FC2ブログ

同じ病気でも病状は人によって違う

その人の病状が皆に当てはまるわけではない

患者さんの経過が皆に当てはまる経過だと勘違いされがち

患者さんが医学的な勘違いをしていることも多く、それが広がってしまう


と言うことを記し、新聞テレビでいま頻りに流されている「病気体験談」で誤解が広がる、と危惧している医師のTweetを拝見した。

肯いてしまう。

いや、それこそ病気とか感染症の様なこととは比較できないかもしれないけれど、あの東日本大震災での原発事故で、放射線被曝に関し「大いなる誤解」が世の中に拡散してしまい、それこそ新聞テレビが言うところの「フェイク」「デマ」が世の中に浸透してしまったことを思い出してしまったTweetである。

そしてそれ以上に思うのは、やはり「デマ拡散の大元は既存の新聞テレビか?!」である。


追記として記すけれど・・・

昨日29日は「国民の祝日」と言うことで「休日」であったはず。まあ中には、このご時世でも休みにならない方々も多くおられた様だが・・・その中に、国会審議と言うのが休まずに行われていた様で、ある意味「驚嘆した」次第である。

・・・特定野党が休日に仕事をするって、平日も仕事を放棄するのが特定野党の癖に本当世の中ヘンだわぁ〜・・・

それはともかく、その国会審議の模様を拝見していたら、議員と閣僚たちは「3密」を避ける様な形でいるのに、その片隅に「3密状態の塊」が映っているではないか?

その塊は、どうやら副大臣とか政務官、そして各省庁の職員たちが一塊りとなっている席の様で、肩寄せあって、雁首を並べている。

「ありえねぇ〜」である。

と言うか、限られた空間でのことで、かつ国会には国会の「規則」と言うのがあるのだろうから、どうしても「3密」を避けられないことになるのであろうが、どうせ仕事を放棄することしかできない特定野党議員の多くを審議場から外し、その開いた空間に「審議上必要とされる方々を座らせるべき」と思う。

もっと言えば、その様な国会審議の状態に「疑義」を呈するのが、それこそ新聞テレビの役割ではないのか?


スポンサーサイト



そして、土日に関しても行政の検査機関は休んでいなかったというふうなことも分かりました」と、事情を話した。

続けて「なぜこのような間違いが起きてしまったのか。私たちテレビ朝日の記者が都庁でのレクチャーを取材し、メモを作成しています。そのメモを番組内で解釈する時に、その解釈を間違ってしまいました。その間違った解釈、そのまま私がコメントをしてしまったというふうなことでこのような間違いが起きてしまいました」と、ミスが発生した理由を説明。


【テレ朝・玉川氏が謝罪 行政の検査機関は土日休みと誤認「コメントの全ての責任は私に」】より


なんと言いましょうかね?

テレビ朝日という放送局は「懲りない」と言いましょうか、「何度同じ過ちを繰り返せば」と言いましょうか、そんな感想を持ってしまいますね。


それはともかく、たかが一民間企業の一社員が「全責任」と宣っても意味がなく。それこそテレビ放送局が、今まで散々大騒ぎした「責任が〜」ということで、その範を示すためにも経営陣の総退陣とか、放送免許自主返納という措置を講じるべきではないでしょうかね?


次の画像の文字が読めれば良いのだが・・・

web用609


画像の消毒液・・・いわゆる「エタノール手指用消毒液」・・・は、水拭きがダメなところの汚れを落とすために、随分以前に購入しておいたものである。

で、その消毒液の成分及び分類として「エタノール76.9~81.4vol%」 添加物として「イソブロビル・・」と記され、火器厳禁、危険物第4類である、と記されている。

次の画像の物は、完全に「酒類」である。だから飲用も可。先日試しに購入した。地元の蔵元が製造し、地元の酒店で売られている。


web用610


画像でわかる様にアルコール度数は「66度」・・これも読めるかな?

