世俗的なことは人間が決めましょう。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に」としたんだけど、自分の考えを他人に無理強いしたい場合必ず人間は、前近代的な、非理論的なことを人間は利用しちゃうんだよ。コレがいかに自由を阻害し建設的な意見を排除してきたことか、いや人類に不幸をもたらしてきたことか・・・歴史が証明しているんだけどね。

 

何か、現政権が誕生してから新たな宗教が誕生したみたいな感じがするね。しかも、新たな宗教で奉られている神(民主党)、教え(政策)に逆らうものは「すべて悪」「すべて敵」と言う雰囲気が漂っている感じだね。

 

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行動の主導権をにぎった側は、常に非良識的に行動するものです

冬本番まで、あとわずか

comment iconコメント

comment avater

biwako-1164

No title

小沢某、岡田某と言う2人に対する客観的、かつ、冷静な評価に対し同意です。小沢某は自分が宗教を作った気でいるらしく、全ての上に自分を置く、不遜な輩になっております。片や岡田某は自己教条主義者であり、一方に於いてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカから撤退し、チャイナに太いパイプを構築しているイオングループの利益を優先させることが見え見えの輩であり、残念ながら著しく国益を損なっております・

2010/01/28 20:20

comment avater

裏の桜

No title

To biwako-1164さん こんにちは、はじめまして。

>小沢某、岡田某と言う2人に対する客観的、かつ、冷静な評価に対し同意です。

ありがとうございます。

〉小沢某は自分が宗教を作った気でいるらしく、全ての上に自分を置く、不遜な輩になっております。片や岡田某は自己教条主義者であり、一方に於いてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカから撤退し、チャイナに太いパイプを構築しているイオングループの利益を優先させることが見え見えの輩であり、残念ながら著しく国益を損なっております・

結局のところ「利権」なのでしょうが、こんな政治家・政党を選ばねばならない日本という国が、国際化とか国際的視野とか言いながら、本当は国際社会の現実に耳目を塞いできたからでしょうね。いまでも、既存の大手メディアがそうですからね。世界で起きている事を一見伝えているようにみえて、その実は情報を隠していますからね。

2010/01/28 21:06

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:http://sakuraura.blog.fc2.com/tb.php/176-a197d1b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)