FC2ブログ

舛添さんは「ヘイトはホロコーストにつながる」の理由で川崎条例に賛成だが、問題はこのような条例の下では、「何がヘイトか」の恣意な拡大解釈が言葉狩りの横行と言論弾圧の風潮を生むことだ。舛添さんはホロコーストをこの目で見たわけでもないが、私は言論弾圧の恐ろしさを体験から知っているのだ。


川崎市が、罰則付きのヘイト禁止条例を準備中である。表現の自由との関連には配慮が必要だが、賛成である。ヒトラーはユダヤ人締め出しの法律を制定し、ホロコーストにつながった。人種差別は、芽のうちに摘み取らねばならない。他国で日本人だという理由のみで迫害される苦痛を想像してみるべきだ。


これらは、次の引用記事に関してのTweet。


川崎市、ヘイトスピーチに罰金50万円=全国初、条例に盛り込みへ

 川崎市は24日、市内でヘイトスピーチ(憎悪表現)を行った者に対し、50万円以下の罰金を科すことを盛り込んだ差別撤廃条例の素案を公表した。市によると、ヘイトスピーチを規制する条例に刑事罰を設けた例はなく、成立すれば全国初になる。

 素案では、市内の広場や駅で拡声器などを使って、特定の国・地域の出身者らを国外に退去させることをあおったり、危害を加えることを告知したりするような差別的言動を禁止。市の勧告や命令に従わずに違反を3回繰り返した場合は検察や警察に刑事告発し、罰金を科すと規定した。


私は、引用した最初のTweet・・・石平太郎氏のTweetなのだが・・・の通り、と思う。

しかも氏は、中共が支配する地域の出身者であり、中共が行い続けている「暴挙」を体験している方である。引用Tweetは「非常に重い」と思う。

しかし私の在所などは、東日本大震災、それに伴う「原発事故」に関して、いまだに「いわれなき差別」を受けている。しかも、差別は良くない、誹謗中傷は良くない等々をよく喚く著名人や国会議員等が、平気の平左でTwitter等々で原発事故被災地に関し「差別発言」「誹謗発言」を繰り返しているというのに、それに関しては「皆沈黙」である。

いや「沈黙」どころか、既存の新聞テレビが率先して「差別を煽る様な」「誹謗する様な」報道を繰り返す。



スポンサーサイト

反対のためなら 国民・有権者も泣かす

それがどうした 文句があるか

雨の永田町 国会前

亡国しぐれか デモ囃子

今日も呼んでる今日も呼んでる

ど阿呆特定野党


[セリフ]

そりゃわいはアホやし妬むことしかできん せやかせそれもこれも 日本破壊のためや

今にみてみい!わいはまた政権に返り咲くんや

政権やで わかっているだろ パヨク諸君

なんやそのしんき臭い顔は

金だ!金だ!選挙のための金持って来んか!!


・・・・という、余興でおました。


6月に入って、次の様な動画をよく見かける様になった。




以前から言われていたことであるが、漸く?銀行等の金融機関も「大々的な啓発・利用者等に周知」ということになったのであろう。

そしてこの様な動画が頻繁に見かける様になった、ということは、いわゆる「一般企業」等々は「対策を行い終えた」ということであろう。


そんな視点から・・・・


吉本興業 宮迫博之、田村亮ら芸人11人を謹慎処分 金銭の授受が発覚 詐欺グループとの“闇営業”問題で


・・・という出来事を観ると、私個人としては「妄想」が膨らむ。

だって、大手芸能事務所、その事務所所属?マネージメントをしていた?芸能人・タレントだけの話じゃなくなるかもしれないからね。

特に、テレビ放送局ね。

まあ、ご存知の方はご存知かもしれないが・・・ご存知じゃない方は「吉本興業ホールディングス」で検索し、企業情報で「株主」を観てみりゃわかるよ。



テレ朝もついにアベ政権の軍門に下ったか。良心と正義に基づく報道を続けてきたジャーナリストが追放された。これはまさしく民主主義の危機だ。
19:16 - 2019年6月22日