このアルコール度数ならば、コロナウイルスは「不活化する」と言われている。

なお、vol%という表記は、アルコール度数を表しており、76.9~81.4vol%ということは、76度から81度のアルコール度数があるということで、アルコール濃度が「76.9~81.4%はある」ということである。

詳しくは、「アルコール度数」で検索してね。


しかし、今回の騒動も色々と勉強になるね。

なおね、飲料アルコールも「60度」を超える「度数」となると「火器厳禁」「危険物第4類」に該当しちゃうから、酒だから、なんて安易に思わない様にね。



追記


西村経済再生担当大臣は新型コロナウイルスの特措法に基づく休業指示に従わない例が多発した場合、「罰則を伴う仕組みの導入を検討せざるを得ない」との考えを示しました。

【西村大臣、休業指示をめぐり「罰則伴う仕組み検討も」】より



【「入学、始業を9月に」学力格差解消や国際化推進 宮城知事が私見】


この他にも「ハンコをなくせ」とか「戸籍がどうたら」という話も出ている様で、今盛んに言われている「仕組みが変わろうとしている転換期」になっているのかもしれません。

しかし、皆さん何かお忘れではないでしょうか?

憲法ですよ。憲法に言及せす、かつ憲法に触れることもなく、社会制度を変えようって・・・あまりにも都合が良すぎませんか?

憲法改正も同時に行わず、何が「旧態依然の制度を変えよう」「国際化」ですか?

バカでしょ?

戦争も行えない様な制度をありがたがっているくせに、何が「国際化」ですか?

国際的には「戦争ができる国ばかり」じゃないですか?そんな国に囲まれているのが日本でしょ?




栃木県は、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された女性が、症状が出たあとに利用したスポーツ施設について、県からの休業要請のあとも営業を続けていたことを明らかにしました。記者会見した福田知事は「要請のあとも営業を継続し、患者が確認されたのは誠に残念だ」と述べ改めて休業要請への協力を求めました。

栃木県によりますと、大田原市の80代の女性は今月16日以降けん怠感や発熱があり、医療機関を受診したうえで、ウイルス検査で25日、陽性と確認されました。入院中で肺炎の症状があるということです。

栃木県によりますと、女性は大田原市内の会員制のスポーツ施設を症状が出た今月16日と21日に利用していたということです。


26日夜、記者会見した福田知事は「スポーツ施設が休業要請のあとも営業を継続し患者が確認されたのは誠に残念だ。今後は、より強い要請と応じない場合の施設の公表を視野に、緊急事態措置を徹底していきたい」と述べ改めて休業要請への協力を求めました。

【休業要請後も営業継続のスポーツ施設 利用者がコロナ感染 栃木】より


確かに、要請があったのに営業を続けていた、ということは「誠に残念」なことでしょう。しかし、それ以上に驚きなのが、感染してしまった女性が、ある意味「非常に元気、健康」と言いましょうか?「変な自信に満ちている様な」と言いましょうか?そんな感想を持ってしまいます。

まあ「齢80だから」と言ってしまえばそれまででしょうから、やはり「営業を続けていた」という方が「悪く?」なるのでしょうけどね。

というか、何が安全で、何が安心なのか?ということは別にして、年齢や性別に関係なく、引用記事に記されているような女性のような方が、大騒動の最中、結構多いのではないのでしょうかね?

しかも「マスクを着用していた」ということで変に安心し切ってしまい、長い時間知り合いと立ち話に興じる、人が多くいるところについつい行ってしまう、とかね。

マスクをしていても他の人と接するときは、激しく呼吸をしてしまう、声を大きく出してしまう、ということを控えなければならないのですけれど・・ですから、多くの人が屯するような場所では激しく動かない、大声を張り上げない、顔を近づけて話さない、ということが、マスク着用事でも肝要かと思います。

当然、鼻を出しているようなマヌケなマスクの着用はダメですよ。

そう言えば、昨日も東京あたりじゃ「カネをくれデモ」が行われたとか、大阪辺りじゃ営業を行ったパチンコ店に多くの人が行列をしてまで集まったとか・・・この様な行為をする方たちも「健康だけは自信がある」のでしょうし、自分だけは「感染しない」「感染させない」という「変な自信」があるのでしょうね。

だけど、迷惑行為としか言えませんけれど・・・


ポンペオ国務長官 @SecPompeoは、「中国が #新型コロナウイルス の発生を適時にWHOに報告しなかった、と米国は強く確信している。中国共産党がWHOに報告した後でさえ、中国は持っていたすべての情報を共有しなかった」と述べました。


・・・と、駐日米大使館の公式Tweetは、ポンペオ国務長官のTweetをRetweetしてTweetしている。

ポンペオ国務長官の「中国が #新型コロナウイルス の発生を適時にWHOに報告しなかった、と米国は強く確信している。中国共産党がWHOに報告した後でさえ、中国は持っていたすべての情報を共有しなかった」と言う発言は、メディアからも報じられているので、すでにご存知の方もおられようが・・


