FC2ブログ

韓国の教訓を福島に伝える――韓国における甲状腺がんの過剰診断と福島の甲状腺検査
Ahn hyeongsik教授・Lee Yongsik教授インタビュー


というリンク先の記事がある。

記事見出しでわかる様に、甲状腺がんの過剰診断に関することで、韓国で甲状腺がん診断による「甲状腺がん患者」がいかに増えて行ったか、ということ。そして、あの原発事故後、日本も「良かれと」始めた「甲状腺がん診断」が、いかに弊害が出ているか、ということが記されている。

そして、多くの方もご存知の様に、甲状腺がんというのは、非常に特異ながんで、腫瘍が見つかったから、と言って、その腫瘍が短時間で悪さをするわけではない。逆に、早期治療と言うことで、甲状腺を摘出してしまった後の方が、その弊害が大きい。

で、この過剰な甲状腺がん診断と、今回の新型コロナウイルスの「検査が〜」ということと、一概に比較できないだろうが、過剰すぎる、不安と恐怖が増幅されると・・・という点では同じだと思う。

しかも、その過剰、不安と恐怖を植え付けているのが、既存の新聞テレビ。

事実、原発事故後の甲状腺がん診断に関して、一部の新聞は「異様にも執着」し、専門家が「甲状腺がんとはこの様なもの」「原発事故と簡単に関連づけられない」といくら説明しても、一部の新聞は「そんなことはない!」と文句を言い募り、不安と恐怖だけを報じていた。

そして、今回の新型コロナウイルスに関することも同じ様に「検査が〜」と騒ぐ。「検査が受けられないと、大変なことになる」かの様な報道に終始。アホだがなぁ〜・・・


ともかく、何度も何度も記してきているけれど、あの震災や震災に伴う原発事故を本当に教訓として活かせないのが、既存の新聞テレビと確信する。これは、震災時の政権与党であった「特定野党」も同じだろう。


なお、渦中のクルーズ船に勝手?に乗り込み、色々と話題を提供してくれた「渦中の先生」も、全ての検査は意味がないし、そんじょそこらでは感染しない、とSNSで述べている様ですけれど、この様なことを何故か新聞テレビや特定野党は話題にしませんね。

結局、渦中の先生も、新聞テレビや特定野党にとっては「政争の具」「人心に不安と恐怖を植え付けるための道具」でしかなかった、ということなんでしょうね。

まあ、陰性と陽性も知らんかった「特定野党議員」もいるくらいですから、渦中の先生を「政争の具」としか見ていないことは明らかだし、新聞記者が「エビデンスなんか関係ない」と宣ったこともありましたから、特定野党や既存の新聞テレビちゃ、その様なモノ、として扱うしかありませんけれどね。


スポンサーサイト