FC2ブログ

高齢者による“ブレーキとアクセルの踏み間違い”事故…原因は若い頃よりも硬くなった「あるもの」?

というリンク先の記事を読んだ。

リンク先での話も、一応わかる。

しかし、無人駐車場での料金支払いとか、今じゃ少なくなったろうけど、高速道での通行チケット自動発券機で、通行チケットを取るとき等々には、オートマチックトランスミッション(AT)車ならば、パーキングレンジに入れりゃいいだけのこと。

当然その時は、昔は「サイドブレーキ」と呼んだけど、今で言うところの「パーキングブレーキ」もかけりゃ済む話。

それをしないから、事故になるわけでしょ?

車を止める、というかさ、車に乗車中でも、何かしらのことで車を停車状態にしなくちゃならない事はよくある事。その時に、エンジンを切らなくても、ギアをニュートラル・・AT車なら、セレクターをパーキング位置する。そしてサイドブレーキ・パーキングブレーキをかける癖をつけなきゃダメなんだよ。

この様なことには、若い、高齢者と区分する様な話じゃなく、若かろうが高齢者であろうが、ギアをニュートラルにしてパーキングブレーキをかける、という事を身につけ行わなきゃ「急発進」という「事故」は防げない。

ただし、それでも防げないこともあるから、車メーカー等は「急発進抑制装置」というのを最新型の車にはつけているんだよ。

それをわざわざ「高齢者が〜」と大騒ぎ。ホントテレビ番組制作側は、アホばかりだわぁ〜・・・


スポンサーサイト