科学とか医療という視点は別にして、政治的には「戦争」ということなんだろうと思う。

ただし、我々が考えてしまう様な「直接的なドンパチ」とは違う戦争だけれどね。

戦争であるから、戦費が必要。当然、物資も必要。

それ以上に、相当数の「犠牲者」が出ることも、覚悟が必要。

そして何よりも、今度の戦は、負けない戦にしなければならない。完全勝利は色々と目をつけられるのでね。

負けなければ、かかった戦費を回収できる。敵対する相手に賠償を請求できる可能性がある。

なんか、さりげなく凄いことを記している、と思うわれるだろうが、これが「現実」なのだろうと思うよ。


なおさ、いま現在の日本での「消費税」って、「目的税」だよね?


消費税法 第一条2
消費税の収入については、地方交付税法(昭和二十五年法律第二百十一号)に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする。


経済学のことなんざさっぱりだけれど、その筋の専門家のTweetを見てるとさ、消費税の目的をその筋の専門家たちが言及しないことに、????が、ど素人ながら点るんだよね。



追記


また24日、羽田空港から入国したあと、午後5時ごろに福島県に到着した外国籍の30代の男性の感染も確認されました。

男性は、羽田空港の検疫所でPCR検査を受け、検査結果が出るまでの間に公共交通機関を使わずに移動してきたということで、県内の感染者には含まれません。

男性に症状はなく県内の医療機関に入院していて、県の保健所が今後立ち寄り先などを聞き取ることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200424/amp/k10012404911000.html


・・・この様なことがあると、「甘い!」「なんで入国を許可した!!」という方もいるだろうけれど、現行法上「どうすることもできない」というのが実情だろうと思うし、検疫前、または検疫後に、入国を許可している、と考えられるので、公共交通機関以外の移動手段があれば、移動しちゃうよね。

まあ、それ以前に「検査結果待ち」の入国申請者を、どこで待機させておくか?というのが、大きな課題なのだろうけれど・・・

その課題が解決できれば、検査結果次第で「入国許可」ということも可能だし、それこそ皆が大好きな「人道上」ということで、結果が「陽性」であったとしても、入国を許可し「入院・・隔離」という措置を取れるのが・・まあ、今のところ「最善」なのだろうと思うよ。

ともかく、この様な騒動では、憲法も含めた法律上の「大矛盾」というのが露呈しているわけで、騒動が一段落したならば、本当に憲法改正を含めた法改正等々を、真摯に考え議論すべきだろうと思うよ。





動画アップ日が2013年なので、動画撮影を行った子供たちも、成人している、と考えられます。そしてこの様に公開しているので、ブログに添付しても大丈夫だろうと判断しますが・・・

目を出しているし、子供と分かるのでコンビニの店員さんたちも「笑い話」「マヌケや〜」と言うことで済んだのだろうと思うますけれど、これがね大人でサングラスもかけ、いきなりレジに現れたらどうなることやら・・・

と言うか、マスクマスクと煩い昨今、マジで動画の様なマスクを被り、サングラスまで着用した大人が、スーパーやコンビニで買い物、公共交通機関を利用、銀行を利用した場合、どうなるんだろ?と言う疑問が擡げましてね、この様な動画を探し出し、ブログに添付したのですけれど・・・

そして、動画の様なマスクがダメというのならば、雨具のフードを被りマスクと防護ゴーグル姿ならば許されるのでしょうかね?

まあ、記したことは、ある意味「皮肉」です。あまりにも変なところに過剰に反応する方々の言動を知っての皮肉。

でも、完全に頭部全体を覆う様なマスクやフードは、感染症ナンタラから言っても「合理的」と思いますよ。だってね、頭髪に飛沫がつかない可能性が大きいですし、家に帰ってマスクやフードを洗えば済む話ですからね。

もう少し言えば、長髪の方は「坊主頭」にした方が、防護や予防ということではラクですよ。防護や予防のために長い髪を色々いじる必要もないですし、洗髪のことを考えればね・・・



【患者番号で公開されるGPS情報】韓国では、政府のサイトにより、患者番号でGPSの位置情報履歴が使え、どこに行ったかが追跡できる。この情報提供に抵抗した感染元の、新興宗教団体の指導者は「殺人罪」で告訴された。この東アジア型モデルが感染数抑制で効果を発揮してきた。


