FC2ブログ

上山信一
@ShinichiUeyama
いや燃やすという行為は、祈りなんです。神社で自分の願いを書いたお札を燃やすのも祈り。神に自分を近づける行為は痛みを伴う喜びとされている。東洋哲学の天空逍遥の一形態なんです。 https://t.co/KHcJt3FpOk
2019/09/18 23:17:58



これね、「あいちトリエンナーレ」で展示された、昭和帝の肖像写真を燃やした作品に関しての「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」の副座長センセのTweet。

「大学の教授センセでありながら、不見識すぎる」というリツィートが多すぎたためか、削除した様だけどね。

だけど、この様にして「魚拓?」という形で残っている。

デジタル技術ちゃ・・・・恐ろしいね。

ともかくね、非常に権威ある大学の教授センセと言えども、専門外のことは「不見識」なんだよね。しかし「センセ」「センセ」と持ち上げられるものだから、ついつい「余計なこと」まで口にする。

しかも、大学の教授センセという自意識過剰も当人にはあるものだから尚更。消すくらいならば、最初から口にすなや・・・・


国・政府の「専門家委員会」とか「有識者会議」や、地方の同じ様な委員会や会議の「有識者」とか「専門家」と称する方々の中には、引用Tweetを発した「大学教授センセ」の様な門外漢が結構多いんだよね。

「大学の教授センセ」「非常に著名・有名」というだけで、「専門家」「有識者」と目されているだけなんだよね。要は「ど素人」ということだ。

そんなど素人たちが、勝手に物事を決めていく。

これじゃ、議会・・議員・・なんぞいらないじゃん、と思ってしまうね。


スポンサーサイト



●少女像の展示は日本人に対する一種のヘイトスピーチであり不適切では。
→そもそも、日本人に対するヘイトスピーチは日本の法律では違法ではない。また、ヘイトスピーチの一般的な捉え方に照らしても、少女像がそれに当たるとは言えない。
17:54 - 2019年9月25日


なるほどねぇ〜・・・(呆)


引用したTweet、大手新聞社の「官邸クラブ」というところのTweetですわ。まあ、自社の製品・商品である「新聞」と言うモノの、宣伝Tweetでもあるわけですね。

ですから、引用Tweetは次のリンク先に記されている記事の「抜粋」と言うことになりましょうかね?とは言え、非常に大切な「個人情報とお金」を大新聞社に提供しなきゃ、記事全文は読めないのですがね。


【「津田氏が個人的野心を優先させた可能性」検証委の見解】


しかし、NHKも同様の問題?に関して、同じ様な報道の仕方をしていましたが・・・いわゆる「少女像」を問題視して、抗議があったわけじゃないのですよね。

同じ展示物?の中に、昭和帝の肖像写真を燃やす映像があって、それに対して「なんじゃこれ?」「これが芸術?」「表現の自由といえばなんでも許されるの?」「この様な物を展示するのに、公金・国民の税金が供出されなきゃならないのはおかしすぎ」となったんですよね。

そのことは全く報じることなく、いや「無かったこと」にして、ヘイトだとか公権力の介入がどうたらという「論点ずらし」に、既存の大新聞・大テレビも加担しているから益々おかしなことになっているんですよね。

まあ、この様な手口というのは、パヨク界隈、既存の新聞テレビ業界の「十八番」「常套手段」でありますがね。


ともかく、引用Tweetの様な「屁理屈」が許されるのならば、どこかのバカ民族に関してのヘイトがどうたらは別にして、「誹謗中傷」「名誉毀損」等々、他者を貶め侮辱する言動は「国民誰もが許される行為・権利」と解釈できてしまいますがね。しかも、既存の新聞テレビがその事を推奨している様に見えますが?

したがって、抗議電話の中で「語気を荒げた」という事があったとしても「許される行為」であり「権利」と解釈ができ、恫喝とか恐喝、妨害行為とは言えないのでは?

というか、余りにも「御都合主義」過ぎませんかね?