これ、「前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)」と称する方のTweet。

この様なTweetを拝見しますと、いわゆる「エリート」というのが「いかに打たれ弱いか」「エリートと自負していた鼻っ柱をへし折られると、逆恨みしかできない」等々の、心の闇が見えてしまい、この手の方々を考える上で「非常に参考になる」と思いますね。

そして、この手の方々は・・・・

【理想主義者と認じている人々は、自らの方法上の誤りを悟るほどは賢くはないけれど、彼ら自身がこっけいな存在にされたことや、彼らの最善とした方法が少しも予想した効果を生まなかったを感じないほど愚かではないので、それをした現実主義者を憎むようになるのです。だから、現実主義者が憎まれるのは、宿命とでも言うしかありません。理想主義者は、しばしば、味方の現実主義者よりも、敵の理想主義者を愛するものです。」】
塩野七生著『海の都の物語 1』の中から第三話 第四次十字軍より抜粋引用。

・・・・という引用文のまんまでありますねぇ〜

おまけ

「前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民)」と称する方は、次のリンク先で記されていることでTweetしたのね。

【テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭】



ちなみに、この動画に映っているのは、イギリスの刑務所らしいです。




で、話題が少し変わりますけれど・・・この様な動画を見て思うのです。

普遍的な価値観であるはずの「自由」や「人権」ということが、その国々や人々によって「違う」と・・・

ただし、我が国のすぐ隣に存在する特定国が考える「自由」「人権」は、受け入れることはできませんがね。



21日午前、陸上自衛隊のヘリコプターが訓練中にトラブルを起こして、東京・立川市にある駐屯地に不時着しました。パイロットの命に別状はないということですが、機体が大きく損傷し、陸上自衛隊がトラブルの原因を調べています。

陸上自衛隊によりますと、21日午前10時ごろ、陸上自衛隊のUH1ヘリコプター1機が、訓練中にトラブルを起こし、東京・立川市にある立川駐屯地内に不時着しました。

乗っていたパイロットの隊員2人の命に別状はないということです。

一方、機体は大きく損傷し、NHKが午前11時ごろ、現場上空から撮影した映像では、ヘリコプターの後方が根元から折れているほか、メインローターが斜めに折れ曲がっているのが見えます。

【自衛隊ヘリ 不時着し機体損傷 訓練中にトラブル 立川駐屯地】より抜粋


それは大変ですね。

防衛大臣も・・・

【「事実関係は確認中だ。ヘリコプターが地上で横転したという報告を受けている。死傷者はないという報告も受けているが、的確な情報収集につとめていきたい」と述べました。

そのうえで、「事故が起こったことについて、周辺住民の皆様に大変ご心配をおかけし、申し訳なく思っている」と述べ、陳謝しました。】


・・・と述べるのも頷けます。


しかしねぇ〜・・・仲良しクラブ員(身内)が起こした「重大事故につながるかもしれない」という「航空機の事故」・・・


テレ朝ヘリ、河川敷に不時着…逃走男取材中にエンジン停止

小林元被告が逃走した事件を取材していたテレビ朝日の報道用ヘリコプターが19日夕、飛行中に2基あるエンジンの1基が停止し、神奈川県愛川町の河川敷に不時着したことがわかった。カメラマンら乗員3人にけがはなかった。エンジンの圧縮機を覆うケースに穴が開いており、国土交通省は20日、重大インシデントに認定。運輸安全委員会は21日に事故調査官3人を現地に派遣する。


・・・に関して「ベタ記事」扱い。

最初に引用した「NHK」なんぞは、そのニュースサイトで検索かけても引っかからない。


というかさ、既存の新聞テレビ・報道機関等は、安全が十分に確認されるまで「航空機の飛行・運用を自粛」という感じのことを言うけど、既存の新聞テレビ・報道機関は、テレビ朝日がチャーターした航空機の「事故」を受けて、新聞テレビ・報道業界あげて航空機を使用した「取材」「放送中継」等々を「自粛しよう」とはならないわけ?

ならないと言うのであれば・・・本当に「不思議」「思いあがっている」としか思えないのだけれど・・・・


ちなみにさ、交通事故というのは「誰もが加害者・被害者になり得る」のだよね。このエントリで記した「航空機事故」等々と「同一視」できないけれどさ、報道機関で「ござい」新聞テレビで「ござい」と踏ん反り返っている側はさ、そこら辺を本当に「誰もがわかりやすく」報じるべきじゃないのかね?