【国民総背番号】マイナンバー制度は医療情報だけでなく、戸籍やパスポート管理、証券取引に拡大させる。これでは個人情報が裸になるだけでなく、アベのような独裁者が国民すべてを掌握できる国民背番号制だ。情報は分散管理と個人情報保護が優先です。


世帯主が暴力や暴言で家族を支配している家庭もたくさんあります。配偶者や子どもは、世帯主の持ち物ではありません。一人一人の命に届くようにして下さい。


この様なTweetを拝見してしまうと、面白すぎる、下手な落語や漫才、コントを見るより笑える、と思うは私だけであろうか?

だってね、今でいうところの「マイナンバー制度」というのに、ものすごく反対していたのに、今回の様な騒動になると、他国の様な制度を〜・・・と声を張り上げ騒いでいる様なものだもの・・

腹を抱えて笑ってしまうよね?

そして以前も記したけれど、憲法改正反対、護憲なんて掲げているバカたちこそ「バカたちにとって都合の良い憲法改正をしたくてうずうずしている」という証明だよね?

たださ、現政権、いや安倍総理個人をものすごく忌み嫌うことがあるものだから、安倍政権下では「させない」「ただただ文句を言い募り、混乱させてやる」ということがものすごくある様だから、まさしく「キチガイ」的なことを喚くしかないのだろうな。


ともかくさ、個人的な好き嫌いとか、安倍政権憎しは別にして、引用Tweetの様なバカたちには、政治に触れさせない様にしなくちゃならないと思うよ。左右関係なく、引用Tweetの様な発想?思考?しかできないバカたちこそ、災禍を招き、それこそ「戦争」へ誘うのだから・・・


おまけ・・・


鼻咽頭における検体採取方法


ラピッドテスタFLU Ⅱ


医療のど素人が、いくら「簡易検査キット」なるものがあったとしても、これらリンク先での方法は無理だわ〜・・・というより、リンク先の様な方法は「完全な医療行為」だろ?

これがさ、簡易妊娠検査薬的な「尿・・小便」を検査薬に振りかけるのならばわかるけど・・・その方法だって、簡易であって、キチンと病院で検査しなきゃわからんものね?

いや、既成事実を、しかも「人命」ということを無視し作り上げ、医師法や薬事法も含めた医療関係の法改正を強引にやりたいのかね〜・・・

それこそ、憲法改正の話じゃないけれど、どさくさに紛れて行うことじゃないね。だって、人命に直結することだし、今の日本は「人が死ぬこと」「人が傷つくこと」をさ、最も許されない、という風になっているのにさ、その「人が死ぬこと」「人が傷つくこと」をさ、防ぐための最前線の医療に関してさ、既成事実を作り上げて法改正に持っていこうとするのなら、クソ最低だわ。


マスクがどうたらとか、簡易検査キットなるものを販売するどうたらの前に、日本の「大金持ち・・特にIT長者と呼ばれる方々」たちはさ、ビル・ゲイツの様にさ、ワクチン開発とか治療薬開発等の研究に金を注いだ方が賢明だと思うし、この騒動が一定の収束が見えてきた時の「社会貢献」を見据えた金の出し方を行った方が良いと思うけれど・・・

なんかね、日本の「大金持ち・・IT長者」って、大きくずれてんだよなぁ・・・


新型コロナウイルスにかかるとどんな「せき」が出るのか?


このリンク先の記事を読んで、若い頃に患った「肺炎」の時の「咳」を思い出した。

リンク先に記されてる様な「武漢肺炎19」に罹患した場合の「咳」のことは、完全に別にする。


若い頃に患った「肺炎」での「咳」というのは、最初は大したことがない「咳」が出るのであるが、症状が重くなると、体全身を大きく使う様な「咳」が出る。・・・記し忘れていたけれど、大したことがない咳が出ている時ちゃ、微熱もあって、その微熱が続くんだよ。そして高熱になり、大変な咳が出る様になる。