だって、あいちトリエンナーレの主催者側や既存の新聞テレビ側の話を知ると、自分たちの蛮行は許されるけど、自分たちが行った蛮行を批判することは絶対に許さない、と「あいちトリエンナーレの主催者側や既存の新聞テレビ側」が大騒ぎしている様に見えて仕方がないですからね。


ニューマン氏の虚像を作り上げたのは、WeWorkに多額の投資を行ってきた「JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモン氏やソフトバンクの孫正義氏によるところが大きい」とストーラー氏。

ストーラー氏はダイモン氏を「消防士のフリをした放火犯」であるとして、「彼の実際の評判を知っていれば驚くべきことではない」と批判。孫氏については「ソフトバンクの一般的なやり方は、民間資本市場から競合他社を現金で締め出すこと」と指摘。なお、ストーラー氏によれば、ソフトバンクはコワーキングスペース市場の競合他社の価値を下げ、WeWorkの市場地位を確立したのちに利益を得ることを望んでいるのではと推測しています。


ソフトバンクやWeWorkの「競合他社よりも低価格でサービスを提供して最終的に市場全体を支配する」という手法は、Amazonが成長していく過程でとってきた戦略と同じだそうです。この戦略はWeWork以外にも多くの模倣者を生み出しており、ベンチャーへの投資を加速させてきました。その結果、ベンチャーキャピタルや投資家の目標は「大きな市場を見つけ、その市場で支配的な立場になるまでサービスの価格を下げられるような1つの企業に資本を投入すること」になってしまったとストーラー氏。これにより金融業者はすべての競争を終結させ、生き残った独占企業による利益をむさぼることができるようになってしまっているとのこと。


ストーラー氏はこういった偽造資本主義的な戦略は危険な経済的結果をもたらすとして、サブプライム住宅ローン危機やワールドコム破綻のような経済危機につながる可能性があると指摘。また、偽造資本主義的な流れはグレシャムの法則が形を変えたものであり、「安価で何かを偽造できるとしても、偽造物は最終的に市場全体を乗っ取り、あるべき商品を市場から追い出してしまいます。そして、ニューマン氏のような偽の『指導者』が称賛され、物事を作り管理できる本物の指導者を、大げさなものと扱ってしまうことになります」とも指摘しています。

【ソフトバンクが多額の出資を行うもIPOに失敗&大炎上でCEOが退任した「WeWork」を専門家が批判】より


記事全文はリンク先で・・・


しかし「辛辣」ですね。というか、経済とかそんな専門的な事を知らなくても、昨今の「経済活動?」等に感覚的に「????」と思っていた方々の「?」に答えてくれたかの様な記事、と思います。

そして、引用記事にも記されている様に「サブプライム住宅ローン危機やワールドコム破綻のような経済危機」にこの件が発端となり起きるのでしょうか?


 コメンテーターで同局の玉川徹氏は、小泉氏の一連の発言が波紋を呼んでいることに「僕が今、一番関心があるのは、メディアの変節というか潮目が変わったのはどこなんだろうと思うと、結婚からですよね。あれ以降、潮目が変わったなっていう気がするんです」と指摘した。

 その上で「じゃぁどういう風なところをとらえて潮目が変わったかなと。我々がテレビでやっていると、あれ、意外と視聴率取れないなっていう感じがあったんです。これ何だろうなって思った時に結婚のところで今まで進次郎ファンって言っていた人が少し離れた部分も感じられるし、ファンの人たちは何を見ていたかというと、虚像を見ているわけです。だって実績ないんだから。だけど何となくカッコイイし、何となく煙に巻く感じとかが彼の表現で言えばクールなのかな。カッコイイと思っていたのが実務部分がどうもなさそうだなというのが少し見えてきた」と示した。

 さらに「似たようなのは田中真紀子さんの時にすごく感じていて。田中真紀子さんの人気ってすごかったんです主婦層を中心に。でも何で人気があるのか伝えている我々も分からなかった。ところが大臣になったあとにしぼんでいきました。ああいう風なものを連想させる部分があって。彼が実の部分でどれぐらい出していけるかいけないかで今後、虚だけだとすれば、しぼんでいく気がします」とコメントしていた。

【玉川徹氏「セクシー発言」の小泉進次郎氏に「潮目が変わったのは結婚から。意外と視聴率取れない。ファンの人たちは虚像を見ていた」】より



この引用記事を読むと、新聞テレビは「やらせが当たり前」という解釈しかできないんだよね。

だってさ、いくら視聴者というか、世論というか、名もなき方々が求めていた、という風に言ってもさ、実際に「虚像」を作り出し、その虚像が実際に存在するものとして大々的に社会に流布させたのは、新聞テレビなんだから・・・

引用記事にも記されているけれど、あの「田中真紀子氏」然り、「現環境大臣」然りでしょ?

