FC2ブログ

scene 05 フェイクニュースでお金をかせげる?

「でも、どうしてこんなフェイクニュースが生まれちゃうんだろう」とリカ。「世の中には自分の作ったうそでみんなをさわがせて喜ぶ人もいる。おもしろがってるんだよ」とコーヘイ。すると、「うーん、それだけじゃないと思うな」とキョウコさん。「フェイクニュースが既存メディア上で注目されると、既存メディアに広告費が入ってくる。お金をかせぐ目的の人もいるはずよ」と言います。「既存メディアのなかにはフェイクニュースを作ることを仕事にしている人もいるんじゃないかな」と後藤さん。でも、一見フェイクニュースかどうかわからないものもあります。「そこで、フェイクニュースを見ぬくコツを聞いてきたんだ」とコーヘイ。


これは「パロディ」で、原文は次の様なもの・・・・


scene 05 フェイクニュースでお金をかせげる?

「でも、どうしてこんなフェイクニュースが生まれちゃうんだろう」とリカ。「世の中には自分の作ったうそでみんなをさわがせて喜ぶ人もいる。おもしろがってるんだよ」とコーヘイ。すると、「うーん、それだけじゃないと思うな」とキョウコさん。「フェイクニュースがネット上で注目されると、ネットの広告費が入ってくる。お金をかせぐ目的の人もいるはずよ」と言います。「なかにはフェイクニュースを作ることを仕事にしている人もいるんじゃないかな」と後藤さん。でも、一見フェイクニュースかどうかわからないものもあります。「そこで、フェイクニュースを見ぬくコツを聞いてきたんだ」とコーヘイ。

scene 09 表現の自由・言論の自由?

「たしかに、友だちから送られてきた情報(じょうほう)だったら信じちゃうかも。フェイクニュースを広めちゃいけないっていうルールはないの?」とリカ。「ルールを作るべきだという声がある一方で、表現(ひょうげん)の自由・言論(げんろん)の自由が制限(せいげん)されるのではという声もあるんだ」とコーヘイ。するとキョウコさんが、「めいっ子からSNSが送られてきたんだ。『海外に行ってきました!』って」とスマホを見せます。「ヨーロッパかなこれ?」とリカ。「イタリアだ!」とコーヘイ。ところが、「実は東京でしたって、あとから送られてきたの」とキョウコさんが言ったので、二人はびっくり。



多くの新聞テレビも「広告費」がその売り上げの大半を占めている。そして、社会的信用度の「高い」と目されている「新聞テレビ」も「フェイクニュース・・嘘、誤った情報」を垂れ流すこともよくある。しかも、新聞テレビは誤った情報を発信しても「なかなか訂正しないし、謝罪もしない」と言う事実がある。

既存の新聞テレビ側の言い分としては、「我々は取材をし、その取材で得た情報に確信を持っております」と言うことらしい。

しかし、「朝日新聞社の誤報・捏造記事事件」や「テレビ朝日のやらせ番組・国政選挙介入事件」等々の事実を知ると、大手、大企業と目される「新聞社」「テレビ局」は「フェイクニュースを流さない」と言う保証はどこにもないし、広告費を稼ぎ出すために大手、大企業と目される「新聞社」「テレビ局」が「嘘情報発信に手を染めない」と言う保証はどこにもない。


スポンサーサイト



レーダー照射問題を一方的に公表し喧嘩を仕掛けたのは安倍政権である。反論され一方的に協議を打ち切るのでは子どもの喧嘩ではないか。ハナから国内の反韓世論を煽る狙いだった疑いが一層膨らむ。安倍政権と一体化して反韓を煽ったマスコミは最後まで真相追及する義務がある。



このTweetの趣旨というのは、よもぎねこさんがエントリにて指摘していたことの「まんま」なんだよね。

【日韓関係を悪化させてきたモノ、テリー伊藤】


そしてさ、漸く?ネット内で指摘されてきたことなんだけど、引用Tweetの様な「パヨク的思考」を盲信し発信する方々こそ、韓国というか、南北共々の朝鮮というか、そんな民族たちを「ものすごく見下し、一人前として扱ってこなかった」ということでもあるんだよね。

まあ、国と国との「友好関係」というのと、個人としての「友好・友情」というのは別物なんだけど、本当に友好国のことを考えれば、キツイ言葉の応酬ということを行わねばならないんだよね。それを日本は隣国に対し「疎かにしてきた」

引用Tweetを発する様なアホ新聞所属のアホ記者、社会的名声を持っている著名人・有名人のアホの言うままに、日本は隣国に対して「駄駄を捏ねる幼児のわがまま」を聞き入れる様に何でも受け入れてしまったものだから、この様な事態になっているんだよね。