当然さ、軍用機や自衛隊機は「何はなくても危険」という報道じゃなくさ、民間機であろうが軍用・自衛隊機であろうが「その危険度は同じ」ということを本当は報じるべきじゃないの?

そこを踏まえて、「それじゃ安全に運行するには?」と提起すべきじゃないのかね?


関係のない追記


Internet Explorer 7.0 & Windows vistaをいまだに使用しているのは何方だ?

役所とか銀行?

銀行と記したのは、今から5年くらい前かな?取引のある銀行で銀行員と対面で色々と手続きをしていたらさ、使用していたPCの「OS」が「XP」だったのよ。今は最新の「OS」にアップグレードしたと思うのだけれど、なかなか大変だよな、と思ったね。

役所もその様なところがあるのだろうと思うのだけれど・・・「安全」とか「安心」とかをいう割には「古いOS・・更新期間切れ・・を使用し続けるなんざ、どうしようもないやね」と思うわけ。

あと考えられるのは・・・報道機関とかあっち系活動家かね?それとも教育機関かね?ここの連中は、基本ズボラだし、安全安心を大騒ぎしていう割には、そんなの関係ねぇ〜、というところがあるからね。


ということで、「Internet Explorer 7.0 & Windows vista」をいまだに使用している方からのアクセスがあった、というエントリとは全く関係のない追記でした。


選択的夫婦別姓の法制化を求める請願が都議会で可決。反対は自民党だけ。国会でも成立させよう!
5:03 - 2019年6月19日
https://twitter.com/mizuhofukushima/status/1141315655506919424


「反対は自民だけだった」
「反対は自民だけだった」
「反対は自民だけだった」
0:05 - 2019年6月19日
https://twitter.com/tsuda/status/1141240645865988096


自民党を手放しで支持するわけじゃないけれど、この様なTweetは「まさしく、印象操作」だと思う。


それ以上に、なんだかなぁ、と思うTweetが・・・


山本太郎さんに対する野党側からの批判に薄々感じるのは排除の論理。重箱の隅をつつき回して、要するに自分たちの論理に意を唱える人とは組みません、という印象を受けます。純血主義は目指す多様な社会とは真逆の感性では?  今一番重要なことは何か。原点に戻って、みんなの期待に応えてほしい。
12:08 - 2019年6月19日
https://twitter.com/stellainyk/status/1141422494126989312


・・・と言うTweet。

しかもだ、いわゆる「ネトウヨ」も山本太郎議員を支持し始めている、と言うこともネットで見た。

余程「頭の良い」参謀が付いているのであろう。

まあ、極端な方向に惹かれるというのは、右も左もないのだけれど・・・。


おまけ

 【この動向が、善意から生まれ、進歩派からいいだされ、若者たちが旗を持ち、比較的にしても少産階級が温床となり、クリーンで潔白で完全主義者の人々が群れの先頭に立ち、しかも情緒的に表現しはじめると、私は怖いことになる危険を、感じずにはいられない。
 なぜなら、これらの性質を強くあらわせばあらわすほど、大衆の好意を獲得するのに容易になるからである。そして、サイレント・マジョリティと結びついた後は、全体主義は、動向から完結への道を邁進するだけである。
 コンセンサスを、ヒットラーもムッソリーニも、昨今の民主主義体制よりはよほど享受していた時期があったことを、忘れてはならないと思う。そして、全体主義下ではなぜか文化が花開かないかは、文化史上の問題だけではないということも】
塩野七生著『サイレント・マイノリティ』の中から全体主義についてより抜粋引用。