あれだけね、「スンバラシイ」「カッコがよく弁も立つ」と現環境大臣に就任する前は、既存の新聞テレビは散々持て囃したんだから・・・

それが新聞テレビが望む?考えていた?様にはならないと、引用記事の様なことを述べて誤魔化す。これじゃ、今以上に既存の新聞テレビは信用できない、となっていくと思うのだよね。

ともかくさ、先日も記したけれど「新聞テレビが積極的に、かつ大々的に取り上げ持ち上げて報じられる方々って大概は、中身がなくお飾り」が多いのだよね。そして新聞テレビは、その今まで散々持ち上げた人物が「お飾りということがバレた」「その鍍金が剝げた」となると、新聞テレビは「世の中が悪い」と大騒ぎするだけなんだよね。しかもさ、散々持ち上げ、持て囃した人物を平気の平左で地獄へ突き落とす。


しかしさ、現代の「政治家」も「イメージ・印象」は大切さ。ある意味「人気商売」だからね。だけどね、政治家は芸能人じゃないのだから、虚像や虚構を売りにしてもねぇ〜、と思うし、それに既存の新聞テレビが噛んで、特定の政治家の人気の嵩上げに邁進する必要があるのかね?

いや、新聞テレビが積極的に特定の政治家の人気の嵩上げに貢献するというのは、その政治家から大きな見返りが、新聞テレビに対してあるのかね?

仮に「見返りがある」ということならば、新聞テレビに関する法律を改正するしかないと思うのだよね。そうすれば、政党機関紙の様に好きなだけ、特定の政治家や政党を新聞テレビが応援できると思うのだよね。

だけど、それで世間様が考える「健全な商売」として成り立つのかは甚だ疑問だけどね。

もう少し付け加えておくけど、「利権が〜」「既得権益が〜」と今の今まで?大騒ぎし、その今までの「利権」「既得権益」を壊した側が、今度は「利得者側」「既得権益側」になってしまっているんだよね。ここらの事を、理解できていない方が多い様だけど・・・

そしてさ、今までの「利権」や「既得権益」を壊した現在の「利得者側」「既得権益側」というのは、ハッキリ言って「野放図」「傍若無人」・・・「反社会とか反国家・反日」・・・が多いから困るんだよね。


イメージ取り込み 1823


電気はいらない!と掲げた方は、その電気の恩恵を最大限受けている、と思うのだけど・・・・

電気だけじゃないね。地球温暖化の原因とされる「炭素」の恩恵も最大限受けていると思う。そうじゃなきゃ、齢80過ぎまで生きてこれなかったはず。

しかし、以前も記したが、千葉県での「長期にわたる大停電」を見て、画像の様に「電気はいらない!」とか「たかが電気」と大騒ぎした方々はどの様に思われているのだろうか?

余りにも便利すぎる生活を享受しているものだから、何も感じず、何も思わないのであろうか?


そして今、日本の既存の新聞テレビで盛んに?取り上げられているグレタ・エルンマン・トゥーンベリというスウェーデンの少女も、結局のところ「何不自由のない便利すぎる社会」で生きているので、簡単に「オンダンカが〜」と、画像の老人同様に喚いてしまうのだろうと思う。


しかし、グレタ・エルンマン・トゥーンベリというスウェーデンの少女のことを検索していたら、スウェーデンという国は、我々日本人が考えている様な国ではないことがわかる。特に、電力に関しちゃ・・・ヨーロッパ有数の多国籍エネルギー企業の本社が置かれている国で、この多国籍企業がヨーロッパ各国の大手電力会社を子会社化しているのだから・・・・発言力が大きいのも頷ける。


なおさ、日本に限ったことじゃないだろうけど、新聞テレビ等のメディアが横並びで「スンバラシイ」と持ち上げる人物には「要注意」ですよ。

どこかの大臣と同じで、新聞テレビ等のメディアに「スンバラシイ」と持ち上げられている人物の大半は、中身がなくお飾りなんだから・・・・そして、鍍金が剝げたな、となった途端に、新聞テレビ等のメディアは今まで散々持ち上げておきながら、掌返しでその人物を地獄へと突き落とすからね。

スウェーデンの少女が、少女の味方であるはずの新聞テレビ等のメディアからその様な仕打ちを受けることがない様に祈りますよ。どこかの大臣のことはシラネ。もう大人だし自分で自分の始末は着けれらるでしょ?


