FC2ブログ

[2019年1月17日:公表]
自動車のタイヤパンク発生時の対応方法に注意-応急修理キットの使用方法やスペアタイヤの交換方法について-

*詳細な内容につきましては、本ページの最後にある「報告書本文(PDF)」をご覧下さい。

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)によると、2017年度で最も出動件数の多いトラブルは「バッテリー上がり」で、2位は「タイヤトラブル(パンク等)」でした。タイヤがパンクしてしまうと空気圧が低下し、ハンドルをとられたり、ブレーキの効きが悪くなることがあります。また、著しく空気圧が低下してしまうとコントロールを失う可能性もあるため大変危険です。

 タイヤがパンクしてしまったときの対応方法は、主に2通りあります。一つは自走できるように自分で応急修理を行う方法、もう一つはJAF等のロードサービスを活用する方法です。自分で行う応急修理にも主に2通りの方法があり、一つはスペアタイヤに交換する方法、もう一つは応急タイプのパンク修理キット(以下:応急修理キット)を使用して補修する方法です。対応方法は、車両に付属している装備内容により異なります。また、近年はスペアタイヤの代わりに応急修理キットが付属している車両が数多く見られます。

 PIO-NETには、2013年度以降の5年間に応急修理キットやスペアタイヤに関する相談は40件(2018年11月末までの登録分)寄せられており、応急修理キットで補修後のタイヤが使用できなくなったり、スペアタイヤへ交換しようとしたが、空気が入ってなかったため、使用できなかった、といったような事例がありました。

 そこで、パンク発生時の対応について、消費者の対応実態等に関するアンケート調査及び自動車製造事業者へのアンケート調査を実施するとともに、パンク発生時の対応方法について紹介し、消費者へ情報提供することとしました。


PDF版



PDF版には、消費者からの「苦情」というのも掲載されており、この様に記すと語弊があるかもしれないが、その苦情を読むと「面白い」

さて、良い悪い、ということは別にして、この様なことを知ると「便利ちゃ、不便の始まりか?」と思ってしまう。いや、普通の方が使用する「車」というのは、家中に氾濫している「家電」であり「自転車」的なものになってしまったのだなぁ〜・・・と思う。

それだけ、普通に車を走行させる分には、道路環境がものすごく良くなった、ということでもあるし、これは日本の自動車メーカーやタイヤメーカーが悪いのか?「車は壊れない」「タイヤはパンクしない」とアナウンスされてきたためなんだろうな。


スポンサーサイト