地震被災に見舞われた地域の方々にお見舞い申し上げます。


昨夜は、この様に記すと語弊があるかもしれませんが、ひさかたぶりに「揺れた」「驚いた」と言うのが正直なところでありました。

「地震緊急速報」の「警報音」がけたたましく鳴った時点、何をして良いのか、そんなことがスッポリ抜けていた様で、揺れが来ても立ち尽くすだけでありました。

で、昨夜の地震に関して、気象庁の「地震情報(各地の震度に関する情報)」を改めて見てみますと、これも語弊があるかもしれませんけれど「面白いな」と思いました。

震源地が山形県沖。山形酒田の南西50キロ付近。ですからその近く、周辺地域の揺れが大きいことはわかります。しかし、そこから随分離れている地点、新潟長岡で「震度5弱」の震度が観測されています。

まあ、気象庁のサイトでは「*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。」と記されていますから、まさしく「大凡」と考えるべき観測でありましょう。

しかし、素人ながら、地下と言いましょうか?地層と言いましょうか?そんなところで「揺れが増幅することもあるのだな」「揺れの伝わり方と言うのは地層の地質構造も関係するのだな」と思いました。


それ以上に、この地震において、避難とか、救援・復旧等々の課題も改めて浮かび上がろうかと思いますけれど、被災された地域の皆様が、非常に冷静に行動されている様で、災害が多い日本でありますけれど、被災地の皆様の冷静な行動を知るにつけ、日本で生まれ育ち生活していて良かった、と思う次第であります。


なお、マスゴミ諸氏は、客観的でかつ事実を報じる様に・・・「お涙頂戴」「不安と恐怖を無闇に煽る」と言う報道は今は控え、後日報道する様に・・・マスゴミの「お涙頂戴」「不安と恐怖を無闇に煽る」報道こそ、情報錯綜の根源、救援・復旧を疎外させる根源だからね。


日本以外の「賢明」な方から観ると・・・・



私は日本マスコミの韓国特派員が韓国内の外国人差別を告発する記事をみた覚えがない。彼らは「1等外国人」だから感じないだろう。しかも「言論人」という特権。不法滞在の東南アジア系に扮装して生活、仕事してみたら本当の韓国が見えてくると思う。その後も日韓共生みたいな記事書けるかみてみたい。
17:50 - 2019年6月17日
https://twitter.com/Che_SYoung/status/1140783843869282305



歴史を辿り着けば、228事件で台湾の抗議デモは全国に拡大し、蒋介石政府も一時鎮圧が停止、台湾各界の本省人エーリトとの会談を行い、けど、こっそり中国からもっと多くの軍隊を呼び寄せ、台湾人の警戒心を無くさせた時、徹底的に鎮圧した。歴史も鏡!香港悪法の延期、もっと解放軍を派遣しに来るか!
0:07 - 2019年6月16日
https://twitter.com/bluesayuri/status/1140153833286275073



・・・・という見方になる。

いや、以前から記してきたが、ネットの普及によって「既存の新聞テレビ」が今まで行ってきたことが「バレ」たのである。

もっと言えば、既存の新聞テレビという「権威」「信用」等々を、ネットの普及ということがあるのせよ、既存の新聞テレビ自ら「地に落とした」のである。そして悲しい哉?その事実を、現実を「既存の新聞テレビ」は認めようとしない。観ようとしない。



アルゼンチンとウルグアイ全土で大規模停電

【ニューヨーク支局】南米アルゼンチンからの報道によると、アルゼンチンとウルグアイのほぼ全土と、パラグアイの一部で16日朝、大規模な停電が起きた。アルゼンチンの電力供給会社エデスールがツイッターで発表したもので、システムの故障が原因としている。3カ国で5千万人近くが影響を受けているとみられる。

停電は16日午前7時(日本時間同日午後7時)すぎに発生。エデスール社は「前例のない規模の停電」とし、同日正午現在も続いている。ブエノスアイレスの空港は自家発電に切り替えて操業しているという。


という記事を読んだ。

で、わたしゃ専門家でもないからよくわからないのであるのだが、この引用記事から想像するに、記事に記されている3カ国は、国を跨いだ「電力網を構築していた」ということなのだろうか?


だとするのなら、国を跨いだ「ブラックアウト(大停電)」も・・あり得るワナ〜・・


「電力が〜」「原発が〜」と大騒ぎし続ける既存の新聞テレビ、そして色々と電力事業に関して「画策?」している方々は、この様な事態は「当然、想定の範囲」ですよね?