首相の主張に文大統領は疲れ…韓国がみた「最悪の対立」
2019年9月23日06時00分

韓国大統領統一外交安保特別補佐官 文正仁氏

 ――対韓輸出規制の強化と日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))破棄で最悪の日韓関係ですが、対話の機運すらありません。

 「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造になっている。相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。だから強い姿勢に出る。指導者間の不信もある。歴史問題が解決されないと韓国との協力は難しいと主張を繰り返す安倍晋三首相に対し、文在寅(ムンジェイン)大統領は疲れを感じ、諦めかけているようだ」

 ――関係悪化の契機は昨年10月に韓国大法院(最高裁)が出した元徴用工への賠償判決です。1965年の日韓請求権協定は①外交協議②解決しない場合は日韓と第三国の仲裁委の設置③第三国のみの仲裁委設置、を定めますが、ここで双方はすれ違っています。

 「日本側は一方的に①ができな…


この先は、非常に大切な「個人情報」と「お金」を朝日新聞社に提供しないと読めない記事であるが、公開されている読める部分を読んだだけでも、「これこそマッチポンプ」と思う。

で、次のリンク先の様な報道があるためか・・・なお、次のリンク先記事も毎日新聞社に非常に大切な「個人情報」と「お金」を提供しないと全ては読めない記事。


「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?https://mainichi.jp/articles/20190920/k00/00m/040/362000c


その為なのか?テレビ朝日の番組では・・・


【信頼できる国】共同通信・太田昌克「民間が元気に商売できるのは国家安全保障なんです。国と国との関係が良好であって確り安全である。我々、東アジアのエリアで信頼できる国は何処でしようか」大竹まこと「韓国しかない」若林史江「どうやって信頼しろって言うの」

若林女史に一票。台湾がある
21:05 - 2019年9月21日


・・・という意見が出た様である。

テレビ放送番組が「嫌韓を煽る」ということは別にして、新聞社やテレビ放送局、そして通信社が、その独自の「色」を出すということは、ある意味「良いこと」と思う。

しかし、「全て」と言っても良い、新聞やテレビ放送、通信社は、今の今まで「なにはなくても韓国マンセー」「北朝鮮マンセー」報道ばかりだったのである。

以前も記したが、その事に「2002日韓共催ワールカップ」を契機に「おかしい」と多くの日本国民・日本人はなったのである。しかも日韓共催ワールドカップが開催された同年、当時の日本の総理大臣が北朝鮮へ電撃的に訪問し、その時に北朝鮮は「日本人拉致」を公式・正式に認めた。

そして、平成26年(2014年)に朝日新聞社は、長年に渡り報じてきた、いわゆる「従軍慰安婦報道」が「社を挙げた嘘」であったことを認めた。

これらのことが決定打になり、韓国・北朝鮮は「信用できない」となっていったのである。

当然、既存の新聞テレビが報じることは「信用できない」となったのである。

だって、朝日新聞社は散々、いわゆる「従軍慰安婦報道」という「社を挙げた嘘」で、韓国・北朝鮮の「反日」を煽ったのだから・・・・他の新聞テレビも、それに乗じて、反日を煽った。

この事実を既存の新聞テレビは省みることみなく、いやなかった事にし、日韓が〜、嫌韓を煽るな〜、と泣き叫んでも仕方がないのである。日本の既存新聞テレビの自業自得なのだから・・・

なお、これからますます引用した記事やTweetに記されている様なことが、既存の新聞テレビから頻繁に出てくるであろう。新聞テレビが垂れ流す「嘘」に騙されない様にしなくてはならない。


小西ひろゆき議員に「名誉毀損等に該当しないか検討し、必要な措置を取ります」と言われて戦々恐々としています。よく左派の方々が「野党は権力者ではない、文句はアベに言え!」というような事を言いますが、本当でしょうか。野党議員は何をしても権力の横暴には当たらないのでしょうか。
3:52 - 2019年9月20日