その様な体全身を使う様な咳が出ると・・その咳をするだけで、体力が落ちてゆく。だって、激しい運動を行っているのと同じになるからね。

当然、激しく咳込んだ状態が続くので、呼吸ができない。なんとかして「大きく空気を吸い込もう」と体も動くのであるが、空気が吸い込めない。

要は、呼吸器疾患の「喘息の発作」というのと同じ様になり、体力がない方は・・・大変だろうと思う。

で、この武漢肺炎19という感染症での「肺炎」では、当然なかったので、解熱剤と抗生物質の投与になるのだろうか?等の処方で、高熱も咳も治り、酸素吸入や人工呼吸器を使用することもなかったが・・・まあ、若かったし体力も有り余っていたことが大きかったのかもしれない。

ついでに記せば、高熱が出るので、味覚も何も感じなかった。というか、これも武漢肺炎19の症状に当てはめることはできないだろうが、高熱が出る時ちゃ、味覚も匂いも鈍感になるのだよ。わたしゃ幼い頃、すぐに「扁桃腺」を腫らし、肺炎以外にも小学生の頃に「小児リウマチ」と言うのにも患ったこともあるので、39度台の高熱を何度も経験していて、その様な経験から言うのだけどね。

なお、私の場合の小児リウマチは、すごい高熱が出て、何日もそれが続くんだよ・・・免疫もおかしくなったらしく、白血球がどうたらとも言われたし、心臓も相当ヤバかったらしい。そのために、退院しても激しい運動を医者から禁じられた。

だけど本当に幸いなことに、「小児リウマチ」での後遺症的なことがなかった。激しい運動も年齢を重ねていくとできる様になった。24時間不眠不休的な仕事も行っていたしね。


これが、いわゆる「平熱」とか「無症状」と言われる状態で、味覚も匂いも鈍感になる、となれば・・・それもそれで色々な疾患も考えられ、診断をする側も大変なんだろうと思うよ。

そこら辺のことが、まだまだハッキリしないので、新聞テレビが言っていたから、と無闇に信じちゃダメなんだ。


もっと言えばさ、「武漢肺炎19」に罹患した方以外の治療をどうするのか?と言う局面・フェーズにも入っているんだよね。

高齢者はもちろんだけれど、先天的に免疫が弱い方とか、今現在「武漢肺炎19」以外の病と長いこと付き合っている方々を守るためにはどうすべきか?必ず患うであろう病気等の治療をどうするのか?・・・等々の問題があってさ、新聞テレビが大威張りで言う、全ての医療をさ「武漢肺炎19」だけに向けられないのだよ。



追記・・米国での感染蔓延の原因??


アメリカ政府当局の調査により、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が2020年2月初旬に各州に配布した新型コロナウイルス用の検査キットがウイルスに汚染されていたことが明らかになりました。

2020年4月11日、アメリカでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により1日に死亡した人の数が世界で初めて2000人を超えました。アメリカで最初に新型コロナウイルス感染症の症例が確認されたのは2020年1月21日、そして2020年4月20日時点での感染者数の合計は74万2442人にもなっています。アメリカで最初の症例が出た後の2月初旬、CDCはアメリカの各州に新型コロナウイルスの検査キットを配布したのですが、この検査キットが新型コロナウイルスに汚染されていたことが政府当局の調査により明らかになっています。

【アメリカ疾病予防管理センターによる初期の新型コロナウイルス検査キットはウイルスに汚染されていたことが明らかに】より


このリンク先での記事・・マジなんでしょうね。

で、この様なことは「米国に限らず」と言う見方もできて・・・・ホント、事実は小説より奇なり、でありますなぁ〜・・・


医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)不活化効果について



リンク先の内容を拝見しますとね、その立場立場で、やるべきことをやっているな、と感謝したいです。

で、リンク先でも記されている様に、成果報告に過ぎず「絶対」ということではないので、リンク先に記されている市販されている「医薬部外品」を必要以上に買い求めたり、消毒効果が絶対にある、と思わないでいただきたい。

そして、一部メーカー品のものだけを使用し研究したものであるので、それ以外のメーカー商品は「ダメ」ということではないはず。

というよりも、リンク先の様な研究というのは、本当の消毒を目的とした衛生用品の不足があるために行われているのであるし、消毒液等を本当に必要とする現場や個人・・在宅介護や持病をお持ちの方・・に届く様にしたいためである。

政府が支給し始めた「布マスク」も同じ目的であろう。医療用というマスクが、医療現場や介護現場、当然その様な個人に届けられるための措置であろうと思う。

支給される「布マスク」はいらない、と大威張りでいう方は、本当にマスクが必要な方に、手元に届いたのなら大騒ぎせずに譲ればよいではないか?

