FC2ブログ

 今回の問題は、日本維新の会を除名となった丸山穂高衆院議員の北方領土の国後島について「(ロシアと)戦争しないと、この島は取り返せないのでは」と発言したことを受け、高須氏がツイッターで「北方四島は日本領なんだから『奪回防衛実効支配』と表現すべきですね。自説は国会で堂々と発言してください。日本は民主主義国家です。丸山議員は憲法が護ってくれます」とつづったことが発端。

 これに小西氏が「高須氏は丸山議員の『戦争』発言を『自説は国会で堂々と発言してください。』と述べている。『戦争』発言は『武力行使の放棄』を定めた9条違反であり、平和的解決を定めた日ソ共同宣言違反である。高須氏をCMに登場させることは法令尊重、国際親善等を定めた民放連放送基準に抵触するのではないか」とツイッターで異議を唱え、ネットニュースで報じられていた。

 このツイートに高須氏はこの日、「大西議員と異なり、小西議員の場合は国会外での発言だから刑事告発できるかもしれないな。やってみようかな。なう」とツイート。さらに「顧問弁護士さんと打ち合わせ。作業に入りました。中小企業主のかっちゃんの仕事はトランプより早いぜ」と刑事告発へ動いていることを明かした。

 続けて「今度のケースは僕が被害者だから『刑事告訴』だと顧問弁護士からレクチャー受けた。色々勉強できて楽しい晩年なう」とツイート。

【高須院長、小西議員と徹底抗戦へ「最後のチャンス」封印し「今回は許してあげない」】より

全文はリンク先で・・・ただし、リンク切れになっていたら、当事者たちのTweetをみてね。

で、ホント色々と学べるねぇ〜、である。

そして、丸山議員の発言の良し悪しは別にして、丸山議員も「憲法51条」と「憲法99条」に絡むことになるから「大騒ぎ」になったんだよね。

ただし、その発言の「言質」「切り取り部分」でもって、魔女狩り的に丸山議員を責め立てたものだから、国民有権者が「おかしくね?」「こんなことで辞職勧告とかになるのであれば、与党野党問わず議員は全て辞職だろ?」となっているんだよね。

しかし、引用記事に出てくるアホ議員は学ばないねぇ〜。

その受け取り方もあるけど「名誉毀損」どころか、権力者・国会議員という立場を利用した「国民有権者に対しての脅し」と受け取られかねない発言になっているものね。しかも国会の議場での発言じゃないし・・・

このアホ議員の十八番である「権力を笠にきて、国民有権者の口を封じる(言論弾圧)」ということを、このアホ議員が行うのは、これで何度目だろ?



スポンサーサイト