何のことか理解できない方は、次のリンク先記事を参照してください。


【ハム速訴えられる模様】立憲民主党・小西ひろゆきが一般市民を名誉毀損で訴えるとtwitterで脅迫「私の間違いをtwitterで指摘したことは名誉毀損」記事にしたハム速もアウトか 


最初に引用したTweetに関し、私個人の独断と偏見として答えれば、全ての国会議員は「権力者」です。

だってね、法律で議員の身分が保障され、かつ様々な「特権」を、国民有権者から与えられているわけで、そのことを議員個人の私的なことに使おうと思えばできるわけで・・・

だからこそ、ある意味「議員を揶揄する」と言うことで、その権力者を国民有権者は監視し権力の暴走を抑止しているわけで、そのために「言論」とか「表現」の「自由」と言う権利が、名もなき国民有権者全てに保障されている、と思うわけですよ。

既存の新聞テレビが、議員に対して「辛辣」な報道ができるのもそのおかげでしょ?他者を貶める報道ができるのも、そのお陰でしょ?

ところが、既存の新聞テレビや渦中の議員(自分自身)は良くて、名もなき国民有権者が行うことは許せない、と大騒ぎ。特に、既存の新聞テレビや渦中の議員に対して、名もなき国民有権者が批判したり揶揄することは絶対に許せない、と大騒ぎ。

これじゃ現政権与党、安倍総理を批判したり揶揄する資格はない、と思いますよ。

国民有権者が議員である自分自身を批判することは許せない、許されることではない、と考えるのであれば、今すぐに議員職を辞し、一般的な国民に戻れば良い。そうすればいくらでも、法的手段に〜、とやれる。

・・・と思うのですがね。

まあそれ以前に渦中の議員や特定野党には、全ての議員は特権を国民有権者から負託されている、与えられている権力者と言う自覚がない、と言うのが本当のところでしょうね。

もっと言えば、議員という権力者が国民有権者に対して、いくら法的措置ということも国民の権利として認められているということがあるにせよ・・国会議員も国民だからね・・、権力者が訴訟をチラつかせて発言の訂正や破棄を求める行為というのは、野党議員や既存の新聞テレビが大騒ぎするところの「言論弾圧」と言われても仕方がないであろうし、言論とかナントカを国会議員として大上段に振りかざすのであるのならば、言論にて反論し、相手を納得させねばならない、と思う。

ところが、そんなことを最初から放棄し、権力者の横暴・暴走という印象になってしまうことを平気の平左で国会議員が、国民有権者に対して行う。

これじゃ、権力に対して「物言えぬ世の中」に本当になってしまう。

渦中の議員や特定野党は、民主主義とか自由を振りかざしながら、「物言えぬ世の中」を本当は作りたくて仕方がないのであろう。恐ろしいことだ。




朝日新聞は数々の嘘をついてきた。数々の報道内容を改竄してきた。そんな新聞がどれだけ我々が報じる内容は事実で正しいと言っても信じる方が難しい。これは報道とかジャーナリズム以前の問題だ。この新聞の報じる内容、主張は何もかも信じることはできない。一民間企業とは言え、嘘つき新聞による新聞発行事業を許されようか?


これには元がある。その元になったTweetが次のモノ・・・


安倍政権は数々の嘘をついてきた。数々のデータを改竄隠蔽してきた。そんな政権がどれだけ福島原発の汚染水を海洋放出しても問題ないと言っても信じる方が難しい。これは科学以前の問題だ。この政権は何もかも信じることはできない。嘘つき政権による海洋放出には絶対反対だ。



まあ、朝日新聞社の今までの愚行を考えれば、誰もが考えつく「パロディ」であるが・・・・朝日新聞社の社員たちは、自分たちの仕事が世間様からこの様に見られている、と言う自覚がなく、仮に自覚があったとしても「なぜ自分だけが〜」「俺たち私たちの仕事を理解しない世の中が悪いのだ」と、何処かの国の様に考えているのだろうね。


と言うか、いくら「個人の意見です」と言っても、何度も何度も記してきているが、なんで自分で自分の首を絞めていることに気がつかないのだろう?と本当に思う。

これじゃ、ますます既存の新聞テレビは勿論、ジャーナリズムというモノの「信用」を、その業界の人間が貶めていることになっているのだけれどね。


それとも、新聞テレビの今までの「商売の形」を、自らの手で潰す気なのかね?

