FC2ブログ

今回の新型コロナウイルスの事と、あの震災時の原発事故・・あのホウシャノウガ〜というデマ話蔓延・・と簡単に比較はできないのであろうが、いわゆる「ゼロリスク」と言われるものがどちらにもあって、大騒ぎになっているのだろうな、と思うところがある。

そして何よりも、日本には「人の命は地球よりも重い」というのが擦り込まれてしまい、100パーセント人命は優先され、100パーセント命を助けなきゃならない、というのが心の奥底にあるのだろうと思う。

確かに、助けられる命は助けるべき。守べき命は守るべき。しかし、限界がある、ということも受け入れなければならないのではなかろうか?

確かに辛い。しかも失われていく命が、自分の子、親、伴侶・・・愛する者であればあるほど。

しかし、今回の様な事、あの震災での原発事故の様なことがなくても、人の命は失われている。

交通事故然り、犯罪然り、新型コロナウイルスじゃない傷病で、今も多くの命が失われている。しかも多くの人は、その事に無関心。無関心なくせに、その様な災難が自分自身に起きると、大騒ぎ。

ある事、ない事を交え、大騒ぎ。人命が〜、政治が〜、世の中が〜、と大騒ぎ。しかも大騒ぎするだけで、それじゃどうすれば?という事になると、何もしない。ただただ文句を言い募り、責任を押し付けるだけ。

左右関係なく、文句を言い募り責任を押し付けるだけ。

この様な事こそ「パヨクの常套句であるヒトラー登場」の気運(機運)となる。


追記

手洗い習慣がないフランス 感染性胃腸炎が流行
2016年1月20日


・・・・というリンク先の記事を拝見した。

平成28年(2016年)当時のモノであるが・・・それにしても驚きを隠せない。

そして、リンク先の様な内容の記事が、数多く散見される。

よもぎねこさんではないけれど、新型コロナウイルスの世界的流行?蔓延?は、防げない、と覚悟するしかあるまい。

覚悟するしかあるまいが、その事で自暴自棄になり、ナニナニガ〜、と騒いだところで何も変わらない。

我々は、特に個人として、出来る限りのことをせねばならないのだろうし、あの「ホウシャノウガ〜、というデマ」は繰り返したくないものである。



追記の追記


衆議院予算委員会の集中審議で、野党側は「桜を見る会」の前日夜に開催された安倍総理大臣の後援会主催の懇親会をめぐる、安倍総理大臣の答弁に納得できないなどとして退席しました。

野党側は「説明責任は安倍総理大臣にある。あまりにも不誠実で、これ以上質問できない」などと反発し、立憲民主党などの会派と共産党が退席しました。


【野党側退席 懇親会めぐる首相答弁に反発 衆院予算委 2020年2月17日 17時16分】より
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012289221000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005


なんだこの職場放棄は???

本日の「衆議院予算委員会」は、新型コロナウイルスに関しての「集中審議」ではなかったのか?

本当に、とことんクソだし、バカも極まりだわ。

もう、特定野党なんざほっといて、予算も法改正も決めろ、当然憲法改正審議の手続きに入っちまえ!!

なお、今回の新型コロナウイルスに関し、その発生源の武漢にあるバイオ研究所から新型コロナウイルスが漏れた、と言われているが、我々の様な医学や科学にど素人がそれを知ったからといって、何か解決方法、治療方法を見つけ出すことができるのであろうか?

いま重要なのは、我々の共同体、日本社会が武漢の様に大混乱しないことではなかろうか?

しかも「未知なるウイルス」と言われながらも、インフルエンザ予防と同じことを行えば、完全ではないけれど予防可能であることもわかりつつある、もしも罹患した場合でも、頼り甲斐がないかもしれないが、医療体制が整いつつある。

ウイルスが漏れた、漏れていない、またはバイオ兵器だどうたらは、ある程度収束してからの話だろうし、それこそ「政治」であり、その時に証拠を突きつけてやれば良いだけだ。

ここら辺を分けて考えられない方々が、結局のところ「あらぬ風評」を撒き散らす原因となる、と思うのだが・・・いや、良からぬ勢力の術中に嵌るだけではなかろうか?

社会が大混乱し、その混乱を収束させるために、余計な労力がかかると言うことこそ、人心や社会を疲弊させ、国力を奪う事に最も適した方法なのだから・・・


スポンサーサイト