そして、マスクが小さすぎて顔に合わない、とブー垂れる前に、自作マスクに応用するということを考えたら如何であろうか?


しかし・・・金があるのに、ただただブー垂れることしかできない、著名人・有名人・芸能人ちゃ、ホントクソ最低だわ。


追記

消毒用の高濃度アルコール(エタノール)は、消防法上の「危険物」に該当します。市販されている「飲料アルコール」であっても、アルコール度数が高いものは、消防法上の「危険物」に該当する場合があるそうです。

次のリンク先を参照。


医療機関等における手指消毒用エタノールの代替品としての 特定アルコール(高濃度エタノール)の無償配布について


使うなら 火のない所で アルコール


消毒用アルコール(エタノール)の取り扱いには、十分に注意してくださいませ。


2月からリモートワークを推進し、早い段階からコロナ対策を進めていた同局ではテレビ電話での会議が増えており「もう“在宅バラエティー”と銘打って、家や仕事場から番組を作ろう!!」と急きょ別番組が動き出した。

【テレ東らしい逆転の発想!在宅バラエティー誕生 コロナで収録中止も全員リモート出演】より


テレ東は2月上旬からコロナ対策として在宅勤務とフレックスタイムを推奨し、同月17日に対策本部を設置。部署ごとにチーム制を敷き、交互に出勤するシステムを導入した。

【テレ東のコロナ対策…2月上旬から在宅とフレックスを推奨】より


スポーツ新聞といえども、さりげなく凄いことを記してますねぇ〜・・・映画「メイインブラック」の中のセリフを思い出してしまいましたよ。

「真実はタブロイドに書かれている」というセリフを・・・


そして、テレ東以外のテレビ放送局は、同じようなことを知り得ていながら、全く危機意識がなかった、ということなんでしょうかね?

だから、テレビ放送局そのものが「クラスター発生源」と化した放送局もあるのですかね?

で、武漢肺炎が世界的に大ごとになり始めたのは、いつ頃からでしたかね?

あのクルーズ船での「集団感染」が新聞テレビが大騒ぎしたのが、まさしく「2月初旬」

そして武漢での都市閉鎖とかが報じられたのが、今年1月下旬でしたかね?

ともかく、あのクルーズ船の騒動の頃には、すでに「対策」等の指針が出ていて、色々な方面に「警告」が出ていたことは確かでしょうね。でなきゃ、引用記事に記されているようなことを、早急にできませんからね。

そして政府も、大方「準備が整った」ということで、色々発表していくわけですね。

というか、いくら「特別措置法」があるにせよ、政府にも総理にも新聞テレビやパヨクが言う様な「絶大な権限」なんかないのですから、色々と段取りとか、根回しが必要、と言うことですね。

政府や総理に絶大な権限を持たせたいのなら、憲法改正するしかないのですが・・・それを出すと、新聞テレビ、パヨクは、猛反対するでしょ?・・・本当は憲法改正をやりたいくせに・・

で、問題は・・・新聞テレビの嫌らしいところでありますけれど、知っていながら「アベガ〜」「政府が〜」「責任が〜」と騒ぐことですね。しかも「弱者の味方面して」ね。


そしてその様に新聞テレビが騒ぐことで、色々と情報が錯綜してしまったり、消費行動に混乱(大量買いや買い占め)を生じさせたり、今日に至るわけですね。

本当、既存の新聞テレビってのはどうしようもない、としか言いようがありませんね。





蛇足ですけれども・・・


ご存知の様に、新型コロナウイルスによる「感染症」を、COVID-19〈コビッド19〉と呼ぶのは、昨年2019年にその発生と症例が確認されたからですね。

英語では・・・Coronavirus disease 2019, ・・・と本当は呼ばれ、略してCOVID-19と呼ばれるのですね。

そして「19」と言う数字が入るのはそのためですね。

もっと言えば、多くの方が指摘していますけれど、遅くとも昨年初冬には「感染が世界的に蔓延するかも?」と言う危惧があったわけですね。実際、蔓延してしまいましたが・・・

なお、ウイルス自体のことは、Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2・略してSARS-CoV-2・・・と呼ばれます。

でも、武漢肺炎とか新型、あるいは「武漢肺炎19」と呼んだ方が・・わたしゃラクですけどね。