だとするのならば、大いに「新聞テレビはバカ」「ジャーナリストの多くはバカ」ということを世に晒せば良い。


おまけ動画




朝日新聞を含めた日本の既存新聞テレビちゃ、この動画に映し出されている「鉄道踏切」の様な感じがしてね。

動画の内容がよくわからない方は、次のリンク先を参照してね。


【「ロシアの踏切は…こんな動きをするのか!」恐怖にしびれる光景】


【100年経とうが…】日本製品不買条例について、青木理「今回の問題の一番の根幹は歴史認識。最近、歴史自体無かったこと言う人、歴史修正主義が出てきた。いつまで言ってるんだに対する不満。80年経とうが100年経とうが歴史的事実を踏まえた上で、先達の子孫として振舞わざるを得ない」
17:38 - 2019年9月9日


これね、青木ナンタラという方がテレビ番組内で発言したことを、書き起こしてTweetしたものなのだけどね。まあ、リンク先には動画も添付されているから、その動画もみてちょ。


で、このTweetを拝見してね、民主党政権が誕生した時のことを思い出した。いや、その当時、次の様なエントリをアップしたことがある。

-----------------------------------------------------------------

ホント良心的なインテリ(左翼)というやつは・・・2009.09.01

以前、temple氏のブログで閔妃のことを扱った報道ステーションのことを書いたエントリ【テレ朝報ステ、主犯大院君が隠蔽された閔妃特集 】を読んだが、今現在その本元と言うべきドキュメンタリー番組【114年目の氷解~反日感情の“原点”、閔妃暗殺を見つめた5年】が私の住む暮らす地方のテレビ局から流れている。当然テレビ朝日系列局だ。


内容はと言うと、閔妃暗殺をした日本人の子孫たちが、韓国へ出向き閔妃の子孫たちへ謝罪するというドキュメンタリー?だ。論評や閔妃暗殺に関しての歴史的事実と背景はtemple氏のブログ【テレ朝報ステ、主犯大院君が隠蔽された閔妃特集】を読んでいただくとして、何故100年以上も前の出来事で、その子孫が、日本人が、韓国に謝罪せねば成らんのだ?意味がわからん。


番組を制作した側、謝罪云々という企画した者たちは、百歩譲って、「善意」でもって謝罪云々を企画し番組を制作したのだろうが。これを言い出したらきりがない。一千年前の事を持ち出されても同じことになってしまう。一千年前の出来事を現代人が担保出来るのか?保証すべき事なのか?


これが可能ならば、私が住み暮す地方も可能なのか?戊辰の役で薩長から「賊軍だ」といわれた私たちの祖先のことで、薩長の子孫たちに、お前らは策謀を持って俺たちの祖先を賊軍にし、祖先たちに残虐行為をした。だから謝罪しろ、償えといってもいいのか?賠償を請求してもいいのか?


ともかく、日本に巣食う良心的なインテリ(左翼)はやはりオカシイと言うしかない。狂っているといってもいい。彼らはよく言うではないか、当人と家族は違う、だから家族を非難するのは近代的ではない、と・・・それなのに100年前の事で子孫たちに、事件と直接関係のない子孫たちに、謝罪しろ、と言う。これを狂っているといわず何と言うのだろう?

---------------------------------------------------------

あの時と同じことを、新聞テレビは行い始めた・・・まあ、韓国の前大統領パク・クネは「加害者と被害者の立場は1000年経っても変わらない」と述べているけれど・・・

ともかく、韓国は近代国家とはやはり呼べないし、その様な国に「阿る」「媚びる」「意に沿うような」ことしか言えん、マスゴミ人士・良心的なインテリ(パヨク)たちも「近代的思考」というものを理解しているとは思えず、全否定している、としか言いようがない。



日本から出席した竹本 科学技術担当大臣は総会で発言し、原発の事故後の日本の取り組みはIAEAから評価されていると強調したうえで、「廃炉・汚染水対策について、事実や科学的根拠に基づかない批判を受けることもあるが、日本が透明性をもって丁寧に公表している情報やIAEAの報告書の内容を踏まえ、公正かつ理性的な議論を行うよう求める」と述べました。

また、竹本大臣は「日本産食品の輸入規制についていまだに科学的根拠に基づかず規制を維持する国・地域があり被災地の復興に水を差している。科学的根拠に基づく早期の規制撤廃を呼びかける」と述べました。

これに対し、韓国の科学技術情報通信省のムン第1次官が発言し、「福島原発の汚染水の処分について依然として明確でなく、恐れや不安が増幅されている。日本政府の高官からは、海洋放出しかないという発言もあった。海に放出されたなら、それは日本国内の問題にとどまらず、世界の海洋環境に関わる深刻な国際問題となる」と述べ、日本側の対応を批判しました。

そのうえで、「IAEAは汚染水の環境への影響についても調査する必要がある」と述べ、IAEAがさらに役割を果たすべきだと主張しました。

【IAEA年次総会 原発の水処理めぐり日本と韓国が応酬】より


なるほどなぁ〜・・・

次の様な、まさしく「問題提起」のTweetを拝見して、先の引用記事を読んだもので、なるほどなぁ〜、と思ったもので・・・



私も非常に不思議なのですが、なぜ新聞やテレビが「汚染水」って用語をいまだに使ってるのかとか、風評被害について正面から触れないのかとか。記事中では「処理水」って書かれてるのに見出しは「汚染水」になってたりとか。マスメディアの人はどう考えてるのでしょうか。
0:40 - 2019年9月16日
https://twitter.com/sasakitoshinao/status/1173501876916015104



日本の既存大マスゴミ自体が、なんだかよくわからん方々に「汚染されている」と言うことは言いますまい。しかしね、NHKが報じた記事内容を見ますとね、変に腑に落ちたんですよ。

まあ、日本の大マスゴミが悪いのか?それとも、引用記事に出てくるヘンテコリンな国が悪いのか?・・わかりませんが、日本の既存の新聞テレビの報道のやり方は、様々なところでヘンテコリンな国やヘンテコリンな方々の意に沿った、または、阿る報道をしている、と言われても仕方がないでしょうね。



ちなみに、誰もがご存知の様に、事故原発から出る「水」の「海洋放出処理なんたら」と言うのは、「トリチウムが含まれた水」のことで、他の放射性物質が含まれた水じゃありません。しかも、トリチウム水・・この様に呼ぶしかないかね?・・・の処理というのは、韓国だって「海洋放出」を最終処分としている、国際的に「当たり前」として行われている処分方法。

それを事故原発から出る「トリチウム水」の処分も、日本は考えている、というだけの事。しかし、その処分も「日本の既存クソ新聞やクソテレビ」が「汚染水」と大々的に報じるものだから、日本国内でも国外でも「おかしなことになっている」のですよね。そして、現環境大臣も「義務教育で学んだであろう基礎理科知識」が皆無なものだから、この時期に、また輪をかけておかしくなった。

まあ、既存のおバカな新聞テレビやパヨクの様に、政府閣僚に対し「全知全能」を求めても仕方がありませんけどね。いくら「高学歴」と雖も、バカはバカなんですから・・・とはいえ、馬鹿と鋏は使いよう、という言葉もありますから、現環境大臣が仮にバカであったとしても、その手綱をしっかりと握り制御してりゃ良いだけのこと・・・ただし、環境省そのモノが、何処かの国の様に本当のバカだったらチト困りますがね。


追記


菅 直人 (Naoto Kan)@NaotoKan 
千葉県の停電に対する東電と安倍総理の対応余りにも遅い。私が福島原発事故発生の翌朝現地に行って、吉田所長から直接話を聞いたことに批判もあったが、その後の対応には極めて役立った。安倍総理は内閣改造が忙しくて初動が遅れたことは明らか。危機管理にとって初動の遅れは致命的。責任は大きい。


このバカが、その初動の時に「危険が迫る」「大混乱の最中」という事故現場に、お大尽旅行を嬉々として行ったこともさることながら、その後に出した法案に関することも、本当に許せない、と思う。





まだまだ大混乱が続く中、このバカは動画での様なことを嬉々として述べていたのである。

もっと言えば、他人の不幸、他人が困っている姿が「好きで好きで仕方がない」という、キチガイ。しかも、その取り巻きたちも同様であったし、未だに国会議員職である・・・・この様なキチガイに、幾ら現在政権与党所属ではないにしても、議員という権力を与え続けてはならない。